いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
 
おすすめ工法一覧 2013

戻る

『ユニットネット工法』 (株式会社ダイカ)

自然樹木を伐採せずに森林を保全しながら斜面を安定させる 『ユニットネット工法』は、急傾斜地対策事業や道路事業を始め様々な事業で 採用されており、施工事例も多くなってきました。

『大型田(DEN)パネル』 (フリー工業株式会社)

『大型田(DEN)パネル』は、グラウンドアンカーを施工するのり面に適用可能で 全面緑化が可能! また、グラウンドアンカー受圧構造体として、大幅な人員削減が可能です。

『ユーザー向け環境・防災事業分野製品サイト』
(株式会社エスイー)

『ユーザー向け環境防災事業分野製品サイト』では、「タイブルアンカーU型」や「砂防堰堤補強アンカー工法」などのカタログ、CAD図面も最新のものに更新しました。

『フラットキャップ/フラットプレート』
(災対新技術研究会)

これまでのロックボルトの頭部は、表面から突出し、大きなキャップで保護されていましたが、この「フラットキャップ」は、フラットプレートの中に定着部材がおさまり、外部から頭部への損傷を無くし、スッキリとした景観を保つことができます。

『スーパーフロテックアンカー【維持管理型】』
(フロテックアンカー技術研究会)

昨年末に販売開始された「スーパーフロテックアンカー」の改良型「スーパーフロテックアンカー【維持管理型】」は、頭部構造が大きく変わり使用用途に応じて再緊張が容易で経済的に優れる「簡易調整タイプ」と、 ±100mmの荷重調整が可能な「荷重調整タイプ」の二つから選べるようになりました。(※荷重調整量は、アンカー長や定着荷重等の状況に応じて変更可能です。)

『田(DEN)パネル』(フリー工業株式会社)

「田(DEN)パネル」は、切土補強土工法(ロックボルト等)と併用されるのり面工として適用される緑化型鋼製受圧板です。 かんじきの効果により、一般的に低荷重であるボルトの受圧板(のり面)です。

『くさび型アンカー工法』
(くさび型アンカー工法研究会)

「くさび型アンカー工法」は、(一財)砂防・地すべり技術センターの建設技術審査証明事業(砂防技術)において、「地すべり等の斜面安定対策工に適切であると認められる」と評価された製品です。

『長寿補強土 植生型とモルタル吹付型』
(株式会社エル防災技術)

斜面対策工は長い寿命であって欲しいとの思いから長寿命工法のLL補強土工法が産まれました。 10年を経て、今回、長寿命の補強土として「長寿補強土」も仲間入りしました。

『VSL永久アンカー工法(ランクA)』 (VSL協会)

「VSL永久アンカー工法(ランクA)」は、従来のVSL永久アンカー工法と基本的な構造、使用材料、施工法および耐久性は同一ですが、1本の注入パイプでコルゲートシースの内部・外部を確実にグラウト注入できるシステムに改造し、コルゲートシースの径および削孔径の細径化により、コスト縮減を図ったVSL永久アンカー工法です。

『セーフティークライマー工法』
 (セーフティークライマー協会)

高所や急斜面を、掘削機を用いて掘削や整形を行う「セーフティークライマー工法」は、2013年10月にNETISの「設計比較対象技術」に指定されました。

『SH型貫入試験』 (表土層調査技術研究会)

「SH型貫入試験」は、従来の簡易貫入試験と比べ、軟弱な表土層の把握をより的確に行えるように特化した試験で、表土層の潜在すべり面や崩壊深度を精度よく把握することが可能です。 この特性が認められ、道路のり面調査や堤防の変状調査、液状化の軟弱層調査に使用されるようになりました。

『タフフレキシブルフレーム』 (CCM協会)

タフフレキシブルフレーム」は、斜面の伐採を最小限に抑えることが出来る環境に優しい地山補強土工法です。斜面に打設したアンカーボルトの頭部に支圧羽根板を設置し、それらを連結ロープで繋ぎ合わせることで不安定土塊を安定化させます。

『イージーシェルフ工法』 (全国法面防災協会)

イージーシェルフ工法」は、法面の降雨や風化などによる小崩落や浸食を防止し、また枠内の緑化基盤材の安定と生育を助けることができるので、一般的なのり面保護工としての役割があります。

『TSTバリアー50工法 ライトタイプ(180kJ対応)』 
(株式会社TMS柔構)

柔構造高エネルギー吸収落石防護柵「TSTバリアー50工法」に新しく、180kJ対応のライトタイプが登場しました。ラインナップを2段階にし使いやすさを向上し、また従来製品に対して20%のコストダウンを実現しました。

『スカイドリル工法』 (スカイドリル研究会)

スカイドリル工法」で削孔することによって、足場設置・撤去の工程が無くなり、大幅な工期短縮が実現できます。操作は、遠隔操作で行います。そのため、機械に触ることなく削孔が可能ですので、高い安全性を確保できます。

『KTB・荷重分散型永久アンカー工法』
(株式会社ケーティービー)

「KTB・荷重分散型永久アンカー工法」は、平成24年11月に(一財)沿岸技術研究センターが定める港湾関連民間技術の確認審査・評価に関する実施要領に基づき、岸壁・護岸の安定化工法として評価証を取得しました。

『三位一体の受圧板工法』 (斜面受圧板協会)

『三位一体の受圧板工法』は、
 ●強い「PUC受圧板工法」
 ●割れない「さぶとん裏込め工法」
 ●飛び出さない「セーフティキャップ」
これら3工法が一体となり、 “強い・割れない・飛び出さない”、受圧板工法を作り出します。tr>

『Long Span(ロングスパン)』 (落石対策技術研究会)

「ロングスパン」は、支柱間隔を最大30mで配置できるため、落石が支柱に衝突する可能性を大幅に軽減することができます。国土交通省や土木学会などから技術的に高い評価を得ており、実績も増えています。

『斜面樹林化工法』 (斜面樹林化技術協会)

「斜面樹林化工法」は、2層吹付とし、種子を無駄なく施工できる工法です。 また、基盤層間で剥離することなく、健全な生育基盤を造成できます。

『サンコーハードAQシリーズ』 
(三興コロイド化学株式会社)

「サンコーハードAQシリーズ」は、水ガラスを使用しませんので恒久性を求められる注入目的に使用可能であり、ため池や護岸工事、防護注入、トンネル工事等多くの実績を有します。最近は家屋沈下防止・修正の需要も増えています。

『NMグラウンドアンカー工法』 (NMアンカー協会)

キーワード検索とエリア別(9地区)検索が行える「事例集」の[地震対応]に、宮城県・震災後を掲載しました。詳細ページの完成写真や採用理由は、工法比較時の参考として効果的です。

『法枠工補強工事用 FFU受圧板』
(積水化学工業株式会社)

「軽量受圧板」のパイオニアとして数々のアンカー工事現場に採用された「FFU受圧板」ですが、今回新たに法枠工補強工事用タイプのご紹介をさせて頂きます。

『DKトータルサポート』
(株式会社 土木管理総合試験所)

室内試験・分析、測定機レンタル、測定機・資材ショッピングの「試す」「貸りる」「買う」全てに!「ALL OK」で応えるポータルサイトです。

『HS工法』 (HS工法研究会)

「HS工法」は、特殊単管削孔用HSビット を用いて、単管削孔でも二重管削孔と同等の効果が得られる工法です。

『スーパーフロテックアンカー【維持管理型】』
(フロテックアンカー技術研究会)

地盤工学会基準に対応した、荷重調整が容易に行えるフロボンドアンカー「スーパーフロテックアンカー【維持管理型】」が、今年3月に新技術情報提供システム(NETIS:HR-120021-A)に登録されました。

『アンカーメンテナンスジャッキ』 
(守谷鋼機株式会社)

メンテナンスジャッキは、頭部PC鋼材の突出し量が短い場合に用いられ、ジャッキ本体で、アンカーヘッドそのものを掴める構造になっています。 テンションバーによる鋼線掴みタイプは、PC鋼より線を掴む構造で、鋼線余長7cm以上でリフトオフ試験が可能です。

『ACRフレーム工法』 (ACRフレーム研究会)

「ACRフレーム工法」は施工が困難な狭隘部や高所な場所等でも、小型クレーン等により安全な施工が可能です。 そのため、全体的なコストダウンが図れ経済性にも優れています。

『竹繊維法面緑化工法』 (日本基礎技術株式会社)

「竹繊維法面緑化工法」は膨軟化した竹チップを吹付植生基盤に加えた法面緑化工法です。天然のガラス繊維と称される強度を保有する竹繊維の補強効果により、施工直後は堅牢な植生基盤を形成し、ラス金網の設置工程を省略することを可能としました。

『ソイルクリート工法』 (簡易吹付法枠協会)

簡易吹付法枠である「ソイルクリート工法」は、吹付モルタルによるのり枠工と枠内植生基材 吹付工との併用工法で、活用効果評価において設計比較対象技術に指定された工法です。

『技術講習会』 (公益社団法人 地盤工学会)

公益社団法人地盤工学会の会員ではない方で、いさぼうネットに会員登録 されている方に朗報です。  
この度、地盤工学会さんのご厚意により、地盤工学会さんの技術講習会を いさぼうネットからお申込みいただくと、いさぼう特価 でご提供できるようになりました。

『ざぶとんわく』 (相互テクノ株式会社)

「ざぶとんわく裏込め工」は、国土交通省の「震災復旧・復興に資する技術情報」にも登録された工法です。
施工実績に平成24年度を掲載し、施工写真に「既設現場打ち法枠での施工」 を追加しました。  

『GTフレーム工法』 (補強土植生のり枠工協会)

「GTフレーム工法」は、補強盛土工法などで用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)をのり枠材に使用した、全面緑化することを特徴とした吹付のり枠工法です。
この度、「GTフレーム工法」が、NETISの事後評価を受け、有用な新技術の1つである『設計比較対象技術』に指定されました。

『PCフレーム工法』 (PCフレーム協会)

「PCフレーム工法」は現在4タイプ(R・F・H・Tシリーズ)に分類し、提供しています。このたび、「PCフレーム工法カタログ 施工例集」が新しくなりました。

『ウィングロック植生工法』 (ウィングロック協会)

「ウィングロック植生工法」は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的として開発された、超厚層基材吹付工です。削孔した箇所には、植生の根が侵入し、さらに地山との一体性が保てます。 建設副産物の発生を抑える効果もあり、コスト縮減や環境問題に対しても有効な工法です。

『岩接着DKボンド工法』 (第二建設株式会社)

落石の発生源となる浮石や転石を接着材を用いて基岩に定着させる工法が 「岩接着DKボンド工法」です。 不安定な岩や岩盤も「岩接着DKボンド工法」により施工後は耐震 構造物になり、防災・減災に活かすことができます。

『プレストネット工法』 (プレストネット工法協会)

「プレストネット工法」は、崩壊前に先行して一定の引張力(プレストレス)をロックボルトに与え、頭部の受圧板及び連結鋼棒に緊張力を加えることで土中の拘束力を高め、崩壊に対する先行抵抗力を初期状態から保持し崩壊を未然に防止する工法です。

『PC-ATM』 (PC-ATM研究会)

「PC-ATM」は、トンネル横断方向で2分割された、円弧状のプレキャストコンクリート製品を現場で組み立て、アーチカルバートを構築する工法です。

『津波に耐えた補強土壁』 (株式会社ジオシステム)

3.11東日本大震災から2年が経とうとしています。 NETIS登録工法の「ワイヤーウォール60」、「ミニワイヤーウォール」、「ステップウォール」が、大震災と擁壁天端を越える高さにまで押し寄せた津波 に耐えた事例として紹介しています。

『フリーフレーム工法 NCU型枠』
(フリーフレーム協会)

これまで、高速道路やダム、急傾斜地などを中心に多くの実績を誇るフリーフレーム工法ですが、今回新たにCO2削減を目的とした吹付けのり枠用型枠「フリーフレーム工法 NCU型枠」を開発しました。

『フィットフレーム工法』 (フィットフレーム協会)

「フィットフレーム工法」は、鋼製有孔型枠にフィットシート、構造鉄筋、変形防止補強材等を組み込み、システム化した現場打ちコンクリート枠工です。
詳細はこちら

『GRASP工法』 (GRASP工法協会)

「GRASP工法」は、崩壊が予想される法面、崩落してしまった法面、自然斜面、老朽化した法面、補強の必要な擁壁の補強など、様々な斜面・のり面の安定を、鋼製支圧板を併用したRC受圧板で行う法面安定工法です。

『土壌菌工法』 (全国土壌菌工法永久緑化協会)

「土壌菌工法」は、吹付基盤材中の土壌微生物の働きによって、人為的な植生が不可能といわれた岩盤や瘠悪土質の法面に、地球の構成要因と同じ植生可能な土壌を構成し、自然環境と変わらぬ永久緑化を可能とした工法です。

『KPアンカー』 (弘和産業株式会社)

「KPアンカー」は、スケルトンタイプ部材による維持管理機能を有したカプセルタイプの二重防錆型永久アンカーです。  
今年、≪ 建設技術審査証明 ≫ 【建技審証 第1204号】を取得し、発展が見込まれる工法です。

『パワーネット工法』 (エコ・パワーネット工法会)

「パワーネット工法」は柔構造のため、地山の歪みに対して追随性が高く、耐震性や耐凍上性にも優れています。 二次製品のため均質で安定した品質が確保でき、作業工程が少な く、気象条件等の影響にも左右されにくいため、大幅な工期短縮が可能です。

『クロスコントロールネット』 (株式会社シビル)

落石予防工として、「クロスコントロールネット」を新たに開発しました。対応できる岩塊重量は、従来工法の5倍以上あることが大きな特長です。 また、構造がとてもシンプルで部材も少なく施工性が大幅に向上しました。 技術証明として、静的引張実験や動的解析シミュレーションで立証済みです。

『氾濫解析』 (五大開発株式会社)

「氾濫解析」は、国土交通省 国土技術政策総合研究所が開発したNILIM2.0エンジンに加え、徳島大学 環境防災研究センター(開発者:故岡部健士 徳島大学教授)が開発、ニタコンサルタント(株)が開発・改良したX-Okabeエンジンの2種類を搭載 。わかりやすいインターフェースを備えています。
 
過去の「おすすめ工法一覧」
20172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.