いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
落石防護ネット ロングスパン Long Span
資料請求はこちらまで

特徴性能安全性構造資料請求お問合せ先販売元:日本プロテクト(株)ホームページ


特徴

― シンプルかつ高性能なポケット式落石防護ネット ―

 従来のポケット式に比べて支柱間隔が広い(5〜10倍)うえ、耐衝撃性能やエネルギー吸収性能が向上しているので、落石を道路際で待ち受けることができます。

工期短縮・コスト縮減

 斜面の下端にネットを設置できるので、ネットの設置面積が少なくてすみます。 支柱間隔は、標準が30m程度まで広げることができるため、支柱の本数が少なくてすみます。

用地買収を最小限に抑制

 ネットを斜面の下端に設置できるので、用地買収を最小限に抑えられ、道路敷地内での落石対策が可能となります。

維持管理費の削減

 支柱の間隔を標準30m程度まで広げることができるので、落石の直撃による支柱の破損を軽減することが可能です。

性能

― 吸収可能エネルギー別の適用範囲の目安 ―

 吸収可能エネルギーは400kJレベルを確認しております。


安全性

― ロングスパンの安全性は、実物規模の重錘衝突実験により実証されています ―

 この実験は、(公社)地盤工学会四国支部落石対策委員会ならびに、愛媛大学防災情報研究センターのご協力を得て実施しました。

重錘衝突実験

 重鍾衝突実験では、落下高さ20mの位置から質量0.5t、0.7t、1.0t、2.0t、2.1tの重鍾を衝突させて、ネットの変位、ロープの張力等を観測し、安全性を確認しております。 10回におよぶ重鍾衝突実験を実施し、そのうち3回は利用者の方々に開発のプロセスを共有していただくため公開実験としました。

[実験結果]
No.実験日緩衝金具ネット横幅ネット高さ重錐質量エネルギー実験結果
12007年12月20日なし15m10m0.5t70kJ
2なし15m10m0.5t70kJ アンカーボルト破断
32008年 4月16日あり15m10m0.7t100kJ成功
4あり15m10m0.7t100kJ成功
52008年 5月27日
(第1回公開実験)
あり15m10m0.7t100kJ金網に小傷
6あり15m10m1.0t150kJ金網破損
72008年10月10日
(第2回公開実験)
あり30m10m2.0t380kJ 裾から抜け出し
横ロープ引き抜け
支柱基礎地盤破壊
金網に小傷
82008年10月29日あり30m10m2.0t380kJ金網に小傷
92008年11月 4日あり30m10m2.1t400kJ成功
102008年12月 8日
(第3回公開実験)
あり30m10m2.1t400kJ成功

挙動シミュレーション

  動的FEM解析により落石衝突時の挙動を解析した結果、現場実験の挙動と概ね一致しました。 ロングスパンは、動的FEM解析により、その挙動をシミュレーションすることができます。


構造

― ロングスパンの標準構造図の一例 ―

 


 注)標準図の仕様および内容は、品質や性能の向上のため予告なく変更する場合があります。


ページの先頭へ
お問い合わせ先

落石対策技術研究会 事務局

 〒780-0056 高知市北本町2丁目1番12号 TheCase高知駅前ビル5階
 TEL.088‐878‐1322 FAX.088‐878‐1412 http://www.rakuseki.jp/  E-mail:personnel@nippro-net.co.jp
資料請求はこちらまで

[販売元]

日本プロテクト株式会社

 〒790-0054 愛媛県松山市空港通1丁目3番2号 東和ビル 
 TEL/FAX.089‐971‐6015 http://www.nippro.com/    E-mail:personnel@nippro-net.co.jp
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.