いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
 
おすすめ工法一覧 2009

戻る

詳細はこちら
『ミス防師』

(五大開発株式会社)

設計ミスで最も多いのが図面の修正ミスです。 このツールは、旧図面と新図面のCADファイルの比較ができ、設計変更箇所の確認に最適です。ミスの撲滅と作業時間の短縮を実現する品質確保の究極のツールです。

詳細はこちら
『TFC受圧体工法』

(サンスイエンジニアリング株式会社)

「TFC受圧体工法」は、布製型枠に注入材(コンクリートやモルタル)を充填させることから、地山の不陸にピッタリと密着でき、構造物が必要最小限で施工できるというメリットがあります。

詳細はこちら
『都市氾濫』

(五大開発株式会社)

「都市氾濫」は、計算システムに国総研の国産エンジンを使用し、安価で、わかりやすいインターフェースを実現。氾濫原の地盤高さ,降雨データ,盛土,内水排除ポンプ,水路データを下水値データとして、管路の規模の諸元,管路下端水位データ,ポンプ実績排水量 等のモデル化が可能。

詳細はこちら
『RSIグラウンドアンカー工法』

(RSIアンカー協会)

RSIアンカー協会では、注入方法を改良すれば、緩い地盤でもアンカー体設置地盤として適用できるのではないかと考え、インジェクションパイプという特殊な注入パイプを開発しました。それが、「RSIグラウンドアンカー工法」です。

詳細はこちら
『斜面樹林化工法』

(斜面樹林化技術協会)

斜面樹林化技術協会では,法面等の傾斜地の緑化において高い防災機能が発揮され,周辺環境と調和する在来木本種による自然回復緑化技術について研究を積み重ね,斜面樹林化工法を開発しました。

詳細はこちら
「テラトレールEG6」

(ヒロセ株式会社)

緑化テールアルメ工法を改良・進化させた「テラトレールEG6」は、6m以下に特化して部材を改良・削減した新工法です。

 
詳細はこちら
「MJネット」

(日本ゼニスパイプ株式会社)

「MJネット」は落石エネルギーが3,000kJまで対応できる高エネルギー吸収 防護柵です。

 
詳細はこちら
「クラテック」

(株式会社クラレ)

株式会社クラレは、我が国初の国産合成繊維としてPVA(ポバール)繊維ビニロンの工業化に成功した企業です。

 

 

詳細はこちら
「スーパーフロテックアンカーシステム」

(フロテックアンカー技術研究会)

フロテックアンカー技術研究会では「斜面防災とグラウンドアンカーに関する技術講習会」を開催します。
特別講演は、(社)日本地すべり学会認定のCPD対象プログラムになっております。振るってご参加ください。

 

 

詳細はこちら
『プロのための土質試験』

(DK試験センター)

DK試験センターは、土質試験をインターネットで代行できる地質調査業の皆様向けの室内土質試験受付サイトです。試料をお送りいただくだけで、ご依頼の試験についての数値データをお届けするサービスです。

詳細はこちら
「カーテンネット工」

(CCM協会)

「カーテンネット工」は、全国的にも施工実績が豊富な高エネルギー吸収型の防護工です。CCM協会では「落石対策工法技術講習会」を平成21年10月20日(火)に開催します。


 
詳細はこちら

『「V-SABO」シリーズ』 (川田テクノシステム株式会社)

「V-SABO」シリーズは、砂防えん堤の計画から作図・数量までを支援できるソフトウェアです。

 

 

詳細はこちら

『YTロック工法』 (YTロック工法協会)

「YTロック工法」は、大きな荷重に耐えることが可能で、構台の設置に工具を使わずワンタッチはめ込み接続方式を採用し、安全で作業効率が良く、誰でも同じ品質で作業構台を構築できます。

詳細はこちら

『GTフレーム工法』 (イビデングリーンテック株式会社)

平成21年6月に発足した補強土植生のり枠工協会「GTフレーム工法」の専用ホームページ を開設しました。「GTフレーム工法」の特長や施工方法などが紹介されています。また、標準施工図がダウンロードできます。

 

『LL補強土工法』

(LL補強土工法研究会)

「LL補強土工法」は、エポキシ塗装の鉄筋挿入工と頭部コンクリートの法面工がセットになった工法です。

詳細はこちら
『ワイヤネット』

(柔構造物工法研究会)

「ワイヤネット」は、リングネットと呼ばれる耐摩耗性が高い硬鋼線で出来たリング状のネットを下流位置から上流に向けて敷き這わす工法です。

詳細はこちら
『ユニットネット工法』

(株式会社ダイカ)

「ユニットネット工法」は、樹木の伐採や切土を行わずに、森林の保護や景観の保全を図りながら、斜面の安定化を図る自然斜面補強土工法です。

詳細はこちら
『PUC・RUC・GET受圧板 、ざぶとん裏込工法』

(斜面受圧板協会)

斜面受圧板協会は、常に現場のニーズを考えた反力板を作り続けています。

詳細はこちら
『DKボンド工法』

(第二建設株式会社)

「DKボンド工法」は、高エネルギータイプの製品でも対応が不可能な箇所や、施工時における大型機械が搬入できない箇所において、絶大な効果を発揮します。
 

詳細はこちら
『VSL永久アンカー工法(SP型)』

(VSL協会)

「VSL永久アンカー工法(SP型)」は、従来のVSL永久アンカー工法と基本的な構造、使用材料、施工法および耐久性は同一ですが、1本の注入パイプでコルゲートシースの内部・外部を確実にグラウト注入できるシステムに改造し、コルゲートシースの径および削孔径の細径化により、コスト縮減を計った新たなVSL永久アンカー工法です。

詳細はこちら
『フィットフレーム工法』

(フィットフレーム協会)

「フィットフレーム工法」は、鋼製有孔型枠にフィットシート、構造鉄筋、変形防止補強材等を組み込み、システム化した現場打ちコンクリート枠工です。

詳細はこちら
『膨軟化チップ吹付工法』

(日本基礎技術株式会社)

「膨軟化チップ吹付工法」は、木本チップを堆肥化せず大量利用可能な緑化工法です。 木本チップを蒸気膨軟化処理することで高品位な緑化基盤材を安価・容易に有効利用す ることができます。

詳細はこちら
『ウィングロック植生工法』

(ウィングロック協会)

「ウィングロック植生工法」は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発された、超厚層基材吹付工です。

詳細はこちら
『GEL WHITE』 

(三興コロイド化学株式会社)

「GEL WHITE」は、アンカーグラウト材用に開発された液体混和剤です。
「GEL WHITE助剤」を用いることで、グラウト材の粘度調節が可能です。


 
詳細はこちら

『GTフレーム工法』 (イビデングリーンテック株式会社)

「GTフレーム工法」は、補強盛土工法などで用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)、セメント、細骨材などで構成されており、のり枠を含めた斜面全体に植生することが可能です。

 

詳細はこちら
「くさび型アンカー工法」

(くさび型アンカー工法研究会)

「くさび型アンカー工法」は、(財)砂防・地すべり技術センターの建設技術審査証明事業(砂防技術)において、「地すべり等の斜面安定対策工に適切であると認められる」と評価された製品です。


 
詳細はこちら
『セーフティークライマー工法』

(セーフティークライマー協会)

「セーフティークライマー工法」は、リモコン操作によって、施工機械が斜面を駆け上り、危険度の高い高所作業や急斜面の切り崩し・掘削・整形などを迅速かつ安全に施工する工法です。

詳細はこちら
『モバトラ/MOVTRA』

(株式会社エイテック)

「モバトラ/MOVTRA」は、国内初、赤外線センサを利用した可搬型の交通量計測装置です。

詳細はこちら
「タイパー(R)SF」

(ジオファーム株式会社)

 「タイパー(R)」は、軟弱地盤対策用連続繊維シート(不織布)で、損傷耐久
性が高く、突き刺しに強いことから、世界70カ国で使用されています。


 
詳細はこちら
『ACRフレーム工法』

(ACRフレーム研究会)

「ACRフレーム」は、小型の重機でも搬入・設置が可能でコンクリート製受圧板と同等の強度をもつ、鋼製の受圧板です。

詳細はこちら
『ざぶとんわく』

(相互テクノ株式会社)

「ざぶとんわく」は、切土のり面や自然斜面など地山の凹凸の大小に関係なく、平らな設置面を作ることができます。そして、クロスタイプ、スクエアタイプ等、色々な形があるのでどんな受圧板にも対応可能です。

詳細はこちら
『SPソイルネイル』

(エスティーエンジニアリング株式会社)

「SPソイルネイル工法」は、施工機械も小さくて済む、また足場仮設も小さくて済む、正に今求められている補強土工法です。
 

詳細はこちら
『プロのための土質試験』

(DK試験センター)

「プロのための土質試験」春のダブルキャンペーン!
平成21年4月21日〜5月20日まで、SONYポータブルDVDプレーヤーが当たる「春の登録キャンペーン」と、「春得キャンペーン」を実施!

詳細はこちら
『ループフェンス』

(日本ゼニスパイプ株式会社)

「ループフェンス」はメインロープをループ状に配置するため、従来の落石防護柵に比べて小さな張出量を実現し道路脇でも安心できる工法です。

詳細はこちら
『グリーンポケット工法』

(グリーンポケット協会)

「グリーンポケット工法」は、従来の植生工では永続的な緑化が困難とされている急傾斜や岩盤のり面、モルタル・コンクリート吹付面の景観や環境保全に配慮したのり面緑化工法です。

詳細はこちら
『PAN WALL工法』

(PAN WALL工法協会)

PAN WALL工法は、逆巻き施工を基本とした工法です。
切土法面を施工する際、上から下へ順次施工が行える安全な工法です。

詳細はこちら
『MTパイプ』

(株式会社エスイー)

「MTパイプ」は、地下水排除工(水抜きボーリング)の効果をより高めるために考案された保孔管です。
 

詳細はこちら
『EGボックス』

(共和ハーモテック株式会社)

「EGボックス」は全部材に亜鉛めっき処理を行い、耐久性の大幅な向上を実現
しました。しかも、従来品(塗装品)や普通フトンカゴと同程度のコストにもかかわらずライフサイクルコストで従来より20%〜50%程度のコストダウンが実現できました。

詳細はこちら
『FFU受圧板』

(積水化学工業株式会社)

「FFU受圧板」は、急峻な山地や施工スペースが狭い市街地、腐食が心配な温泉地、海辺 等でのグラウンドアンカー工やロックボルト工で特にその効果を発揮します。 これまでに3万体を越える施工実績があり、高い信頼性が評価されています。

詳細はこちら
『アンカーパネル工法』

(株式会社ダイクレ/弘和産業株式会社)

アンカーパネル工法は、施工性が良くそして特に環境面に配慮した受圧板であり、また、新潟県中越地震の災害復旧工事で採用された実績もあります。

詳細はこちら
『ALEX工法』

(株式会社角藤)

「ALEX工法」は、パワフルかつコンパクトな掘削機械です。
建物密集地や狭い搬入路、電線・高架橋等の空中障害物のある現場での硬質地盤掘削が可能です。

 

詳細はこちら
『グリーンパネル工法』

(株式会社ダイクレ)

「グリーンパネル工法」といえば、これまで切土補強土工法の受圧板として、
数々の施工実績がありますが、最近では特に自然斜面の保護や老朽化構造物の補強といった施工例が増えてきています。
 

詳細はこちら
『イージーシェルフ工法』

(全国法面防災協会)

「イージーシェルフ工法」は、法面の降雨や風化などによる小崩落や浸食を防止し、また枠内の緑化基盤材の安定と生育を助けることができるので、一般的なのり面保護工としての役割があります。

詳細はこちら
『階段植生工』

(みどり再生協会)

「階段植生工」は、階段ユニットを設置することによって、急傾斜地(1:0.6以上)のモルタル吹付面や岩盤法面にも適用が可能で、初期段階から低木苗木などの木本植物が導入できます。

詳細はこちら
「田(DEN)パネル」

(フリー工業株式会社)

「田(DEN)パネル」は、切土補強土工法用として開発された緑化型鋼製受圧板で、かんじきの効果により、一般的に低荷重であるボルトの受圧板(のり面)です。
 

 
過去の「おすすめ工法一覧」
20172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.