いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

 <シリーズ 1>「時系列でみる日本付近の主な被害地震」−(1)


 まず、「地震国日本」を実感するために、歴史上分かっている日本付近の主な被害地震を地図上に表示し、凡そ1,300年のタイムトラベルをしてみましょう。使用するデータは、国立天文台が編集している「理科年表」です。

 

 「理科年表」は、天文、気象、物理、地学などに関する膨大なデータを網羅している、極めて優れたデータ集です。その「理科年表」の「地学部」の中に、有史以来、日本で起こった主な被害地震を集めた年代表があります。表題は「日本付近のおもな被害地震年代表」となっていて、今回参考にした平成25年版(「平成25年 第86冊 理科年表」国立天文台編 平成24年11月30日発行)では、西暦416年に起こった「遠飛鳥宮」付近の地震に始まり、2012年の千葉県東方沖の地震まで、427もの被害地震が収録されています(チリ地震などによる津波被害を含めると431)。
 そして、それらのデータには、基本情報として、地震が発生した年月や主な被災地、被害の状況の他に、震央の位置とマグニチュードまで記載されています。勿論、古い地震にはそれらのデータが無いものもありますが、多くは記載されています。そこで、これらの貴重なデータを使い、震央の位置とマグニチュードが記載されている344の地震を日本地図にプロットしてみました。

 

 平城京(奈良)に都を移した西暦715年の地震をスタートに、2012年の地震までの凡そ1,300年間について、その時の時代背景も想像できるように、簡単な日本史年表と照らし合わせながら見られるようにしました。何度でも見られますので、自分が住んでいる地域周辺で発生した被害地震の頻度などにも注目してください。
 また、地震には周期性があることが分かっています。同じような場所で起こった地震に着目して、その周期が100年なのか、500年なのか、あるいは1,000年なのか、周期性についても注目して見てください。

 

 ただし、表現したデータは427のうち344だけですので、まだまだ表現しければならない数多くの被害地震があることを、頭に入れておいてください。加えて、江戸時代以前は、地震資料として残されている可能性自体が低いことや、都や政治の中心から離れるほど情報が少なくなることが想定されます。したがって、「理科年表」も実際に起こった全ての被害地震を網羅されている訳ではないことを理解しておいてください。 

 

 なお、ほぼ同じ場所で同じような日に起こった地震について、「理科年表」では一つの地震として複数段書きしているものがありますが、今回のシリーズでは、緯度・経度・マグニチュードのデータが分かれているものはそれぞれ別個の地震として取り扱いました。したがって、表示される地震の数は344よりも多く、352となります
 さらに、1960年代〜1970年代に発生した「松代群発地震」に代表される群発地震は、最大規模の地震だけを表示しました。

 

 また、表示される円の大きさは、次の手順で決めました。

 

@ 地震のエネルギー(E)は、次の式による。Mはマグニチュード。
   E=10^(4.8+1.5M)
  したがって、マグニチュードMとMnのエネルギーを比較すると、

   En/E=10^(4.8+1.5Mn)/10^(4.8+1.5M)

       =10^(1.5×(Mn―M))

  つまり、Mがnだけ増減すると、エネルギーはa=10^(1.5n)倍となる。
   n=0.1:1.4倍、0.2:2倍、0.3:2.8倍、0.4:4倍、0.5:5.6倍、0.6:7.9倍

     0.7:11.2倍、0.8:15.9倍、0.9:22.4倍、1.0:31.6倍 
A 地震エネルギーの大きさを球で表現する(半径をrとすると、4πr3/3)。
B M6の時r=1とすると、M7ではr=3.2、M8ではr=10.0、M9ではr=31.6となる。
C この半径の比例乗数を使い、円を描く。
D 「M7.0〜7.5」と表記されている場合は、最大値のM7.5とする。
E 「M≧7.0」の場合にはM7.0とする。
F モーメントマグニチュード(Mw)も併記されている場合でもマグニチュード(M)の値を採用する。

 

 それでは、1300年間の地震タイムトラベルを実感してください。
 


<日本歴史地震マップ>
西暦715年から2012年3月迄に発生した主な被害地震

(理科年表より作成)
マグニチュード: M9以上 〜M8 〜M7 〜M5
日本史
西暦 700 800 900 1000 1100 1200 1300 1400 1500 1600 1700 1800 1900 2000


〜使い方と説明〜
・スタートボタンを押すと、日本全国で西暦715年から2012年3月迄に発生した地震が表示されます。
・1秒間に20年の速度で進みながら、地震が発生した箇所に円が表示されます。
・クリアボタンを押すと年度がリセットされ、最初から表示されます。

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.