いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
 シリーズコラム 「社会を支える人工知能」 
【第10回】 誰でも使えるAIのサービスを試してみよう!
 

 今回は、面白いAIのサービスを2つ紹介させていただこうと思います。この2つは、ユーザ登録も不要で画像をアップロードするだけで簡単に利用できるサービスです。

 1つ目は、マイクロソフト社が公開している「CaptionBot」というサービスです。これは、アップロードした画像をAIが解析して、その画像のキャプションを生成するサービスです。現在は英語と中国語のみ対応となっているみたいです。

「CaptionBot」

https://www.captionbot.ai

 試しに、いさぼうネット内の画像で試してみました。出力のキャプションとして英語であるため、日本語に変換するためにGoogle翻訳(https://translate.google.co.jp)を利用しました。この翻訳でもAIが利用されています。

 
図1 CaptionBotの結果

 1枚目の写真では、ドローンをオートバイ(Motorcycle)と認証していますが、芝生を草と認識されていることには驚きました。2枚目ではスマートフォンをコンピュータと認識しています。確かに、スマートフォンもコンピュータなのですが、ここではスマートフォンと答えてほしかったなと思います。

 2つ目は、Preferred Networks社の「PAINTSCHAINER」というアップロードされた線画に対して着色するサービスです。

「PAINTSCHAINER」

https://paintschainer.preferred.tech

 早速、PAINTSCHAINERで着色してみましょう!今回試した線画は、いさぼう君とニャンちゃん、そして、いさぼうスタッフYが描いたX95君です。

 
図2 3種類の線画に対する着色

 いさぼうネットを代表するキャラクターのいさぼう君はダークサイドに行ってしまいました…なんとしても、元のいさぼう君に戻ってもらわないといけません。

 ニャンちゃんは顔と体の色が分かれてしまいましたが、太陽は認識したみたいですので赤みがかっています。

 そして、X95君です!ご覧の通り、すぐにでも利用できそうなクオリティで着色されています。顔を認識しているみたいで肌色になっています。髪の色は若干グラデーションがありますが、いさぼう君とニャンちゃんと比べれば違和感はありません。

 どうも線画のクオリティが関係してそうです。人間がAIに忖度して線画を描けば、ちゃんと着色されるのかもしれません。

 今回は、誰でも利用できるAIのサービスを紹介しました。ここで紹介したもの以外にも色々とAIのサービスはありますので、皆様も気軽に試してみてはいかがでしょうか。


Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.