いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
 通達、業界ニュース
 「液状化対策」及び「がれき処理対策」に関する建設技術研究開発助成制度の公募
 

平成23年11月03日

 

国土交通省は、平成23年度第3次補正予算で、建設技術研究開発助成制度の研究開発課題の公募を開始しました。募集期間は11月2日〜11月30日までで、実施は平成24年3月までです。

建設技術研究開発助成制度は、建設分野の技術革新を推進するための競争的資金制度で、平成13年度(2001年度)に創設されました。従来は毎年1月〜2月に次年度に向けた公募がされていました。

今回の平成23年度第3次補正予算における公募の前提にあるのは、東日本大震災からの復旧・復興に向け、特に緊急性・重要性の高い「液状化対策」及び「がれき処理対策」に関する、民間・大学等の研究機関の強みを活かした技術研究開発提案を求めるというところです。

震災対応型技術開発公募の詳細は以下の通り。

東日本大震災からの復旧・復興に向け、特に緊急性・重要性の高い技術研究開発として2テーマを設定。
・テーマ1「既設の公共インフラ及び宅地における経済的・効果的な液状化対策に関する技術研究開発」
・テーマ2「がれき・土砂等の公共インフラへの有効利用のための安全・迅速な処理に関する技術研究開発」

総額は2,000万円まで(平成23年度3次補正予算における交付予定額は総額1億8,000万円程度)、応募条件は、採択後、産学官の委員会を設置すること 等があり、研究開発期間は単年度で平成24年3月末までです。

申請者の資格は

 @大学等の研究機関の研究者、
 A研究を主な事業目的としている、特例民法法人並びに一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人及び公益財団法人、又は当該法人に所属する研究者、
 B日本に登記されている民間企業等または当該法人に所属する研究者。

応募方法は、府省研究開発管理システム(e-Rad)により申請を行うこととなっています。なお、申請にあたっては、事前に府省研究開発管理システム(e-Rad)への研究機関及び研究者情報の登録が必要となります。

■参照ホームページ
・ 「建設技術研究開発助成制度」
http://www.mlit.go.jp/tec/gijutu/kaihatu/josei.html

・ 「府省共通研究開発管理システム(e-Radポータルサイト)」
http://www.e-rad.go.jp/index.html


 

 

 
 


Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.