いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
 
おすすめ工法一覧 (2008)

戻る

詳細はこちら
『イーフェンス』

(株式会社ビーセーフ)

新製品「イーフェンス」はシンプルな構造で高性能な防護柵であり、メンテナンス費用に負担がかからない工法で、雪崩防護柵にも適用可能です。
 

詳細はこちら
『D&S円形受圧板』

(D&Sアンカー工法研究会)

D&S円形受圧板は、力を効率的に伝達する、景観に優れた円形薄型の受圧板です。さらに、中央部に『皿ばね』を配置することでアンカー力を保持する機能を可能にした画期的な受圧板です。
 
 

詳細はこちら
『ユーザー向け環境・防災事業分野製品サイト』

(株式会社エスイー)

グラウンドアンカー、反力体メーカーの(株)エスイーさんが「環境・防災事業分野製品サイト」を公開しました。
このサイトは、地すべり事業をはじめ、急傾斜や補強土製品に特化したものになっており、製品の検索も簡単に見つけることができるようになりました。

詳細はこちら
『プロのための土質試験』

(DK試験センター)

DK試験センターは、土質試験をインターネットで代行できる地質調査業の皆様向けの室内土質試験受付サイトです。試料をお送りいただくだけで、ご依頼の試験についての数値データをお届けするサービスです。

詳細はこちら

『YTロック工法』 (YTロック工法協会)

「YTロック工法」は、大きな荷重に耐えることが可能で、構台の設置に工具を使わずワンタッチはめ込み接続方式を採用し、安全で作業効率が良く、誰でも同じ品質で作業構台を構築できます。

詳細はこちら

『クロスブリッジ』 (岡部シビルエンジ株式会社)

「クロスブリッジ」は、ロックボルトと一体化して補強効果を発揮し、トラス構造の特長を利用してのり面全体の安定性を高める補強土工法に用いられる鋼製受圧板です。

詳細はこちら

『YSロックボルト支圧装置』 (株式会社ヨシカワ機械)

「YSロックボルト支圧装置」は、施工時の法面安定を確保する1次支圧板と長期的な法面の安定を図る2次支圧板の合成構造を開発し、地山の切り取りによる法面崩壊が想定される不安定な土塊に対し、施工時の安定確保の向上と災害の未然防止を実現できる工法です。

詳細はこちら

『ネットワン』 (株式会社シビル)

この「ネットワン」は、金網を強化し金網の損傷を低減しました。
そして、経済比較で防護網工から他工法への変更を余儀なくされていた現場も、この「ネットワン」で解決できます。

詳細はこちら

『NSSブロック』 (ヒロセ株式会社)

「NSSブロック」は2004年から導入し、数多くの施工実績を伸ばしています。 環境に配慮したブロックも提供しており、特別天然記念物オオサンショウウオの生息域を確保するため、魚類配慮タイプを改良し、オオサンショウウオタイプとして採用されました。
 

詳細はこちら

『パワーネット工法』 (エコ・パワーネット工法会)

「パワーネット工法」は災害時などの早期対策としても対応可能です! 

 

詳細はこちら

『外来生物駆除工法』 (国土防災技術株式会社)

「外来生物駆除工法」は、有機質資材である竹燻炭による改良客土により、酸性土壌かつ栄養塩類の低い環境を構築して、徐々にセイタカアワダチソウを駆逐しながら在来種が好む環境に移行していくものです。

 

詳細はこちら

『ロープネット工』 (CCM協会)

「ロープネット工」は立木が林立する法面であっても、景観を損なうことなく施工できるという他工法に無い優れた特徴を有しています。

 

詳細はこちら

『GTフレーム工法』 (イビデングリーンテック株式会社)

「GTフレーム工法」は、モルタルや鉄筋を使用しないまったく新しいのり枠工で、主な材料は補強盛土工法などで用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)、細骨材、セメントなどで構成されています。

 

詳細はこちら
『SPソイルネイル』

(エスティーエンジニアリング株式会社)

「SPソイルネイル工法」は、孔壁の自立しない地山で単管掘りの小型マシンが使える、高速で経済的な「注入式本設ロックボルト工法」です。
φ65mmの削孔機があれば、誰でも施工が可能です。
 

詳細はこちら
『セーフティークライマー工法』

(セーフティークライマー協会)

「セーフティークライマー工法」は、リモコン操作によって、施工機械が斜面を駆け上り、危険度の高い高所作業や急斜面の切り崩し・掘削・整形などを迅速かつ安全に施工する工法です。

詳細はこちら
『WAKU太郎』

(五大開発株式会社)

『WAKU太郎』は、のり枠工の設計計算で上がった計算結果を入力するだけで、構造図が簡単に作図できるシステムです。
作図時間の大幅な短縮、作図ミスによるリスクの軽減、計算結果と作図チェックの簡略化など、メリットは計り知れません。

詳細はこちら
『インパクトバリア』

(柔構造物工法研究会)

急傾斜事業では、斜面が崩壊した際、土砂の衝撃力や崩壊した土砂量を捕捉できる検討を行うことが一般的になってきました。今までは擁壁で、その検討を行ってきましたが、「インパクトバリア」は防護柵で受け持つ機能を有しています。

詳細はこちら
『ざぶとんわく』

(相互テクノ株式会社)

「ざぶとんわく」は、切土のり面や自然斜面など地山の凹凸の大小に関係なく、平らな設置面を作ることができます。そして、クロスタイプ、スクエアタイプ等、色々な形があるのでどんな受圧板にも対応可能です。

詳細はこちら
「GRASP工法」

(GRASP工法協会)

「GRASP工法」とは、鋼製支圧板と現場打鉄筋コンクリート製受圧板が一体となった受圧板構造物で、 旧道路公団との共同開発による、法面安定を確保するグラウンドアンカー工法です。


 
詳細はこちら
『VSL永久アンカー工法(SP型)』

(VSL協会)

「VSL永久アンカー工法(SP型)」は従来のVSL永久アンカー工法と基本的な構造、使用材料、施工法および耐久性は同一ですが、1本の注入パイプでコルゲートシースの内部・外部を確実にグラウト注入できるシステムに改造し、コスト縮減を計った新たなVSL永久アンカー工法です。

詳細はこちら
「FDC工法」

(株式会社オオハシ)

FDC工法とは、新開発の「ロープ張力発生装置」でワイヤーロープに張力を与えることで、先行落石抑止力を発生させ、転石、浮石、剥離部を斜面上に強固に固定し、落石の発生を未然に防止する工法です。


 
詳細はこちら
『ウィングロック植生工法』

(ウィングロック協会)

ウィングロック植生工法は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発された、超厚層基材吹付工です。
「第11回 法面保全と環境緑化技術講習会」を7月25日に開催します。

詳細はこちら
「U字郎」

(株式会社エスイー)

「U字郎」が、NETIS【登録NO.KT-060134-A】および(社)農業農村整備情報センターの新技術候補【登録No.272】に登録されました。

詳細はこちら
『PCフレーム工法』

(PCフレーム協会)

「PCフレーム工法」は、プレキャスト・プレストレストコンクリート板を使用し、KTB永久アンカーと組み合わせによりアンカー力を確実に地山に伝えます。

詳細はこちら
「カンリくん」

(株式会社ケーティービー)

「カンリくん」は、アンカー残存引張力の長期測定が継続できる驚異の計測センサーです。  

 

 

詳細はこちら
「スーパーフロテックアンカーシステム」

(フロテックアンカー技術研究会)

スーパーフロテックアンカーといえば、PC鋼より線にエポキシ樹脂を塗装したエポキシストランドを使用した永久アンカーで、防食鋼材を適用したアンカー工法として最も普及した工法の1つに挙げられています。

 

 

詳細はこちら
「セーフティークライマー工法」

(セーフティークライマー協会)

「セーフティークライマー工法」は、リモコン操作によって、施工機械が斜面を駆け上り、危険度の高い高所作業や急斜面の切り崩し・掘削・整形などを迅速かつ安全に施工する工法です。

詳細はこちら
『ピカコン』

(株式会社らく〜だ)

新型のピカコンUは、ピアノ線を櫛状に取り付けた工具で、先端部分がアール状になっています。天端の面木の下にできるすき間にそって挿入でき、上下に揺らしながら引き上げる簡単な作業で、面木の下部分のコンクリート表面も滑らかに加工が可能となりました。 

詳細はこちら
『ザルコン』

(東興建設株式会社)

「ザルコン」は、空隙のあるコンクリート(ポーラスコンクリート)を吹付けるため、透水性が極めて高く、コンクリート吹付工相当の強度が期待できるため、湧水箇所や湛水斜面でも全面吹付が可能です。

詳細はこちら
『膨軟化チップ吹付工法』

(日本基礎技術株式会社)

膨軟化チップ吹付工法は、木本チップを堆肥化せず大量利用可能な緑化工法です。 木本チップを蒸気膨軟化処理することで高品位な緑化基盤材を安価・容易に有効利用す ることができます。

詳細はこちら
『恒久グラウト本設注入技術』

(地盤注入開発機構)

恒久グラウトと注入技術は500件以上の施工実績をもつ、平成14年度地盤工学会技術開発賞受賞技術です。

詳細はこちら
『ユニットネット工法』

(株式会社ダイカ)

「ユニットネット工法」は、樹木の伐採や切土を行わずに、森林の保護や景観の保全を図りながら、斜面の安定化を図る自然斜面補強土工法です。

詳細はこちら
『マクロネット』

(株式会社プロテックエンジニアリング)

「マクロネット」は、金網の損傷に強く、損傷被害も拡がりにくい構造を有しており、局部的に存在する巨岩に対しても対応可能な工法の一つです。

詳細はこちら
『EHD永久アンカー工法』

(KJS協会)

「EHD永久アンカー工法」は、EHD永久アンカーは、エポキシPC鋼より線を使用した耐久性の高いアンカーシステムです。

詳細はこちら
『エコグリーンマット』

(株式会社ダイクレ)

「エコグリーンマット」は、開口率の高いグリーンパネルと併用することで、さらなる工期短縮と確実な全面緑化を実現します。

詳細はこちら
『DKボンド工法』

(第二建設株式会社)

DKボンド工法は、落石対策便覧では落石予防工に分類されており、個別処理が必要な浮石や岩盤崩落対策に有効とされています。

詳細はこちら
耐凍害性コンクリート『MACリート』

(株式会社ミルコン)

耐凍害性コンクリート「MACリート」は、超微細で強固なムース状の「泡」を生コン製造時に添加することで耐凍害性に有効な空気泡を確実に残置させ耐凍害性を大幅に向上させることのできるシステムです。
 

詳細はこちら
『ウィングロック植生工法』

(ウィングロック協会)

ウィングロック植生工法は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発された、超厚層基材吹付工です。

詳細はこちら
『SD無足場アンカー工法』

(SD無足場アンカー協会)

SD無足場アンカー工法は、仮設足場が不要なので設置にかかる工期が大幅に短縮でき、長期工事による地元住民への精神的負担や周辺環境への影響や、総工事費用も大幅に軽減されます。

詳細はこちら
『アンカーパネル工法』

(株式会社ダイクレ/弘和産業株式会社)

アンカーパネル工法は、施工性が良くそして特に環境面に配慮した受圧板であり、また、新潟県中越地震の災害復旧工事で採用された実績もあります。

詳細はこちら
『ジオロックウォール』

(プロテックエンジニアリング株式会社)

ジオロックウォールは、盛土補強土で構成された工法で、大規模な衝撃にも対応でき、急峻斜面で発生する様々な自然現象に対応できる工法です。

 
過去の「おすすめ工法一覧」
20172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.