いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

TOPKJS仮設アンカー工法KJS除去アンカー工法EHD永久アンカー

  KJS除去アンカー工法
概要  ▼利点と特徴  ▼耐荷体の配置  ▼施工例
 概要

  KJS(KOWA JACKING SYSTEM)除去アンカー工法とは、アンボンドPC鋼より線(PC鋼より線とポリエチレン被覆の間にグリスを充填したもの)を使用し耐荷体の先端部に巻きかけて、これを複数組み合わせることでテンドンを構成するアンカー工法です。
  アンカーに作用する導入力は、KJS緊張装置*1差動緊張装置DPH*2によって均等な分散圧縮力を支持地盤へ伝達*3します。
  また、定着前に行う品質保証試験が施工しやすい機能を有し、PC鋼より線の除去はレッカーや高速油圧ジャッキなどにより行うことができ、 極めて効率的で信頼性の高い除去アンカー工法です。

  ■耐荷体

 

*1 特許 No1494853号 シャッター板を用いて品質保証試験と定着を連続して行う。
*2 特許 No2753202号 差動緊張装置を用いた導入力補正。
*3 特許 No1946011号 支持地盤へ複数の耐荷体から均等に応力伝達する。
  本工法における利点とその特徴

差動緊張装置DPHによって各耐荷体に掛かる荷重は均等になります。

KJSジャッキにより、緊張試験と定着を連続して行えます。

テンドン構成部品が少なく簡素です。

除去が容易で確実にできます。
  耐荷体の配置

耐荷体は、使用するアンボンドPC鋼より線の数に応じてAタイプ、Bタイプを選択してその配置を決めます。使用する耐荷体の数は、最大5個までとし必要な時は設計荷重の見直しなど、対象地盤に合わせた設計を行います。

設計荷重・最大試験荷重表
アンカータイプ 削孔径
(mm)
PC鋼より線
SWPR7B
鋼材断面積
mm2
設計荷重
kN/(tf)
最大試験荷重
kN/(tf)
J5-2 φ135 φ12.7×2 197.42 214/(21.8) 252/(25.6)
J5-4 φ135 φ12.7×4 394.84 428/(43.6) 504/(51.2)
J5-6 φ135 φ12.7×6 592.26 642/(65.4) 756/(76.8)
J5-8 φ135 φ12.7×8 789.68 856/(87.2) 1008/(102.4)
J5-10 φ135 φ12.7×10 987.10 1070/(109.0) 1260/(128.0)
J5-12 φ135 φ12.7×12 1184.52 1284/(130.8) 1512/(153.6)
J6-10 φ165 φ15.2×10 1387 1526/(155.6) 1798/(183.3)
  施工例

KJS除去アンカー工法は、あらゆる土木・建築工事の山留めアンカー工法として数多く適用されています。

調整池工事
アンダーパス工事
建築工事

豊富な実績を誇るKJS除去アンカー工法は、確実性に富み、様々なニーズに答える工法として受け入れられております。

KJS協会

UP

お問い合せ先

KJS事務局<弘和産業(株)内>

〒198-0023 東京都青梅市今井3-3-12 TEL:0428-32-2811(代)  FAX:0428-32-2818

E-Mail:kowa@kowa-anchor.co.jp URL:http://www.kowa-anchor.co.jp/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.