いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME

樹木を保全した斜面安定工「ノンフレーム工法」ノンフレーム工法研究会

資料請求はこちらまで
  • 【2016.09.07】 9/16開催「自然斜面の安定化技術」に関する講習会(高知)のご案内
  • 【2015.07.24】 7/25(土)19:00〜放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系列)で「ノンフレーム工法」が土木技術のひとつとして紹介されます
  • 【2015.07.09】 8/4・横浜開催「自然斜面の安定化技術」開催しました
  • 【2015.06.18】 7/29・郡山開催「自然斜面の安定化技術」開催しました
  • 【2015.06.18】 7/10・「自然斜面の安定化技術に関する講習会」(青森)開催しました
  • 【2014.10.30】 「自然斜面の安定化技術に関する講習会」(大分県大分市)開催しました
  • 【2014.07.09】 「自然斜面の安定化技術に関する講習会」(石川県金沢市)開催しました
  • 【2014.07.23】 「自然斜面の安定化技術に関する講習会」(滋賀県大津市)開催しました
  • 【2014.05.23】 設計・施工マニュアル、標準積算資料、施工要領書を改訂しました
  • 【2014.04.18】 治山事業100周年記念治山功績者表彰で「ノンフレーム工法」が農林水産大臣賞を受賞しました
  • 【2014.03.20】 第12回 写真コンクール 開催のお知らせ
>>最新情報はこちらからご覧いただけます(ノンフレーム工法研究会ホームページへ)
特長構造概要図標準配置図設計施工手順実施例
 
 特長  
 樹木伐採、法切を行い、斜面をコンクリート構造物で覆ってしまう・・・それが、これまでの斜面防災では「常識」でした。
 しかし今、時代は「ECO」。環境意識の高まりが、新しい技術を生み出しました。

 “樹木を保全した斜面安定工法、ノンフレーム工法。”

 樹木伐採や法切を行わず、現況地山のままで施工するという斬新な発想から誕生したこの工法には、従来の技術にはない、様々な特長があります。
 

景観・環境保全

法切や樹木伐採を行わずに施工しますので、施工後も元々の景観・環境が維持できます。CO2削減や、生物多様性保全にも貢献します。

コスト縮減・工期短縮

斜面を改変せずに施工するため、樹木伐採や切土・法面整形、植生工といった工程が不要です。 しかも二次製品の支圧板を用いますので、工期短縮・コスト縮減が実現できます。

厳しい現場条件でも適用できる

1.広い搬入路が不要
 切取土砂(残土)や伐採木の搬出作業がありません。しかも小型機械で施工できるので、 搬入路が設置困難な現場でも施工できます。

2.施工ヤードの制約が少ない
 コンクリートに頼らない工法ですので、圧送設備等が必要なく、小規模な施工ヤードで施工できます。 現場との高低差や距離の制約もありません。(ただし、モノレール等の仮設備は必要です)

施工時の安全性に優れています

従来技術の場合、法切によって地中応力が解放されたり、雨水が浸透やすくなり、施工時に斜面の安定バランスが乱れることがあります。 一方ノンフレーム工法は、現況斜面のままで施工できますので、施工時にも斜面安定性を乱しません。しかも二次製品の支圧板を用いますので、急斜面作業が省力化でき、作業の安全性向上に繋がります。

 あなたならどちらを選びますか


従来工法による斜面遠景イメージ(CG)

OR

 


ノンフレーム工法を実施した斜面遠景

 
 構造概要図

UP

ノンフレーム工法は補強材(ロックボルト)、支圧板、 頭部連結材(ワイヤロープ)から構成されています。

※補強材全長にわたって二重防食構造になっています。
※景観対策などのご要望に応じて、地表面に露出する部材を塗装することができます。
 
 標準配置図(例)

UP

※ ワイヤロープは1本でロックボルト3本を三角形になるように取付ます。
  図中の数字・ハッチングは、ワイヤロープの取付位置を示します。
※ ロックボルトの施工間隔は、土質条件により短くなることもあります。
数量 仕様
ロックボルト施工箇所 42箇所 長さは安定計算により決定
支圧板 42枚  
ワイヤロープ 40本  
 
 設計

UP

ノンフレーム工法を適用する自然斜面は、切土斜面とは異なり移動層と不動層の土質性状が大きく異なるため、補強材の曲げ抵抗、支圧板の効果、頭部連結効果を考慮した設計方法を提案、採用しています。設計手順の概要は以下の通りです。

※詳しくは、ノンフレーム工法設計・施工マニュアル(平成18年4月)P24〜38をご覧ください。 設計・施工マニュアルは、こちらからご請求いただけます。
 
 施工手順

UP

施工手順

 
 実施例

UP

施主 群馬県沼田土木事務所   
施工地 群馬県片品村
施工時期 平成14年度
事業分野 砂防・急傾斜
採用理由 景観・環境保全
施主 鹿児島県熊毛支庁土木課  
施工地 鹿児島西之表市
施工時期 平成18年度〜19年度
事業分野 砂防・急傾斜
採用理由 景観・環境保全    
 
施主 広島県福山地域事務所 
施工地 広島県福山市
施工時期 平成17年度〜18年度
事業分野 治山
施主 東日本高速道路株式会社
施工地 福島県東北自動車道 
施工時期 平成20年度
事業分野 道路
採用理由 施工条例制約

ページの先頭へ

お問い合わせ先

ノンフレーム工法協会

〒135‐0042 東京都江東区木場2-17-12 SAビル 日鐵住金建材株式会社
TEL:03-3630-2173 FAX:03-3630-2709
http://www.non-frame.com/ E-mail:info@non-frame.com

Since2004/05/01 最終更新日: 2016/09/07.
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.