いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

「Balloon Body Anchor」 バルーン・ボディ協会

【2016.06.07】 「協会員」を更新しました。 資料請求はこちらまで

Balloon Body Anchor とは


Balloon Body Anchor
は、薄い鉄板を折りたたんで作った、約10cm角の鋼製チューブを土中に設置、次にこの鋼製チューブをグラウト材で加圧膨張・球根状に膨らませ、テンドンを定着させるという簡便・確実な支圧型アンカー工法です。

その本体は、旧タイプのExpander Body Anchorのものよりも更に高度化した製造技術により、日本国内で製作したものであり、その設計・施工のコンセプトは、旧タイプのExpander Body Anchor工法と同じです。

Balloon Body Anchorは、自由長・定着長を大幅に短くすることができるので、定着層のない軟弱地盤だけの狭い敷地でも施工可能なアンカーです。

Balloon Body の特長

(1)軟弱地盤に高耐力のアンカー施工が可能
 
軟弱地盤(粘性土N<15、砂質土N<30)に短い定着層で高耐力のアンカーが施工できます。
(2)アンカー長の短縮が可能
 
アンカー定着部が球根状であり、耐力が十分に見込めることから摩擦型アンカーに比べアンカー長を短くすることが可能です。
(3)除去アンカーの削減が可能
 
アンカー長が短くて済む分、狭い敷地内にアンカー体を収めることができます。
(4)工期の短縮が可能
 
鋼製チューブを用いることにより直接打撃貫入ができ、また注入作業が容易なので施工性に優れ、工期の大幅な短縮が可能です。
(5)定着体の施工が確実
 
Balloon Body内に グラウト材を加圧・注入することにより、定着体を造成する構造となっているため、注入量による施工管理が容易で、確実な施工が可能です。

 

↑ページの先頭へ

Balloon Bodyアンカーの種類

Balloon Bodyアンカーの構造図

残置式  除去式

>>拡大表示

>>拡大表示

↑ページの先頭へ

打設状況

Balloon Bodyアンカーは打込み作業と注入作業を分離して施工できるため、何本ものBalloon Bodyを打込みしておいてから、注入作業を行うことができます。

注入管理

Balloon Body Anchorの成果は注入作業により、Balloon Bodyを所定の寸法に加圧・膨張させることが重要となります。
管理は、流量計を用いた「注入量−注入圧力」管理で行います。
なお、計画時における許容引抜き力の算定は、基本調査試験で確認することを基本としますが、あらかじめ計算することもできます。
 

↑ページの先頭へ

Balloon Body形式と様式

呼び径 形式 注入前 注入後
長さ 断面 注入口 質量 最小
削孔
長さ 直径 支圧
面積

面積
体積
(m) (mm) (mm) (kg) (mm) (m) (m) (m2) (m2) ()
BB-500 BB-517
(残置)
1.7 80×80 59×42 35 115 1.5 0.5 0.2 1.65 220
BB-512
(除去)
1.2 80×80 59×42 26 135 1.0 0.5 0.2 0.85 125
BB-800 BB-822
(残置)
2.2 110×110 84×67 70 135 1.8 0.8 0.5 3.00 720
BB-815
(除去)
1.5 110×110 84×67 54 135 1.1 0.8 0.5 1.15 340

Balloon Body膨張時の注入圧力の目安

対象地盤 粘土層 シルト層 砂層
注入圧力 0.1〜0.6MPa 0.2〜2.0MPa 0.5〜3.0MPa
 

↑ページの先頭へ

協会員

正会員

株式会社大阪防水建設社 〒135-0042 東京都江東区木場5-8-40
TEL:03-5621-6071 FAX:03-5621-6072
黒沢建設株式会社 〒163-0717 東京都新宿区西新宿2-7-1
TEL:03-6302-0226 FAX:03-3344-2126
ケミカルグラウト株式会社 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5
TEL:03-5575-0511 FAX:03-5575-0573  
三信建設工業株式会社 〒111-0052 東京都台東区柳橋2-19-6
TEL:03-5825-3700 FAX:03-5825-3757  
日本基礎技術株式会社 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-1-12
TEL:03-5365-2500 FAX:03-5365-2521 


 賛助会員

弘和産業株式会社 〒198-0023 東京都青梅市今井3-3-12
TEL:0428-32-2811 FAX:0428-32-2818 
神鋼鋼線工業株式会社 〒141-8688 東京都品川区北品川5-9-12
TEL:03-5739-5252 FAX:03-5739-5250 

↑ページの先頭へ

お問合せ先

バルーン・ボディ協会 

【事務局】
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館 ケミカルグラウト(株)内
 TEL.03-5575-0511 FAX.03-5575-0572

資料請求はこちらまで

 Since 2000/11/24 最終更新日: 2016/06/07

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.