いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
 
おすすめ工法一覧 2010

戻る

詳細はこちら
『補強土 Version.8』

(五大開発株式会社)

安定計算から補強材の配置、のり面工の計算、概算工事費の算出、補強後の安定計算、施工時のステップごとの安全率照査をこのソフトひとつで短時間で行うことができます。

詳細はこちら
『SEGサンソイル工法』

(SEGリサイクル研究会)

「SEGサンソイル工法」は、生チップのまま吹付け、植生基盤
として使用できるといった新しい発想で、資源循環型緑化工法を実現した工法
です。

詳細はこちら
『SPレッグドリル』

(エスティーエンジニアリング株式会社)

自立しない地山に便利なのが、ハンドハンマーやレッグハンマーによる人力施工が可能な短尺本設ボルト工法「SPレッグドリル」です。
 

詳細はこちら
『GEL WHITE』 

(三興コロイド化学株式会社)

「GEL WHITE」は、グラウト用の混和材です。 セメントから溶出するカルシウムイオンと即座に反応し、粒状にゲル化します。 これらが、孔壁の隙間を充填され、グラウト材の逸脱を防止し、注入量を最小 限に抑える効果があります。


 
詳細はこちら
『HS工法』

(HS工法研究会)

「HS工法」は、特殊単管削孔用HSビット を用いて、単管削孔でも二重管削孔と同等の効果が得られる工法です。
 

詳細はこちら
『SEEE/RSパネル』

(株式会社エスイー)

「RSパネル」は、産業廃棄物である切り屑材をベースにウレ タン樹脂とガラス長繊維強化プラスチック発泡体を組み合わせて作られた、 切土補強土工法用の反力体です。
 

詳細はこちら
「クラテック」

(株式会社クラレ)

「クラテック」は、一般的な吹付システムで混合できるため、特殊な機械は不要です。土間コンクリート等にも利用でき、幅広く提案できる工法です。

 

 

詳細はこちら
「GRASP工法」

(GRASP工法協会)

「GRASP工法」とは、鋼製支圧板と現場打鉄筋コンクリート製受圧板が一体となった受圧板構造物で、 旧道路公団とと勝村建設(株)の共同開発による、法面安定を確保するグラウンドアンカー工法です。


 
詳細はこちら
「スーパーフロテックアンカー」

(フロテックアンカー技術研究会)

フロテックアンカー技術研究会では「斜面防災とグラウンドアンカーに関する技術講習会」を開催します。
特別講演は、(社)日本地すべり学会認定のCPD対象プログラムになっております。振るってご参加ください。

詳細はこちら
『SWP工法』

(国土防災技術株式会社)

「SWP工法」(SUPER WELL POINT工法)は、従来のウェルポイント工法(強制排水)、ディープウェルポイント工法(重力排水)、バキュームディープウェルポイント(重力排水+強制排水)のそれぞれの長所を利用した新しい排水工法です。

 

詳細はこちら
『ECO落石ネット』・『ネイチャーネット』

(前田工繊株式会社)

「ECO落石ネット」「ネイチャーネット」は、金網の代わりに高強度・高靭性繊維網(耐候性ポリエステル製ラッセル網)を用いた、全く新しいタイプの落石対策製品です。  

詳細はこちら
『ノンフレーム工法』

(ノンフレーム工法研究会)

樹木を伐採しないで施工するという発想から誕生したこの工法は、自然斜面防災のパイオニアとして、今も進化を続けています。その信頼性は、80万m2を超える豊富な施工実績が裏付けていると言えるでしょう。

『LL補強土工法』

(LL補強土工協会)

「LL補強土工法」は、優れた耐久性で建設技術審査証明を取得しました。
 初期建設コストは一般の工法と同等で、ライフサイクルコストでは他工法より優れています。切土を行わない地山補強、老朽化した吹付モルタル面の安定工法にも利用 できます。  

詳細はこちら
『SEEE永久グラウンドアンカー工法 タイブルアンカーA型』

(株式会社エスイー)

「SEEE永久グラウンドアンカー工法 タイブルアンカーA型」は、永久アンカーのニーズにフレキシブルに応えます。

詳細はこちら

詳細はこちら
『LS−RAPID』

(五大開発株式会社)

「LS-RAPID」は、山腹を移動する地すべり土塊が、豪雨時の間隙水圧がかかるとどのように挙動するのか、あるいは、地震時には動くのか、動くならどのくらいのスピードで動くのか、また、豪雨と地震が同時に作用したらどうなるのか。これらの解析をよりビジュアルに解析・検証できるソフトです。

詳細はこちら
『フィットフレーム工法 M型(ミニフィットフレーム)』

(フリー工業株式会社)

「フィットフレーム工法 M型(ミニフィットフレーム)」は、鋼製有孔型枠に鉄筋を組み込んだ型枠を用いる現場打コンクリート枠工です。オイルキャップ等が必要ないロックボルト用の受圧版です。

詳細はこちら
『ウィングロック植生工法』

(ウィングロック協会)

「ウィングロック植生工法」は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発された、超厚層基材吹付工です。

詳細はこちら
『D&S円形受圧板』

(D&Sアンカー工法研究会)

「D&S円形受圧板」は、力を効率的に伝達する、景観に優れた円形薄型の受圧板です。さらに、中央部に『皿ばね』を配置することでアンカー力を保持する機能を可能にした画期的な受圧板です。
 
 

詳細はこちら
「くさび型アンカー工法」

(くさび型アンカー工法研究会)

「くさび型アンカー工法」は、(財)砂防・地すべり技術センターの建設技術審査証明事業(砂防技術)において、「地すべり等の斜面安定対策工に適切であると認められる」と評価された製品です。


 
詳細はこちら
『ACRフレーム工法』

(ACRフレーム研究会)

「ACRフレーム」は、小型の重機でも搬入・設置が可能でコンクリート製受圧板と同等の強度をもつ、鋼製の受圧板です。

詳細はこちら
『セーフティークライマー工法』

(セーフティークライマー協会)

「セーフティークライマー工法」は、リモコン操作によって、施工機械が斜面を駆け上り、危険度の高い高所作業や急斜面の切り崩し・掘削・整形などを迅速かつ安全に施工する工法です。

詳細はこちら
『ソイルクリート工法』

(簡易吹付法枠協会)

簡易吹付法枠である「ソイルクリート工法」は、活用効果評価において、設計比較対象技術に指定された工法です。

詳細はこちら
『ループフェンス』

(日本ゼニスパイプ株式会社)

高エネルギー吸収防護柵である「ループフェンス」が部材の製造方法を改良し、製品価格が従来よりも20%削減できるようになりました。

詳細はこちら
『PAN WALL工法』

(PAN WALL工法協会)

「PAN(Panel And Nail) WALL工法」は、急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用し、法面の上部から下部へと施工する逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

詳細はこちら

『ガードクラック』 (岡部シビルエンジ株式会社)

「ガードクラック」は、2種類のビニロン繊維「GC1」、「GC2」の混合で、吹付け枠のひび割れ抑制用繊維です。

詳細はこちら
『NMグラウンドアンカー工法』

(NMアンカー協会)

炭素繊維より線(CFCC)による引張材が特長であるNMグラウンドアンカーが新しくなりました。CFCCはPC鋼より線と比較すると、軽量性、耐食性、低リラクセーションで優位な引張材です。今回、その引張材の許容引張荷重が大幅にアップし、コストも縮減しました。

 

詳細はこちら
『土壌菌工法』

(全国土壌菌工法永久緑化協会)

「土壌菌工法」は、今まで困難とされていた、pH値 4未満の強酸性土壌の地山や、pH値8以上の強アルカリ性土壌でも、永続的な緑化が可能です。

詳細はこちら
『ざぶとんわく』

(相互テクノ株式会社)

「ざぶとんわく」は、切土のり面や自然斜面など地山の凹凸の大小に関係なく、平らな設置面を作ることができます。そして、クロスタイプ、スクエアタイプ等、色々な形があるのでどんな受圧板にも対応可能です。

詳細はこちら
『スーパーメタルフレーム工法』

(KTBスーパーメタルフレーム工法研究会)

「スーパーメタルフレーム工法」は、中空密閉型構造となっているため、軽量化が行え、施工時においても、小型重機で十分に施工可能です。
基本色調として3タイプを用意しており、いずれも美しい景観を得られます。

詳細はこちら
『スカイドリル工法』

(スカイドリル研究会)

「スカイドリル工法」で削孔することによって、足場設置・撤去の工程が無くなり、大幅な工期短縮が実現できます。
操作は、遠隔操作で行います。そのため、機械に触ることなく削孔が可能ですので、高い安全性を確保できます。

詳細はこちら
『階段植生工』

(みどり再生協会)

「階段植生工」は、階段ユニットを設置することによって、急傾斜地(1:0.6以上)のモルタル吹付面や岩盤法面にも適用が可能で、初期段階から低木苗木などの木本植物が導入できます。

詳細はこちら
『SPソイルネイル』

(エスティーエンジニアリング株式会社)

「SPソイルネイル工法」は、施工機械も小さくて済む、また足場仮設も小さくて済む、正に今求められている補強土工法です。
 

詳細はこちら
『PUC受圧板工法』

(斜面受圧板協会)

機能が追加され、また、様々な現場条件に対して、経済的な提案が可能な斜面受圧板協会の一連の受圧板工法は知っておくべき工法の一つです。是非、資料を取り寄せてみてください。

詳細はこちら
『都市氾濫(内水編)』

(五大開発株式会社)

本システムは、国土交通省 国土技術政策総合研究所が開発した氾濫解析ソルバ「NILIM2.0」に対応した都市氾濫解析シミュレーションシステムです。豪雨災害に備えた簡易ハザードマップ作製や、下水道敷設計画、下水道更生計画、管路ポンプ設置計画等にぜひお役立てください。

詳細はこちら
『グリーンパネル工法』

(株式会社ダイクレ)

「グリーンパネル工法」といえば、これまで切土補強土工法の受圧板として、
数々の施工実績がありますが、最近では特に自然斜面の保護や老朽化構造物の補強といった施工例が増えてきています。
 

詳細はこちら
『イーフェンス』

(株式会社ビーセーフ)

今までの落石防護柵は、支柱よりもワイヤロープと金網が山側(落石衝突側)に 配置されていましたが、「イーフェンス」は支柱よりも谷側(道路側)へ配置す ることによって、その効果を発揮しています。
 

詳細はこちら
『ディスクセンサー』

(弘和産業株式会社)

「ディスクセンサー」は、油圧で作動するセンターホール型荷重計で、地山もしくは反力体とアンカーヘッドキャップの間に“スラストプレート”と呼ばれる薄型のプレートと一緒に設置します。 薄型のため、設置しても+50mm程度の突出で目立たない構造となっています。

詳細はこちら
『台形フレーム工法』

(フリーフレーム協会)

「台形フレーム工法」は、台形断面で配置することによって、樹木の屈曲や損傷が減少するだけでなく、降雨や日光が枠内の隅々まで、届くようになり、緑化に有効な基盤が確保しやすくなりました。

詳細はこちら
『プロのための土質試験』

(DK試験センター)

DK試験センターは、土質試験をインターネットで代行できる地質調査業の皆様向けの室内土質試験受付サイトです。試料をお送りいただくだけで、ご依頼の試験についての数値データをお届けするサービスです。

詳細はこちら
『プレストネット』

(プレストネット工法協会)

「プレストネット工法」(NETIS登録No:KK-040047-V)は、予めロックボルトに荷重を与え、初期の小規模崩壊を防止し、のり面全体の安定を図るという先行抑止が可能な工法です。

詳細はこちら
『ハイジュールネット』

(神鋼建材工業株式会社)

「ハイジュールネット」は、1本のワイヤロープの交点をクリップ金具で連結したケーブルネットと緩衝装置としてブレーキエレメントを採用した防護柵でスイスの2つのガイドライン(SAEFL、WSL)に沿った実証実験では、最大3,000kJまで認証された製品です。

詳細はこちら
『PCフレーム工法』

(PCフレーム協会)

「PCフレーム工法」は、2,100件以上の豊富な実績から、現場の声に応えるようにデザインもシンプル且つスリムな形状に改良を加えてきました。
これにより、従来の製品よりも美観が非常に良くなっているだけでなく、軽量化にも繋がり、作業性も大幅にアップしました。

詳細はこちら
『クモの巣ネット工法』

(エコ・パワーネット工法会)

「クモの巣ネット工法」は、高強度金網を対策斜面に張り、その上から格子状に補強材を地山に挿入し、金網が作用荷重を直接的に負担する工法です。 斜面を切土する必要がないことから、表層崩壊を防ぐ工法としては、以前から利用されていました。

詳細はこちら
『テナックスPF工法』

(株式会社ジオシステム)

「テナックスPF工法」は、壁面剛性の高いコンクリート製壁面材でありなが ら、鋼製枠の特長である壁面緑化を可能にしたハイブリッドな補強土工法です。 ハイブリッドなジオテキスタイル補強土壁工法として既に100件以上の実績が あります。

詳細はこちら
『Balloon Body Anchor』

(バルーン・ボディ協会)

「Balloon Body Anchor」は、軟弱地盤で施工しやすいように工夫された構造 の、簡便・確実な支圧型アンカー工法です。

 
過去の「おすすめ工法一覧」
20172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.