いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
斜面樹林化技術協会


■ 工法説明


自然回復緑化の基本的考え方

 これまでの法面緑化では外来草本類やマメ科低木類(外国産在来種)が広く用いられてきましたが,これらの植物の多くは,環境省が2015年に公表を予定している「侵略的外来種リスト」に記載されているため,できる限り使用を差し控える必要が生じています。
 また,従来から行なわれてきた草本類による急速緑化は,植生遷移の最も初期の状態からスタートするため,自然が回復するまでに長い年月を必要とするほか,景観的にも単純で平面的な植物群落しか形成できない問題があります。
 これに対して木本類(樹木)による緑化は,さまざまな植物が混生した多様性のある植物群落からスタートできることから,生物相が質・量ともに豊かになり,自然回復を促進する効果が大きく,周辺の森林環境と調和した景観を作ることができます。
 斜面樹林化工法は,国内産在来種の木本植物を主体に用いて,早期に法面の樹林化(木本植物群落の形成)を図る技術で,種子の採取・調整・貯蔵から設計・施工に至る一連の流れを統合した播種工による生物多様性に配慮した自然回復緑化手法です。
 「生物多様性」をキーワードに,自然みずからが治癒(Remedy)する力を手助けする方法として先駆樹種と遷移中後期種を同時に混播することにより,植生遷移を短縮・加速させ,従来の草本類やマメ科低木類からスタートする急速緑化と比較して,環境・景観保全上有効で,CO2固定能にも優れた多様性に富む植物群落を早期に形成します。

【緑化の開始ステージの違いと植生遷移】

斜面樹林化工法 【2層吹付システム】            NETIS:QS-980148-VE(登録掲載期間終了)


  • 国内産在来種の木本植物を主体に用いて、早期に法面を樹林化(木本植物群落の形成)する工法です。
  • 外来生物法や要注意外来生物リストに対応した自然回復緑化が可能です。
  • 施工事前に種子の早期発芽力検定法を実施し、品質の明らかな種子を使用します。
  • 木本植物群落の形成により自然環境・景観の回復、斜面の防災機能向上が図れます。
  • 2層吹付システムは、種子供給機を用いて出芽可能な基盤表面2cm部分にのみ種子を混合し、コストダウンを実現しました。
  • 貴重な国内産在来種子を有効利用できます。


※法枠工が遮蔽され、自然回復が進んでいます。



●2層吹付システムの施工プラント

  • 種子は、吹付機に投入する植生基材とは混合せず、種子供給機に入れます。この際、種子の破損を防止する種子保護材と、種子+生育基盤層の判別と種子なし生育基盤層との接着効果を高める識別材を混合します。
  • これらの材料は種子供給用ミキサであらかじめ混合撹拌した後に種子供給機に投入し、材料圧送ホースの途中で植生基材と混合されます。
  • なお、4cm以下の吹付厚の場合には、従来の1層吹付を適用します。


●基盤材の標準配合表 (吹付機に投入する材料)

材料 品名 1m3当たり
生育基盤材  レミマテリアル 2,000ℓ
侵食防止材 レミコントロール 60kg
緩効性肥料 (N:P:K=6:36:6) 4kg
※緩効性肥料は「グリーンマップG」(MSサイズ)を標準としますが、種子配合等により変更する場合があります。


●種子と種子保護材の配合表 (種子供給機に投入する材料)

材料 規格 現場配合
(50m2当たり)
種子保護材  レミマテリアル(Reme Material) 40ℓ
ゼオライト(0.8〜1.9mm) 20kg
識別材 再生セルロース繊維(15mm) 1kg
配合調整種子 レミディシーズ(Remedy Seeds)10バッチ仕様 1袋


斜面樹林化工法 エコストライプ仕様 (播種工+自然侵入促進工)          NETIS:QS-150044-A


  • 斜面緑化において、生育基盤を非面的(帯状)に吹付ける、在来種播種工と自然侵入促進工を組み合わせた工法です。
  • 非面的(帯状)に樹林化することにより、群落内に飛来種子が定着できる空間(ギャップ)を作り出し、周辺植物の自然侵入を促します。
  • 緑化工事で発生するCO2排出量を従来の全面緑化の約1/2に削減します。
  • 2層吹付システムとの組み合わせにより、植生基材吹付工の市場単価と同程度、あるいはそれ以下のコストで在来種による法面緑化を実現します。


タネの貯蔵・出荷 (RSセンター)


  • 斜面樹林化工法で使用する国内産在来種子「レミディシーズ」専用の貯蔵・出荷施設です。
  • 在来種子は入荷後、独自に開発した技術により適切に調整・貯蔵・管理されます。
  • 貯蔵中は定期的に早期発芽力検定法を用いて種子の品質検査を実施しています。
  • 斜面樹林化工法で使用する際は、自動種子計量装置を用いて1施工単位ごとに種子を正確に計量し、品質保持材を入れ袋詰、出荷しています。


【RSセンター(種子専用貯蔵施設)】
樹種ごとに最適な条件で貯蔵が行われています。 (テクニカルアドバイザー江刺先生技術指導)


【種子調整状況】
入荷した種子は貯蔵に適する状態に調整されます。

 


【種子計量袋詰設備】
レミディシーズは1施工単位ごとに種子を正確に計量しています。


【袋詰・梱包】
種子と品質保持材を混合して袋詰めし、ダンボールに梱包します。



 【レミディシーズ(配合調整種子)】
生物多様性に配慮した緑化工法で使用する高品質な国内産在来種子をお届けします。


 【現地採取種子の選別状況】
在来種子の販売と、地元で採取された種子の貯蔵代行をしています。



 

木のタネの品質検査(早期発芽力検定法)

                    NETIS:KT-060003-V、H25〜活用促進技術(登録掲載期間終了)


  • 独自に開発した、木本種子の品質を休眠の有無にかかわらず1週間前後で検定できる手法です。
  • 施工前の品質検査が可能なため、発芽率を種子配合設計に反映でき、より精度の高い播種工が可能です。
  • RSセンターで保管される国内産在来種子の採取・調整・貯蔵技術の開発に応用しています。
  • 早期発芽力検定法による品質検査の受託を行っています。


 【日本樹木種子研究所】
国内産在来種子の採取・調整・貯蔵技術に特化した研究開発を行い、斜面樹林化技術協会をサポートしています。

【発芽試験と早期発芽力検定法の相関関係】
早期発芽力検定値は、従来の発芽試験との相関が高く、短期間で発芽率と同等の値を求めることができます。


播種木(タネから育った木)のメリット


  • 播種木は立地環境に応じて生育する性質があり、根が岩などの割れ目に侵入して側根も長く伸びます。
  • となり同士の樹木の根がからみあい、ネット状になって岩や土砂を緊縛します。
  • 斜面防災効果が高い自然回復緑化ができます。
     
播種木の隣木同士の根系との絡み合い
(ネット状効果)

側面

平面
(テクニカルアドバイザー福永先生提供)

一方、植栽木は…
  • 地山が硬質だと植穴から外に根を伸ばすことがほとんどできません。
  • 斜面防災効果は播種木より大きく劣ります。


植栽木

播種木

※数字は土壌硬度(mm) (テクニカルアドバイザー山寺先生提供)

●木本植物の導入方法の違いと根系の状況


UP

お問い合わせ

斜面樹林化技術協会 事務局

〒108-0014 東京都港区芝4丁目8番2号 東興ジオテック株式会社内 
TEL:03-6845-1526  FAX:03-3456-8752
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.