いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
ざぶとんわく裏込め工 リサイクル材を用いた切土補強土工法用樹脂製反力体
国土交通省 NETIS 登録No:KT-040039-V
トップページEHDアンカー |EHDアンカーの特長 テンドン構成図目視管理が可能な頭部システムテンドン諸元表施工例 
 EHDアンカーとは

超高耐久性、超水密性でアンカー力調整機能に優れた恒久的に高品質で先駆的な維持管理に適したアンカー工法です。


先進的な耐食性を有する付着型ECFストランドを使用して、構造物対策用途として供用100年以上の超高耐久性を有します。
アンカーキャップの接続部、アンカー頭部止水具の接続部、自由長とアンカー体の境界部という3接続部では水圧1.0Mpa(水深100m)への耐水圧性という超水密性を確保しています。
アンカー力増減調整は最大級で、さらに目視管理型頭部の採用で維持管理性に優れています。
EHDアンカー
■先進的な耐食性を有する付着型ECFストランドを採用
■接続部は水圧1.0Mpa(水深100m) に耐える超水密性
■アンカー力の増減調整は、施工時と供用時の両面で最大級
■アンカーの頭部と背面部は見える化構造を採用
■構造が簡易な施工性で品質の信頼性を向上
■幅広い設計アンカー力に対応した優れた経済性
EHDアンカー その2 本協会で使用している”EHD アンカー” は、
(財)土木研究センター「建設技術審査証明」、
(財)沿岸技術研究センター
「港湾関連民間技術の確認審査・評価」を取得しています。
 EHDアンカーの特長

EHDアンカーの特長は、部材数を削減して施工性を高め、シース境界部を堅牢に構成して、長期間安定した水密性(1.0Mpa)と100年以上の恒久性を有する構造を採用しています。
さらに、供用後の維持管理の容易性を考慮して、最大級のアンカー力調整長、およびアンカー頭部での見える化構造による目視点検管理の簡便化を図っています。

テンドン耐久性
付着型ECFストランドは供用100年以上の超高耐久性を有しています。
接続部水密性
頭部、止水具部、自由長・アンカー体境界部の3接続部は水密性1.0Mpaを保持できます。
アンカー力調整最大級
くさびリングナット併用定着方式のため、施工時と供用時の両面で調整力が最大級です。
目視管理型頭部
頭部キャップと表面止水具は窓付として維持管理段階の点検の容易性を向上します。
アンカー体部優位性
引張型アンカー体のため引張クラックが生じますが、テンドン自体は100年耐食性で恒久です。
優れた施工性

部材数が少なく止水具が表面突出型であり、優れた施工性は施工品質を向上できます。

あらゆるニーズに応えた信頼のラインナップ
土木タイプ

建設技術審査証明 第0002号

地すべり対策や斜面崩壊防止対策、擁壁補強などの対策を目的に開発された高品質のアンカー工法です。付着型ECFストランドをテンドンに使用して、従前アンカーの複雑な構造を簡素化し、品質、経済性、施工性に優れたアンカー工法としています。
新タイプアンカーは防錆弱部となる頭部、背面止水部、自由長とアンカー体の境界部の水密性が重要です。EHDは、土木研究センターと沿岸技術研究センターにて水密性1.0Mpaが認定された唯一のアンカー工法で、腐食因子を完壁に排除できる恒久性が高い工法です。
港湾タイプ

港湾関連民間技術の確認審査・評価 第10004号

港湾構造物の地震時の変形・浮上り防止対策、護岸の嵩上げによる既設護岸の転倒防止などを目的に開発されたアンカー工法です。大耐力アンカーにはφ12.7mm付着型ECFストランドに加え、φ15.2mm付着型ECF ストランドを使用することで超大荷重の設計アンカー力Td=2975kN/本まで適用可能です。
港湾構造物の厳しい環境下に対応できるように、超水密性に加え、支圧板と頭部キャップは、フッ素樹脂コートによる 防食を施しており、これらの技術で超高耐久性を持たせています。
建築タイプ  
地震時や暴風時における建築構造物の転倒防止対策、地下水位の高い地盤における浮上り防止対策などを目的に開発されたアンカー工法です。
EHDアンカーの採用は、建築構造物の大型基礎をより小型化して、仮設工事となる掘削工、山留工、および本体の基礎コンクリート工の数量を縮減できることから、経済性、施工性、工期短縮などを図ることができます。
また、狭小立地の高層構造物や塔状構造物の安定対策としても活用できます。
 テンドン構成図
EHDアンカー テンドン構成図
 
 目視管理が可能な頭部システム

従前のグラウンドアンカーは頭部背面を確認するために、アンカーの荷重解放が必要でした。本アンカーでは、地上のアンカープレート上面に窓付止水具を配置することで、止水具の施工性、水密性と品質の信頼性が向上し、加えて維持管理の健全性確認を容易にします。 (特許第 4793955号)

目視管理型頭部キャップの特長
目視管理型頭部キャップの特長
見える化窓により、維持管理段階では、頭部キャップを外さず内部目視が可能になることから、通常、キャップを外して行う頭部露出調査の箇所選定が適正になります。維持管理での防錆油変化および施工時の防油充填確認が目視管理できます。

目視管理型ヘッドキャップ内の防錆油色相変化確認
窓付止水具の特長
頭部背面を表面に移動
プレート上面が止水具配置となるので、施工性が良く、確実な施工で品質が向上します。
維持管理性が向上
確認窓により背面状況が評価でき、背面調査などの時期が適切に判断できるので維持管理性が向上します。
優れた耐久性
ダクタイル鋳鉄は強靭な耐力を有し、一般鋼に比べて腐食しにくいという利点があります。さらに、防錆処理を亜鉛めっきとしているので耐久性が向上しています。
窓付止水具の特長

 テンドン諸元表
Φ12.7
呼び名 組合せ 鋼線
断面積
(mm2)
鋼線
単位
重量
(kg/m)
引張
荷重
Tus(kN)
降伏
荷重
Tys(kN)
土木・建築 港湾 見かけの周長
(mm)
最小
削孔径
(mm)
常時荷重
0.6Tus
(kN)
地震時荷重
0.9Tys
(kN)
常時荷重
Tus/3.8
(kN)
地震時荷重
Tus/2.5
(kN)
EHD5-2 12.7×2 197.42 1.548 366 312 219.6 280.8 96.3 146.4 79.7 90
EHD5-3 12.7×3 296.13 2.322 549 468 329.4 421.2 144.4 219.6 119.6
EHD5-4 12.7×4 394.84 3.096 732 624 439.2 561.6 192.6 292.8 148.4
EHD5-5 12.7×5 493.55 3.870 915 780 549.0 702.0 240.7 366.0 157.4
EHD5-6 12.7×6 592.26 4.644 1098 936 658.8 842.4 288.9 439.2 181.5 115
EHD5-7 12.7×7 690.97 5.418 1281 1092 768.6 982.8 337.1 512.4 184.2
EHD5-8 12.7×8 789.68 6.192 1464 1248 878.4 1123.2 385.2 585.6 187.0
EHD5-9 12.7×9 888.39 6.966 1647 1404 988.2 1263.6 433.4 658.8 237.8 135
EHD5-10 12.7×10 987.10 7.740 1830 1560 1098.0 1404.0 481.5 732.0
EHD5-11 12.7×11 1085.81 8.514 2013 1716 1207.8 1544.4 529.7 805.2
EHD5-12 12.7×12 1184.52 9.288 2196 1872 1317.6 1684.8 577.8 878.4

●JISG3536と同等の品質特性を有しています。

Φ15.2
呼び名 組合せ 鋼線
断面積
(mm2)
鋼線
単位
質量
(kg/m)
引張
荷重
Tus(kN)
降伏
荷重
Tys(kN)
土木・建築 港湾 見かけの周長
(mm)
最小
削孔径
(mm)
常時荷重
0.6Tus
(kN)
地震時荷重
0.9Tys
(kN)
常時荷重
Tus/3.8
(kN)
地震時荷重
Tus/2.5
(kN)
EHD6-2 15.2×2 277.40 2.202 522 444 313.2 399.6 137.3 208.8 95.4 135
EHD6-3 15.2×3 416.10 3.303 783 666 469.8 599.4 206.0 313.2 143.1
EHD6-4 15.2×4 554.80 4.404 1044 888 626.4 799.2 274.7 417.6 190.9
EHD6-5 15.2×5 693.50 5.505 1305 1110 783.0 999.0 343.4 522.0 238.6
EHD6-6 15.2×6 832.20 6.606 1566 1332 939.6 1198.8 412.1 626.4 279.5
EHD6-7 15.2×7 970.90 7.707 1827 1554 1096.2 1398.6 480.7 730.8
EHD6-8 15.2×8 1109.60 8.808 2088 1776 1252.8 1598.4 549.4 835.2 279.5

※1
(357.6)
165
EHD6-9 15.2×9 1248.30 9.909 2349 1998 1409.4 1798.2 618.1 939.6
EHD6-10 15.2×10 1387.00 11.010 2610 2220 1566.0 1998.0 686.8 1044.0
EHD6-11 15.2×11 1525.70 12.111 2871 2442 1722.6 2197.8 755.5 1148.4
EHD6-12 15.2×12 1664.40 13.212 3132 2664 1879.2 2397.6 824.2 1252.8
EHD6-13 15.2×13 1803.10 14.313 3393 2886 2035.8 2597.4 892.8 1357.2 357.6
EHD6-14 15.2×14 1941.80 15.414 3654 3108 2192.4 2797.2 961.5 1461.6
EHD6-15 15.2×15 2080.50 16.515 3915 3330 2349.0 2997.0 1030.2 1566.0
EHD6-16 15.2×16 2219.20 17.616 4176 3552 2505.6 3196.8 1098.9 1670.4
EHD6-17 15.2×17 2357.90 18.717 4437 3774 2662.2 3396.6 1167.6 1774.8 484.1 216
EHD6-18 15.2×18 2496.60 19.818 4698 3996 2818.8 3596.4 1236.3 1879.2
EHD6-19 15.2×19 2635.30 20.919 4959 4218 2975.4 3796.2 1305.0 1983.6

EHD6-13以上は受注生産
※1 EHD6-16 用スペーサを使用した場合
※(財)土木研究センター「建設技術審査証明」 EHD6-12 迄取得
※(財)沿岸技術センター「港湾関連民間技術の確認審査・評価」 EHD6-19 迄取得

 

 施工例
土木タイプ
EHD5-4 + アンカーパネルAP-3-550
EHD5-4 + アンカーパネルAP-3-550
EHD5-3 + GET 550P
EHD5-3 + GET 550P
EHD5-5 + F-T 受圧板
EHD5-5 + FIT 受圧板
EHD5-8 + FFU 受圧板
EHD5-8 + FFU 受圧板
管理型部材タイプ
目視管理型ヘッドキャップ
目視管理型ヘッドキャップ
窓付止水具
窓付止水具
港湾タイプ 建築タイプ
目視管理型ヘッドキャップ 窓付止水具
KJS協会トップページ ページの先頭へ
お問い合せ先

KJS事務局<弘和産業(株)内>

〒198-0023 東京都青梅市今井3-3-12 TEL:0428-32-2811(代)  FAX:0428-32-2818

E-Mail:kowa@kowa-anchor.co.jp URL:http://www.kowa-anchor.co.jp/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.