いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『イルカと乳牛』

 

2015年6月10日

和歌山県太地町の伝統漁、「イルカの囲い込み漁」が揺れている。世界動物園水族館協会(WAZA:World Association of Zoos and Aquariums)が、所属する日本の動物園水族館協会(JAZA)に対し、同協会に残る条件として「囲い込み漁」で捕獲したイルカの購入を禁止したからだ。それを受け、JAZAは、今後囲い込み漁からの調達を断念し、残留を決定した。しかし、報道によれば、その決定は苦渋の選択だったらしい。

というのも、「囲い込み漁」が日本の伝統漁である上に、水族館で人気者のイルカの貴重な供給源になっているからだ。イルカの人工飼育はすこぶる難しく、自然界で捕獲したものではなく水族館内で繁殖できている施設は、世界的にごく限られているらしい。したがって、このままいけば、多くの水族館でイルカを展示できなくなる恐れもあると言われている。日本の水族館では、赤ちゃんが生まれた例はあってもすぐに死んだりして、無事育った例はほとんどないらしい。そういったこともあって、日本ばかりでなく世界の多くの水族館で、太地町の「囲い込み漁」で捕獲されたものを頼りにしているのが現実だという。

だとしたら、世界中の子供たちに感動を与え、情操教育にも役立つ施設で展示する動物の調達方法に目くじらを立てなくてもよさそうなものだが、繁殖に成功している水族館もあることからか、反対意見は根強く、そう簡単にはいかないらしい。しかも、「WAZA」が反対する裏には、反捕鯨団体シー・シェパードが動いているとの情報もあるから、何とも割り切れないものを感じている。

「WAZA」が強硬に「囲い込み漁」を反対しているのは、そのやり方があまりにも残酷だというのが表向きの理由らしい。しかし、何を持って残酷だというのか、いまひとつ良く分からない。人間が動物を食する行為そのものが、考えようによっては、残酷で野蛮だと言えなくもないからだ。例えば、家畜の一生を改めて考えてみると、相当残酷だ。親切に育ててくれていると思ったら、食べ頃になったところで殺されるのだから、家畜にしたら堪ったものではない。 “だまし討ち”の様なもので、ある意味、「囲い込み漁」よりももっと残酷だとも言える。

「囲い込み漁」の手法にしても、世界中で行われている網などを使って魚を獲る行為とどこが違うのか、そこも釈然としない。「イルカに耐え難い苦痛を与えるから」という意見があるというが、トラックに載せられ屠殺場に向かう牛や豚は、苦痛を感じていないのだろうか。映像でしか見たことはないが、乗るのを嫌がるあの姿を見ると、かなりの苦痛を感じていると思うのだが…。

また、「イルカは知能が高いからというのが理由じゃないか」と冗談半分に言う仲間もいて、ネットには、そんな情報もまことしやかに飛び交合っている。しかし、それが反対理由だとしても、知能が低ければ良くて高ければダメ、というのもおかしな話だ。イルカに比べ知能が低いと思われる動物でも、子育てに見せる親の行動は、イルカに勝るとも劣らないほど慈愛に満ちているものが多い。中には、我々人間も見習うべき動物の子育てもある。したがって、そんな笑い話のような理由ではないと思う。しかし、納得できる理由は聞こえてこない。

ところが、大地町には、過激な抗議文が、FAXやメールで多数寄せられているという。子供の喧嘩でもないのに、“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”的な抗議文もあるらしい。そんな時、「イルカの囲い込み漁」はそんなに残酷なのだろうか、それよりももっと残酷な運命を辿らなければならない動物がいるのではないか、しかも人間の勝手な都合で。そう考え調べてみたのが乳牛だ。

哺乳類は、母親が乳を与えて赤ちゃんを育てるからそう呼ばれているのだが、その乳は出産しないと出てこない。乳牛とて同じだ。ところが、私の印象では、乳牛の場合は年中搾乳できているイメージがある。これも人間の都合で無理やりそう仕向けられているのだろう、と考えるのはごく自然なことだ。しかも、そう仕向けてきたのは、古くから乳製品を食べる文化が育まれてきたヨーロッパである、と考えるのも自然の成り行きだろう。長い年月を掛け品種改良が重ねられてきたのに違いない。それはある程度理解できるのだが、映像で見る乳牛の巨大なおっぱいは、体に不似合なほど大きい。多分、子牛を育てるのに必要な量を遥かに超える乳が出るのだと思われる。

そんな乳牛の一生は、調べてみると、可愛そうなくらい苛酷だ。牛は人間と同じく10ヶ月の妊娠期間を経て出産に至るのだそうだが、日本での一般的な飼育方法としては、乳を出す期間が途切れないようにと、出産後僅か約2ヶ月後には人工授精をさせられ、次の出産に備えるのだという。つまり、毎年出産をさせられることになる。乳牛は約1年間乳を出し続けるというから、強制的な人工授精によって、途切れることなく搾乳できることになる。ただ、乳腺組織の回復や母体の体力回復を目的として、約2ヶ月間だけ搾乳を中止する“乾乳”と呼ばれる期間を設けるらしい。それにしても、乳が出なくなって廃牛になるまでの間、毎年300日も乳を出し続けなければいけないとは大変だ。

しかも、本来生まれた子牛に与えるものを人間が横取りしているのだから、牛乳好きな私としては、何とも申し訳ない気分になってしまう。というのも、子牛は生まれてすぐに母牛から離され、母牛から搾った乳が人間の手で与えられるものの、出来るだけ早く母乳から粉ミルクへの切り替えが行われるのだという。これは、日本だけの飼育方法なのかもしれないが、人工授精をして毎年出産させられた上に、乳を本来与えられるべき我が子に与えることが出来ないとは、乳牛にとってこれほど残酷な仕打ちなはないのではないだろうか。

イルカと乳牛、その一生の過酷さに貴方は優劣付けられますか?  


【文責:知取気亭主人】


ドクダミ

  
 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.