いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

地すべり観測用 ひずみ長体 2重構造タイプ 特許出願中

株式会社オリオン計測

トップページGSMエンジンとは| ひずみ長体|業務の流れ

資料請求はこちらまで

地盤挙動によるひずみ量を正確に計測したいと考えて作られたひずみ計長体(2重管構造タイプ)です。
2重管によりゲージが直接地山に接触しないため、微少な孔壁の崩れによるゲージへの影響が排除でき、また耐久性に優れています。
 1. 構造の概要

長体(塩ビ管、アルミケーシング等)に貼りつけたひずみゲージに外力が直接作用することが無いように、外管でひずみゲージを保護したものであり、外管と長体との力学的連結は特殊加工されたスペーサによって行っています。

 
K-01型
GSM計測システム用に開発したひずみ長体であり、ひずみデータから変位、たわみ角、曲げモーメント、せん断力、荷重分布などの解析を行うことに適した長体です。また、GSM計測システム併用タイプなので、GSM計測が不必要な時は、ひずみ計または挿入式孔内傾斜計としても計測を行うことができます。
H-01型
たくさんのお客さまのご要望により従来のパイプひずみ計を2重管タイプに改良したものです。ひずみゲージに外力が直接影響しないため、管の曲がりによるひずみ量のみ計測することができます。
 
トップページへ戻る

UP


[お問い合わせ]

株式会社オリオン計測 http://orion-inst.com
〒570-0056 大阪府守口市寺内町1丁目15−6 TEL:06-6993-0011 FAX:06-6996-0711

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.