いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
斜面樹林化技術協会


■ 施工事例


 従来の侵食防止を主目的とする外来草本類による急速緑化と比較して,初期の植被率は低くなりますが,着実に多様性のある植物群落を形成し,周辺の森林環境と連続性のある良好な景観を形成します。

 

@施 工 地:佐賀県唐津市
 施工年月:1995年4月
 地  質:軟岩(花崗岩)
 勾  配:1:0.8
 使用植物:ネズミモチ,ヤマハギ,イタチハギ,コマツナギ,ススキ,TF,CRF

6ヵ月後:混播した草本類が成立

2年6ヵ月後:マメ科低木類が優占し,
林床にはネズミモチが成立

7年後:ネズミモチが補全種のマメ科
低木類を追い越して優占


A施 工 地:長崎県大村市
 施工年月:1994年3月
 地  質:礫混土〜軟岩
 勾  配:1:1.0
 使用植物:ネズミモチ,シャリンバイ,ヤマハゼ,イロハモミジ,ムクゲ,フヨウ,アキグミ,ナツメ,ヤマハギ,コマツナギ,ノシバ

4ヵ月後:ノシバ,メドハギ,コマツナギが優占

10年10ヵ月後(秋):イロハモミジと
ヤマハゼが美しい景観を創出

19年8ヵ月後:階層構造を持つ植物
群落が形成され、周辺環境と調和


B施 工 地:熊本県上天草市
 施工年月:2001年1月
 地  質:軟岩
 勾  配:1:1.0
 使用植物:アラカシ,ネズミモチ,シャリンバイ,センダン,ヌルデ,ヤマハギ,コマツナギ,TF,CRF

3ヵ月後:枠内に草本類が成立

3年4ヵ月後:木本植物で構造物(法枠)
を遮蔽

6年8ヵ月後:周辺の森林との景観的
連続性を確保・維持


C施 工 地:三重県南牟婁郡御浜町
 施工年月:1989年4月
 地  質:軟岩
 勾  配:1:1.0
 使用植物:ネズミモチ,シャリンバイ,ヤブツバキ,サザンカ,ヤマハゼ,ヌルデ,センダン,コマツナギ

施工前:砂岩と頁岩の互層からなる
岩盤法面

5年3ヵ月後:常緑広葉樹と先駆樹種を
組み合わせた木本群落の形成

15年8ヵ月後(冬):常緑広葉樹が優占
して周辺の森林と調和


D施 工 地:千葉県富津市
 施工年月:2003年3月
 地  質:軟岩(凝灰質砂岩)
 勾  配:1:1.2
 使用植物:シャリンバイ,ウバメガシ,スダジイ,ネズミモチ,ヌルデ,アキグミ,ヤマハギ,コマツナギ,TF,CRF

1ヵ月後:草本類が発芽

5ヵ月後:草本類とコマツナギが優占

3年7ヵ月後:先駆樹種が優占し,林床に
ウバメガシ等の常緑樹が生育


E施 工 地:岩手県八幡平市
 施工年月:1990年11月
 地  質:軟岩
 勾  配:1:1.2
 使用植物:ブナ,ミズナラ,ナナカマド,シラカンバ,ダケカンバ,ヤマハンノキ,ヤマハギ,コマツナギ,メドハギ,ススキ

施工直後:吹き付け終了直後から
降雪に見舞われた

6年11ヵ月後:低木林が形成(高標高寒
冷地なので成長は遅い)

13年8ヵ月後:周辺の森林と調和した
木本群落が形成


F施 工 地:岩手県二戸市
 施工年月:1995年5月
 地  質:礫混土
 勾  配:1:0.8
 使用植物:ミズナラ,コナラ,オニグルミ,ヤマモミジ,ヤマザクラ,カツラ,ヤマブキ,シラカンバ,ダケカンバ,アキグミ,ヌルデ,ヤマハギ,コマツナギ

施工前:金網張工が完了した状態

3年5ヵ月後:先駆樹種を主体とする
木本植物群落が形成

17年5ヵ月後:ナラ類も順調に生長し,
周辺の森林と調和


G施 工 地:島根県浜田市
 施工年月:2009年12月
 地  質:軟岩(珪長質深成岩類)
 勾  配:1:0.8〜1:1.0
 使用植物:ネズミモチ,ヌルデ,アキグミ,イロハモミジ,ノイバラ,ヤマハギ,コマツナギ,ノシバ

施工後:2層吹付システムで吹き付けた生育基盤

5ヵ月後:木本植物とノシバが混生
 

1年後:木本植物が順調に生長
 


H施 工 地:兵庫県淡路市
 施工年月:2008年3月
 地  質:礫混じり土砂
 勾  配:1:0.6〜1:1.5
 使用植物:シャリンバイ,ネズミモチ,センダン,アキグミ,ヌルデ,ヤマハギ,コマツナギ,ノシバ

施工中:法枠工の中詰工に2層吹付システムを採用

4ヵ月後:植被率30〜60%,センダンとノシバが優占

4年2ヵ月後:センダン,ヌルデ,アキグミが優占し,林床に常緑広葉樹が生育


I施 工 地:栃木県足利市
 施工年月:2009年3月
 地  質:礫混じり土砂
 勾  配:1:1.0
 使用植物:(導入種子)アカメガシワ,ヌルデ,ネズミモチ,ヤマモミジ,ヤマハギ,コマツナギ,ノシバ
 (現地採取種子)アカシデ,シナノキ,カシ類,ハゼ類,ナラ類,ナツツバキ,ムクノキ

施工後:導入種子と現地採取種子を用いた斜面樹林化工法を採用

7ヵ月後:導入種子,現地採取種子ともに発芽・生育

7年5ヵ月後:導入植物が優占し,林床に現地採取した植物が生育


UP

お問い合わせ

斜面樹林化技術協会 事務局

〒108-0014 東京都港区芝4丁目8番2号 東興ジオテック株式会社内 
TEL:03-6845-1526  FAX:03-3456-8752
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.