いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

高強度ネット斜面対策工 「デルタックス工法」

TOP概要特徴用途・基本構造高強度ネット  

工法の概要

 工法の概要
 デルタックス工法は、高強度ネットである「デルタックスネット」または「グリーンナックス」とL型アンカーピンを組み合わせ、斜面の表面保護や既設吹付け面の剥落・脱落を防止する斜面対策工です。

特徴

デルタックス工法は、用途別にT型(表面保護対策型)およびU型(表面剥落・脱落対策型)の2種類の型があります。
ネットは素線径2.0mmの高強度ネットを使用し、「デルタックスネット」または「グリーンナックスネット」の2種類から用途に合わせて選定します。
「グリーンナックスネット」は、「デルタックスネット」に繊維樹脂シートが装着されており、表面侵食抑制効果のほか、周辺植生の誘導効果があります。
一般金網と比較すると軽量であることから、短期施工が可能となり、早急に対策が必要となる箇所にも適しています。

↑UP

用途・基本構造

T型(表面保護対策型)

<適用箇所>
 一般斜面

<用途>
 (1) ごく表層の崩落防止
 (2) 小落石防止
 (3) 斜面表面の侵食抑制(グリーンナックスネットあるいは植生工等との併用)
 (4) 緑化基礎工

<基本構造>
 デルタックスネット または グリーンナックスネット+アンカーピン
 ※デルタックスネットは、表面の侵食抑制や周辺環境との調和等を図るために植生工を
  併用する場合が多いです。
 


T型(表面保護対策型)概略構造図
 

U型(剥落・脱落対策型)

<適用箇所>
 既設吹付け面

<用途>
 既設モルタル・コンクリート吹付け面の剥落・脱落防止

<基本構造>
 デルタックスネット または グリーンナックスネット+アンカーピン+セメントミルク
 ※勾配が急でセメントミルクが十分に充填できない場合は、ケミカルアンカーを使用します。
 


U型(剥落・脱落対策型)概略構造図

↑UP

高強度ネット

<デルタックスネット>
 
デルタックスネットは、素線径2.0mm、公称素線引張り強度1770N/mm2の高強度の素線
 で製造されています。
 



 

デルタックスネットの諸元
線形
(mm)
網目
(mm)
引張強度
(N/mm2)
防食処理 メッキ付着量
(g/m2)
重量
(kg/m2)
2.0 ♯101×175 1770 ウルトラコーティング
(Zn/Al合金めっき+特殊めっき)
115 0.65
※網目は交点間距離
<グリーンネックスネット>
 
グリーンナックスネットは、デルタックスネットに樹脂繊維シートを装着させたネットです。




 

樹脂繊維シートの諸元
素材 繊維の太さ
(mm)
融点
(℃)
重量
(kg/m2)
ポリプロピレン 0.6 152 カーキグレイ 0.4
←トップページ

↑UP

[お問い合わせ]

エコ・パワーネット工法会
〒160-0004東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル TEL.03-5366-9838/FAX.03-3355-1532
E-mail:
 

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.