いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
RRM研究会
 

ファイバーショット工法プロテクトブロー工法ポーラスショット工法ダウンロードお問合せ

RRM研究会ホームページ

資料請求はこちらまで

  ファイバーショット工法 老朽化吹付コンクリートのり面補強・再生・長寿命化

●既設コンクリート吹付面と新設吹付コンクリートを剪断ボルトとプライマーの塗布で完全一体化する。

●既設吹付コンクリート背面の空洞と地山基岩のクラックにセメントペーストを充填・注入して、背面地山と既設吹付コンクリートを補強して長寿命化を図る。

●既設吹付コンクリートを取り壊さないため、産業廃棄物の発生を縮減する。

●既設吹付コンクリートの取り壊し作業が無いので、工期が大幅に短縮する。

●仮設防護柵の設置・撤去費用や既設コンクリート取り壊し工が無いため工事費が大幅に縮減できる。

 


 

PPファイバー(ポリプロピレン短繊維)

PPファイバーは、特殊エンボス加工により凹凸状となっており、破断時に繊維が抜けにくく、曲げタフネスが大幅に向上します。  又、表面の特殊親水処理によってセメントマトリックスとの界面接着力が向上し、曲げタフネスを向上し、クラックの発生を抑制します。  PPファイバーは耐アルカリ性が高く、錆等は発生せずライフサイクルコストが向上します。  


 

材質

ポリプロピレン

形状

扁平断面エンボス加工

標準繊維長

30mm

比重

0.91g/cm3

引張強度

500Mqa


剪断ボルト


 

部材名

材質・規格

表面処理

センターピン鋼材

SWCH145K

クロムメッキ仕上

アンカーボディ鋼材

SAE12L14

クロムメッキ仕上


FSアンカー


部材名

材質・規格

表面処理

FSアンカーT

JIS G 3112 SD345 D19×1000

亜鉛メッキ

FSアンカーU

JIS G 3112 SD345 D19×2000

亜鉛メッキ

ウェッジプレート

□70×75 t=6.0

合金メッキ鋼板


施工手順


施工例


着手前 

竣工

>> RRM研究会ホームページ 「ファイバーショット工法」

ページの先頭へ

プロテクトブロー工法 コンクリート構造物長寿命化

プロテクトブロー工法の特長

プロテクトブロー工法は、既設あるいは新設のコンクリート構造物への劣化因子の侵入を防止して構造物の長寿命化を図る工法である。既設コンクリート構造物ではウォータージェット工によって高圧洗浄して表面に付着した劣化因子や剥離片等を除去し、必要に応じて断面修復工や防錆工を実施した後、シラン系表面含浸材プロテクトシルを塗布してコンクリート構造物に吸水防止機能を付与し、塩害、中性化、アルカリ骨材反応等を抑制して劣化の進行を防ぎ、既設ならびに新設のコンクリート構造物の長寿命化を図る工法である。 

 

プロテクトブロー工法選定フロー


>> RRM研究会ホームページ 「プロテクトブロー工法」

ページの先頭へ

ポーラスショット工法 透水性コンクリート吹付工

ポーラスショット工法の特長

1.地山からの湧水や浸出水をスムーズに法面外へ排出する

ポーラスショット工法は優れた透水能により、のり面の湧水や浸出水を急速にのり面の外へ排出する事により地山の風化の進行や浸食を防止します。

2.ポーラスショットエは断面内に連続空隙を持っている

ポーラスショット工法は吹付けられた断面内に連続空隙を持っており、この連続空隙によって1×10-1cm/sec以上の高い透水係数が得られます。

3.施工性に優れ連続一体的なのり面保護工ができる

ポーラスショット工法は吹付作業により造成されるため簡易なプラントで連続一体施工ができます。

4.高強度で高透水性の吹付コンクリートを実現する

ポーラスショット工法は12N/mm2以上の高強度で透水性の高いポーラスコンクリートが実現できます。

5.緑化コンクリートとして植生基盤を造成する

ポーラスショット工法は透水性と保水性(毛細管現象による)を備え、コケや地被類の生育基盤となります。

表流水や新透水を法面外へスムーズに排出
 


性能基準

透水係数

1×10-1cm/sec以上

単位体積重量

18〜23kN/m3

圧縮強度

12N/mm2以上

空隙率

10〜15%


標準配合 (1.0m3当)

名称 規格 数量
セメント 普通ポルトランド 360.0kg
骨材 7号砕石(2.5〜5mm) 1,800.0kg
添加材 カルペレット 144.0kg

>> RRM研究会ホームページ 「ポーラスショット工法」
ページの先頭へ

カタログダウンロード


>> RRM研究会ホームページ 「ダウンロード」

ページの先頭へ

お問合せ
 

RRM研究会

事務局: 〒310-0903 茨城県水戸市堀町959番地 株式会社水戸グリーンサービス内
TEL:029(225)2754 FAX:029(227)2783
ホームページ http://www.rrmgr.jp/

 

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.