いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
ハイパワーフェンス協会


「ハイパワーフェンス工法」 高エネルギー吸収柵(落石・積雪・崩壊土砂 対応)国土交通省 NETIS登録 No.HR-010009-V 国土交通省 NETIS 登録No.HR-010010-VE ※平成29年4月掲載終了

 

ハイパワーフェンス工法とは

ハイパワーフェンス工法は、高エネルギー吸収型の落石防護柵として、優れた変形性能と耐力を備えたモルタル充填鋼管柱と緩衝金具及び分散維持装置等のシステムにより大規模落石エネルギー・積雪荷重・崩壊土砂まで対応できる工法です。


ハイパワーフェンス工法 特長

● 落石・積雪・崩壊土砂の様々な自然災害に対応

優れた曲げ耐力を有した支柱を主部材とし、落石・積雪・崩壊土砂の災害種別に応じ、用途別に開発された専用部材をバランス良く組み合わせることで、様々な自然災害に対応出来ます。
 

● 落石エネルギーを吸収する緩衝機構

緩衝金具・分散維持装置等の緩衝機構により、落石エネルギーを分散・吸収し、最大1000kJレベルの落石に対応出来ます。
 

● 脆弱地盤等の様々な地盤条件に適用可能

コンクリート擁壁上への設置はもちろん、大口径ボーリング等で地盤面に支柱を杭式で建て込むことができ、既設擁壁背面や脆弱地盤にも適用が可能です。
 

● 優れた経済性と維持管理

落石エネルギーに応じた部材タイプを選定できるため、経済的な配置が可能であり、また損傷の確率が高い部材は汎用品のため、維持管理性に優れます。

落石を想定した実規模実証実験

 


崩壊土砂を想定した実規模実証実験  

ハイパワーフェンス工法 製品バリエーション

 

■ HEF工法 (ハイパワーアースフェンス)

急傾斜地の土砂崩壊対策を目的とした新対策工法

HEF工法の主要部材は、崩壊土砂の衝撃力を受け持つために、ハイパワーフェンス 工法の中でも最高レベルの剛性を有する支柱、堆積土砂用ワイヤロープ間隔保持材のツリーロープ、その他ワイヤロープ、金網等から構成されています。
さらに、ワイヤロープ端部に緩衝金具を取り付けることで、750kJレベルの落石エネルギーに対応出来ます。

 
【施工事例】

山梨県韮崎市水神1丁目  

長野県上高井郡高山村稲荷  
【実規模実証実験】
平成23年8月、富山県高岡市内にてHEF工法の実規模実証実験を行いました。 今回の実験は、実際の崩壊土砂を想定した実規模の実証実験であり、高さ25m、傾斜50度の斜面上部に土砂流下装置を設置し、 斜面下部に設置されたHEF工法に土砂50㎥(約100t)を流下して、防止効果の確認と実荷重の測定を目的としています。

※上記画像をクリックすると、動画が再生されます。 動画を再生するにはプラグインが必要です。

 


 

■ HRF工法 (ハイパワーロックフェンス)

1000kJ レベルの落石に対応可能な『高エネルギー吸収型落石防護柵』

 

ハイパワーロックフェンス工法は、落石防護を目的として開発された、中・大規模(〜1000kJ)落石対応の高エネルギー吸収型落石防護柵です。
専用に開発された部材(支柱、緩衝金具など)とワイヤロープ・金網等の汎用品をバランスよく組み合わせることにより、効率的に大きな落石を捕捉し、かつメンテナンスに優れた落石防護の工法です。

 

【構造】
【施工事例】

岐阜県高山市丹生川町乗鞍地内  

熊本県球磨郡球磨村大瀬  


 

■ PCF工法 (パワーキャッチフェンス)

250kJ レベルの落石に対応した、『低コスト追求の高機能フェンス』

 

PCF工法はHRF工法の小規格タイプであり、優れた変形性能を有する支柱、エネルギー吸収機構の要であるST装置(緩衝金具)、落石衝突時にワイヤロープ間隔を保つ間隔材、その他ワイヤロープ、金網等から構成されています。また、支柱とST装置は複数のタイプから選定することができるため、設計条件に合った経済的な計画が可能となります。

 

【構造】
【施工事例】

愛媛県上浮穴郡久万高原町笠方  

東京都西多摩郡奥多摩町氷川  


 

■ RCF工法 (リバウンドキャッチフェンス)

RCF工法と『緩衝材のダブル機構』で、5000kJ クラスの落石に対応

 

RCF工法は、高エネルギー吸収型落石防護柵であるHRF工法またはPCF工法と、その柵背面に設けられた緩衝材(サンドクッション・発泡スチロール等)のダブル機構により、5000kJレベルの落石エネルギーに対応することが出来ます。

 

【施工事例】

岐阜県下呂市保井戸  

山梨県韮崎市水神一丁目  


 

■ HSF工法 (ハイパワースノーフェンス)

750kJ レベルの落石に対応可能な、『雪崩予防・せり出し防止』への対策工

 

HSF工法の主要部材は、積雪荷重を考慮して開発された高い剛性を有する支柱、積雪の沈降力に耐えるサポート(上弦材)、積雪地用ワイヤロープ間隔保持材のツリーロープ、その他ワイヤロープ、金網等から構成されています。さらにワイヤロープ端部に緩衝金具(ST装置)を取り付けることで、750kJレベルの落石エネルギーに対応出来ます。また、支柱は設計条件に合わせて、複数のタイプから選定することが出来ます。

 

【施工事例】

山形県西置賜郡小国町玉川  

石川県白山市尾添地内  


基本使用区分


 

UP

お問い合わせ

ハイパワーフェンス協会

〒939-2701 富山県富山市婦中町西本郷436番32 
TEL:076-491-6125  FAX:076-495-7675 ホームページ http://www.hp-fence.com/
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.