いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『稚児行列』

 

2018年5月9日

4月29日、生まれて初めて、稚児行列に参加してきた。内孫の下2人が参加するのをチャンスとばかりに、勝手に保護者サポーターを任じて、枯れ木も山の賑わいよろしく参加してきたのだ。これまで稚児行列なるものがあることは知っていたのだが、私自身参加した経験がなかったこともあって、行列にはどんな意味がありどんなしきたりで行うのかなど、その様子も含め詳しいことは何も知らなかった。また、お稚児さんになれるのは、行列を執り行う神社の氏子やお寺の檀家など特別な家庭の子供だけ、と思っていたから興味も全くなかった。それ故、我が家の4人の子供も参加させたことはない。

調べてみると、稚児行列は、祭礼の時に決まって行われる神社を除けば、(今回もそうだが)住職が交代する時などお寺の特別な法要に合わせて行うことが多いらしく、タイミングが合わなければ一生お目に掛かれないことも少なくないらしい。今回参加したお寺の住職交代も約30年ぶりだというが、檀家ではない。ただ、我が家の墓が掛川にあるため、金沢で行った母親の葬儀と月命日のお参りに来て頂いたという縁で、案内をもらったのだ。そうしたこともあって、我が子がまだ小さかった時には、近隣で稚児行列が執り行われるとの話も無く、参加する機会は全く無かった。

また、これは私の想像だが、稚児行列が一般的に行われるようになったのは戦後の豊かな時代になってからであり、年齢的に私が行列への参加資格があったであろう戦後の混乱期は、特にお寺にとってそうした記念行事的な催し物を実施する余裕など殆どなかったのではないか、と思っている。そんな諸々の理由もあって、私たち夫婦と子供たち4人の家族の中で行列に参加したことがあるのは、家内だけであった。

その家内の話によれば、一生に1度だけでも参加しておくと良い、と教えられたらしい。何に良いのかは聞かされていないらしいが、恐らく健やかに成長できるというものだろう。ネットで調べると、一生のうちに3度稚児行列に参加すると幸せになれるという話も出回っているが、果たしてどうなのだろう。

今の少子化の時代では、神社などで毎年行われているところを除けば、3度どころか1度でさえも参加できることは極めてまれだ。というのも、稚児行列そのものが滅多にないことに加え、稚児という字に表れている様に、参加できるのは未就学児童まで、大きくても10歳ぐらいまでに限定されているからだ。今回孫2人が参加した行列の『稚児行列参加のお願い』にも、「幼児から小学校4年生までを対象とします(小学校6年生までも可です)」と書かれている。そうした参加が許される年齢のうちに催されれば良いのだが、物事そんなに都合良くは行くものではない。そういう点では、我が家の内孫3人は運に恵まれている、と言ってもいいだろう。

実は、今回下の2人が参加したことで、我が家の内孫3人は全員が稚児行列に参加したことになるのだ。今年8歳になる一番上の孫娘は、既に6年前に参加している。孫の親、つまり私の長男だが、彼等が通っていた幼稚園を運営するお寺から、「住職交代に併せて稚児行列を実施するので参加しませんか」との案内をもらい、唯一経験者である家内の勧めで参加していたのだ。私は参加していなので様子はどうだったか聞くと、1歳半の幼児には異様な雰囲気だったのだろう、大分手を焼かせたらしい。

今回参加してみて分かったのだが、これまで身に着けたことも見たこともない服装や生まれて初めてされる化粧は、丁度物心がつき始めた2歳前後の幼児にとってはインパクトがあり過ぎるのかもしれない。恐らく下の写真と同じ様な服装をしたのだと思うが、今回も60人ほどいたお稚児さんの中には、むずがる幼児もいた。もう直ぐ3歳になる下の孫娘も化粧を嫌がり、とうとう化粧なしで通してしまった。それでも、最後まで楽しそうにしていたから、本人の記憶に残るかどうかは怪しいものの、父兄としてはいい思い出になったに違いない。

P-1.正装した内孫二人
P-1.正装した内孫二人
P-2.二班に分かれての集合写真
P-2.二班に分かれての集合写真

6歳の孫息子も、身に付けた衣裳と共に、「かっこいい、お殿様だよ」の声掛けが気に入ったのか、手もかからずお利口さんにしていた。こうした2人の様子や、参加していたお稚児さんたちの様子を見ていると、「まさに子供は国の宝だな」を実感できる。稚児行列参加者募集の案内に「この法要を機に、ご家族と共に仏様の慈悲と智慧にあやかり、お子さんがすくすくと健やかに育つことを念じて…」と書かれていたが、子供達を見ていると素直にそう思う。みんな!元気で健やかに育てよ!

【文責:知取気亭主人】

こんな色のツツジ、初めて見た
こんな色のツツジ、初めて見た

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.