いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『本年もご愛読よろしくお願いいたします』

 

2017年1月4日

旧年中は“いさぼう”ならびに“四方山話”をご愛顧賜り、誠に有り難うございました。早いもので、2003年6月にスタートした“四方山話”も回を重ね、昨年暮れには遂に700の大台を超え、2017年スタートの今回で703話目となりました。後6年頑張れば、まさかの4桁も夢ではなくなってきました。最近は頭の回転と筆の遅さに苦労させられるばかりですが、我ながら良く続いているものだと感慨も一入です。これも一重に、厳しくも愛情溢れる家族の助言と、毎回赤ペンを入れてくれている頼りになる仲間、そして何と言っても皆様のご愛読・ご声援の賜物、と深く感謝しております。改めて厚く御礼申し上げますとともに、本年もご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、今年はどんな年になるのだろうか。昨年暮れのアメリカ大統領選挙でまさかのトランプ氏が勝利し、大方の予想だと僅差ながらヒラリー・クリントン氏の方が有利だっただけに、世界に驚きと動揺が広がった。今月20日には正式にトランプ政権が発足するが、選挙期間中の過激な発言を額面通りに受け取っていいのか、それとも現実的な路線で行くのか、それを見極めようと、世界中の為政者や経済人が固唾をのんでこの新年を迎えている。海を越えた遥か遠くの国の話ではあるが、政治的にも経済的にもあまりに強大な国の出来事に、日本も「対岸の火事」とのんびり構えている訳にはいかない。現実的な路線を期待するばかりなのだが、さてどうなることやら…。

こと左様に、日本の行く末を考えると、今年もどうやら心配のタネは尽きそうもない。などと国家を論じる頭も行動力もないのだが、心配は心配なのだ。しかし、要らぬ心配をするよりは、年の初めに心配事の全てを笑い飛ばしてしまえば、きっと一年笑って過ごせるに違いない。「笑う門には福来る」である。そんな私の大好きな諺を信じて、今年も大いに笑い、襲い来る疫病神どもを「ワッハッハ!」と笑い飛ばしてやろうと思う。

そこで2017年のスタートに当たり、2007年以来恒例となった「なぞ掛け問答」を作ってみた。「○○と掛けて、△△と解く、その心は……」というやつだ。お題は、今年の干支である「酉」と、正月の風物詩となった「箱根駅伝」とした。毎年家族からは、「“ねずっち”の方がやっぱり上手い!」と散々な評価を貰っているが、酔った勢いでワッハッハと笑い飛ばし、誤魔化している。恒例になったとは言え、果たして笑って頂けるのか自信は全くないが、今年のなぞ掛け問答を、それではご堪能あれ!

まずは「酉」をご披露しよう。

「酉」と掛けて、「高い、高い!」と解く。

その心は、「子供は、揚げてもらうのが大好きです」

「酉」と掛けて、「バンジージャンプ」と解く。

その心は、「飛べないやつもいるでしょう」

「酉」と掛けて、「白熱した堂堂巡りの議論」と解く。

その心は、「卵が先か鶏が先か?」

「酉」と掛けて、「戦国時代以前の戦での勝利」と解く。

その心は、「時の声を上げます」

「酉」と掛けて、「豚」と解く。

その心は、「骨だけになっても美味しいスープがとれます」

次は、「箱根駅伝」だ。

「箱根駅伝」と掛けて、「新婚家庭」と解く。

その心は、「いずれ新たな山の神が誕生するでしょう」

「箱根駅伝」と掛けて、「選挙の候補者」と解く。

その心は、「タスキが命です」

「箱根駅伝」と掛けて、「大相撲」と解く。

その心は、「まだ男子の大会しかありません」

「箱根駅伝」と掛けて、「電車の中で掛けている携帯電話」と解く。

その心は、「時々途切れることがあります」。

「箱根駅伝」と掛けて、「出張の旅費精算」と解く。

その心は、「往路ばかりでなく、必ず復路もします」

お後がよろしいようで……。

【文責:知取気亭主人】

  
皆さまにとって佳い年になりますように!

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.