いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
 
おすすめ工法一覧 2017

戻る

『アンカーメンテナンスジャッキ』 
(守谷鋼機株式会社)

守谷鋼機のジャッキシステムは、様々な状況に対してリフトオフ試験が 可能です。 メンテナンスジャッキは、頭部PC鋼材の突出し量が短い場合に用いられ、 ジャッキ本体で、アンカーヘッドそのものを掴める構造になっています。

『ウィングロック植生工法』(ウィングロック協会)

「ウィングロック植生工法」は、モルタル・コンクリート吹付面を緑化することを目的とした超厚層基材吹付工です。削孔した箇所には、植生の根が侵入し、さらに地山との一体性が保てます。 建設副産物の発生を抑える効果もあり、コスト縮減や環境問題に対しても有効な工法です。

『アルミディスク』(株式会社トーエス)

「アルミディスク」は、切土法面の安定化を図るため、鉄筋挿入工と併用する工法として開発された、アルミニウムを用いた鉄筋挿入工用反力体です。

『SNモルタルボンド』(株式会社新日本緑化)

「SNモルタルボンド」は、ポリマーセメントモルタルの接着力を利用して、法面の落石防止を主体としながら自然への復元まで図れる工法です。 通常のモルタル吹付けとは異なり凍結融解にも強く、自然排水も容易なため、湧水の多い箇所でも利用できます。

『テラメッシュ工法』
 (エターナルプレザーブ株式会社)

「テラメッシュ工法」は、沢地・集水地形における補強土壁 工法で、壁面材としてふとん篭(ギャビオン)を使用しており、豪雨災害地 での盛土内の排水・地下水位低下が期待できる工法です。

『ストロンガー工法』 (ストロンガー工法研究会)

「ストロンガー工法」は、既設防護柵のかさ上げや補強する工法で、近年、採用実績が全国で増えている工法です。 既設の防護柵に加工することなく部材を追加するだけで、柵高を上げたり、落石吸収エネルギーの性能を大幅に向上させることができます。

緑化基礎工付 植生工
『キョウジンガー工』(国土環境緑化協会)

「キョウジンガー」は、植生工+モルタル袋の新しい緑化基礎工付 植生工で、国土強靱化を担うのり面緑化工です。 急勾配の軟岩のり面でも安定した緑化を行うことができます。 3月に「緑化基礎工付植生工 施工事例集 キョウジンガー工」を刊行 しました。

『岩接着DKボンド工法』 (第二建設株式会社)

落石の発生源となる浮石や転石を接着材を用いて基岩に定着させる工法が「岩接着DKボンド工法」です。 景観をそのまま残したい場合はもちろん、高エネルギー吸収型の落石防護工でも対応できない巨岩や高所岩の場合にも適用できます。

『ケイワンコイルネット工法』(楽石研究会)

「ケイワンコイルネット工法」は、150KJの高エネルギーにも対応可能!新開発のコイル状の鋼線を用いて、破網した箇所や衝突する危険性のある箇所のみの補強もできる工法です。

『サンコーハードAQシリーズ』
(三興コロイド化学株式会社)

「サンコーハードAQシリーズ」は、水ガラスを使用しませんので恒久性を求められる注入目的に使用可能であり、ため池や護岸工事、防護注入、トンネル工事等多くの実績を有します。最近は家屋沈下防止・修正の需要も増えています。

『鉄筋挿入工鉄筋挿入工試験管理ソフト試験管理ソフト』(五大開発株式会社)

鉄筋挿入工試験管理ソフトは、鉄筋挿入工の試験結果グラフの作成、適合性試験(引抜き試験)・受入れ試験(確認試験)の報告書作成が行えます。 入力作業の省力化を目的とし、現場でタブレット端末用ツール(Android専用) を活用して計測値を入力した後、 簡単にデータ取込ができるようになっています。

『ベルキャップF』 (岡部株式会社)

「ベルキャップF」は、低床型のロックボルト頭部防錆システムです。 ロックボルト頭部余長を抑えることができるため、のり面工表面をフラット に仕上げることが可能です。

『パワーネット工法』 (エコ・パワーネット工法会)

「パワーネット工法」は、今年2月に(一財)砂防・地すべり技術センターにおいて、建設技術審査証明(砂防技術)を取得しました。 (申請・取得者:東亜グラウト工業(株)) 建設技術審査では、全体すべりとネイル間の中抜けを抑止できる性能が認められました。

『NMグラウンドアンカー工法』
(NMアンカー協会)

ページでは、NMグラウンドアンカーが多数使用されている「箱根・大涌谷情報(神奈川県)」や、「大涌谷へ火山活動対応ロボットを投入した動画(神奈川県)」を掲載しています。最新の施工実績も公開しました。

『プレストネット工法』 (プレストネット工法協会)

「プレストネット工法」は、崩壊前に先行して一定の引張力(プレストレス)をロックボルトに与え、さらに頭部の受圧板及び連結鋼棒に緊張力を加えることで土中の拘束力を高め、崩壊に対する先行抵抗力を初期状態から保持し表層部分の土のせん断抵抗力を増加させ崩壊を未然に防止する工法です。

『三位一体の受圧板工法』 (斜面受圧板協会)

国土交通省NETISにおきまして、『PUC受圧板工法』、『特殊(Ex)PUC受圧板工法』、『RUC受圧板工法』、『特殊(Ex)RUC受圧板工法』が「KT-010006-VE(旧)」として、また、『ざぶとん裏込め工法』が「KT-040008-VE」として評価されました。

『ジオステップ工法』 (ジオステップ振興会)

「ジオステップ工法」は、斜面上に直立受圧板を設置し、グラウンドアンカーやロックボルトで斜面の安定化を図る工法です。

かご枠『MKハイパーボックス』シリーズ、
獣害柵・獣害防止ネット『MKネット まもるクン』
(松井金網工業株式会社)

「MKハイパーボックス」は、ハイパープレメッシュと呼ばれる先めっき溶接金網を用いたかご枠です。また「MKネット まもるクン」は強度もあり、簡易に設置できる 獣害柵・獣害防止ネットです。 他にもたくさんの製品を取り扱っています。

『グリーンポケット工法』
(グリーンポケット協会)

「グリーンポケット工法」は、急斜面に吹付工法と併用し 、緑化とのり面保護を同時に行うことができます。 また、古くなり景観を損ないがちな既設のコンクリート吹付面等を、取り 壊すことなく緑化することもできます。

『GRASP工法』 (GRASP工法協会)

「GRASP工法」は、崩壊が予想される法面、崩落してしまった法面、自然斜面、老朽化した法面、補強の必要な擁壁の補強など、様々な斜面・のり面の安定を、鋼製支圧板を併用したRC受圧板で行う法面安定工法です。

 

『ESCON受圧板』(株式会社エスイー)

「ESCON受圧板」は株式会社エスイーが開発した超高強度合成繊維補強コンクリート【ESCON】の強度特性と耐久性を生かした受圧板であり、従来コンクリート製受圧板に比べ、部材厚が約半分であり、重量を約40%抑えた製品です。

『簡易アングルフェンス』(松尾工業株式会社)

「簡易アングルフェンス」は、低価格で施工期間も短く 、効果の大きい落石防止柵です。  急傾斜・コンクリート構造物などが設置しにくい場所にも容易に設置が可能です。 立木を残して施工ができるため、自然保全に期待できます。

『RTフレーム工法』(日本緑研株式会社)

「RTフレーム工法」は、本工法は吹付枠工と同様に、ロックボルト工全般に対応できる簡易法枠で、経済性に優れます。熊本地震の復旧工事でも採用され、無足場ロックボルト工法との併用実績もあります。

『ファイバーショット工法』 (RRM研究会)

「ファイバーショット工法」は、経年変化等によって老朽化し、クラックや剥離等の変状が発生したモルタル(コンクリート)吹付法面に適用し、老朽化した吹付法面の補強、再生、長寿命化を図る工法です。

『ループフェンス』 (ゼニス羽田株式会社)

高エネルギー吸収落石防護柵として「ループフェンス」は現在、全国で採用されています。 用途に応じて「崩壊土砂防護柵」、「せり出し防止柵」等としても設置が可能です。 「ループフェンス」のNETIS登録番号が「V」から「VE」に変更され、活用促進技術になりました。 (平成29年3月17日〜)

『イージーシェルフ工法』 (全国法面防災協会)

イージーシェルフ工法」は、法面の降雨や風化などによる小崩落や浸食を防止し、また枠内の緑化基盤材の安定と生育を助けることができるので、一般的なのり面保護工としての役割があります。

『ESネット工法』、『ロックホールド100』、『ハイジュールネット(高エネルギー吸収型落石・土砂防止柵)』
(神鋼建材工業株式会社)

神鋼建材工業株式会社ページでは、落石防護工、落石予防工、斜面抑止工の製品 「ESネット工法」、「ロックホールド100」、「ケーブルネット」や「SK厚ネット」を紹介しています。 斜面対策で悩んでいる技術者にお勧めのページです。

『ノンフレーム工法』  (ノンフレーム工法研究会)

ノンフレーム工法研究会では、毎年好評をいただいております写真コンクール を、今年度も開催します。 つきましては、ノンフレーム工法について新旧問わず写真を募集中!応募締切りは平成29年5月12日(金)必着。   

『A0(エーゼロ)ベース工法』 
(叶戸グリーンサービス)

「A0(エーゼロ)ベース工法」は、森林表土の落葉・落枝を除いた表面から5〜10cmの埋土種子を大量に含むA0層(表土シードバンク)を専用のシードバンクスイーパーによって吸引採取し、自然植生の復元に有効活用する自然再生緑化工法です。

『斜面樹林化工法』 (斜面樹林化技術協会)

国内産在来種を用いた木本植物を主体とする「斜面樹林化工法」は、種子の貯蔵から出荷、施工までを管理し、生物多様性に配慮した高品質な法面緑化を目指した自然回復緑化工法です。 「斜面樹林化工法」は国土交通省NETISで「QS-980148-VE」として評価されました。

『PC-ATM』(PC-ATM研究会)

「PC-ATM」は、トンネル横断方向で2分割された、円弧状のプレキャストコンクリート製品を現場で組み立て、アーチカルバートを構築する工法です。

『ARCフェンス/ジオロックウォール/三角フェンス』
(株式会社プロテックエンジニアリング)

プロテックエンジニアリングのページは 落石・崩壊土砂・雪崩対策に適した当社工法を、用途・工種・適用範囲ごと に確認できます。 また新たにARCフェンス、ジオロックウォール、三角フェンス の情報を更新しました。

『プラスネット』 (CCM協会)

高い耐荷重性と優れた経済性を持ったロープネットの進化形「プラスネット」が、平成27年6月にNETIS登録されました。

『スーパーフロテックアンカー【維持管理型】』
(フロテックアンカー技術研究会)

「スーパーフロテックアンカー【維持管理型】」は、荷重調整が容易で、使用用途に応じて頭部構造が選択できます。 シンプルな構造のため、現場組立と工場組立のどちらも対応が可能で現場組立においても確実かつ品質の高いテンドンの加工が行え、現場での長さ変更にも対応できます。

『MKフレーム/ネイチャーネット/ECO落石ネット/GMネット』 
(前田工繊株式会社)

繊維製落石防護網「ネイチャーネット」および「ECO落石ネット」も順調に 実績を増やしています。 今回は捕捉事例や、新たに実施したヨーロッパ仕様での実証実験事例など を記載しています。

『D&S円形受圧板』 (D&Sアンカー工法研究会)

「D&S(Disk&Spring)円形受圧板」は、皿ばねによる効果を利用して、緊張力の低下を抑制することができます。

『PCフレーム工法』 (PCフレーム協会)

「PCフレーム工法」は、高品質のプレキャスト・プレストレストコンクリート板(PCフレーム)を受圧板として使用し、アンカー力を確実に地山に伝える、極めて安全性の高い「のり面受圧板工法」です。

過去の「おすすめ工法一覧」
20172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.