いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『その運転、大丈夫?』

 

2017年1月25日

高齢者にとって嫌な話題が、新聞(1月17日、北陸中日新聞朝刊)の一面に載った。高齢者ドライバーによる交通死亡事故が近年増えている、というものだ。詳しくは、2015年における75歳以上のドライバーによる死亡事故と75歳未満のそれを10万人当たりの発生件数で比較すると、75歳以上の方が2倍以上多いことが警視庁のまとめで分かった、とある。確かに、死亡事故に限った事ではないが、高齢者による交通事故が最近よく全国ニュースに登場するようになった。

この話題、今に限った一時的な現象ではない。加速度的に進んでいる高齢化を考えると、「この傾向は残念だが仕方がないな」と納得できるし、これまで以上に顕在化してくる事は想像に難くない。しかも、車が壊れた程度の軽い自損事故で済めばまだいいのだが、走る凶器と言われる車だけに、一旦起きてしまうと、自身だけではなく他人をも巻き込んだ重大事故に繋がってしまう。もはや社会問題、と言っても過言ではないのだ。

その上、75歳まで10年を切った我が身を考えると、興味深い記事を読んで情報としてしまって置くだけ、と呑気に構えている訳にはいかない。私自身、3年後の運転免許証書き換え時には70歳を過ぎていて、いよいよこれまでとは違う「高齢者講習」を受けなければならない現実がやってくるからだ。体と頭の機能のチェックが必要らしい。還暦を迎えた頃には、はるか先のことだと思っていたのに…。

ここ数年でよく耳にするようになったのは、高齢ドライバーの車が歩行者の列に突っ込み多数の死傷者を出しただとか、コンビニエンスストアーに突っ込み店にいた客がけがをしただとかいった、その多くがハンドルやブレーキ、あるいはアクセルなどの運転操作ミスによると思われる事故だ。更には、75歳以上に限らず、運転中に急に意識を失って事故を起こしただとか、バスの運転手が運転中に意識を失ったものの乗客が機転を利かせて事なきを得ただとか、そうした急激な体の変調による事故や事故寸前のニュースも、最近とみに増えているように感じている。

中には、昨年の10月に神奈川県で起きた、集団登校中の児童の列に軽トラックが突っ込んだ事故の運転手のように、夜通し走らせていたにもかかわらず、「どこをどう走っていたのかよく覚えていない」と答えていた88歳の男もいた。認知症の症状なのだろうか。そんなドライバーが運転している車が走っているかと思うと、恐ろしい。また、そうしたことが自分自身にも起こるのではないか、との不安もある。

くだんの新聞には、石川県に住む者として、もっと身につまされる内容も書かれていた。75歳以上の免許人口10万人当たりの死亡事故件数を比較した場合、石川県が25.07件で全国最多だった、というのだ。東京は僅か2.35件だというから、その多さは際立っている。過疎化や高齢化といった地方特有のキーワードが悪さをしている事は間違いないが、それだけであれば、石川県と同じかそれ以上に影響を受けている県が東北地方や山陰地方、あるいは四国などにはたくさんある。しかし、そうした県を差し置いて石川県がワーストワンになったということは、きっとそれ以外にも原因があるのだろう。

例えば、道路事情が他の県より悪いとか、運転マナーが悪いとか、無鉄砲な運転をする高齢者が多いとか、あるいは雨が多く見づらいとか、運転が下手くそだとか…。でも、何が原因で不名誉なワーストワンになったのか、こう書き並べただけでは分からない。ただ、両隣の福井県も富山県も20件前後と高い事故件数だというから、北陸特有の何かが悪さをしているのは、疑いのないところだろう。

私が思うに、北陸は雪国のイメージ通り、11月頃から3月中旬ぐらいに掛けて、つまり1年の1/3は、晴天の日が少なく、雨やみぞれあるいは雪が降っている日が多い。また、降っていなくても曇天が殆どで、冬場にお日様を拝める日は滅多に無い。必然的に昼間でも暗い日が多く、その上、濡れていればアスファルトの路面は黒く、背景も暗い。そうした日の運転は、目が衰えて来た高齢者にとって非常に見にくく、運転し辛いことこの上ないのだ。それに、機能の衰えが加われば、判断や操作が遅れることは目に見えている。

しかも、「その運転、大丈夫?」と思わず叫びたくなるような運転をする、例のマークを付けた“我関せずの車”を金沢市内でも結構目にする。ノンビリ運転の車もあれば、マーク付なのに無謀運転の車もある。ハンドルにしがみついているお婆ちゃんの姿も良く目にする。他人に迷惑な運転をしている、という意識が無いのだろう。こうした運転者が多いことも、ワーストワンになった原因の一つかもしれない。いずれにしても、「その運転、大丈夫?」と問われるようにはなりたくないものである。

そう言えば、かの国の運転手も変わったばかりだが、年齢は70歳だとか。今回話題となっている75歳にはまだ届いていないが、車は動き出したばかりだというのに、「その運転、大丈夫?」と世界から訝られている。その上、多くの自国民からは、「運転止めろ!」とも言われ、いずれ大事故を起こすのではないか、と早くも心配されている。世界中が固唾をのんで見守っているが、動き出しを見るといささか心配だ。自損事故程度で済めばよいのだが…。トランプさん頼みますよ!

【文責:知取気亭主人】

  
マサキの実から落ちそうな滴
マサキの実から落ちそうな滴

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.