いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
「不動強靭柵」 土砂防護タイプ
国土交通省 NETIS 登録申請中

ポイント


増大し、激甚化する土砂災害


土砂災害を引き起こす要因の一つに雨、特に豪雨があります。 時間雨量が50oを上回る豪雨は全国的に増加しており、昭和58年〜平成元年は平均で174回/年でしたが、平成15年〜平成24年は平均で236回/年発生しており約130%を超える回数増となっています。 また豪雨だけではなく地震も大きな要因であり、世界中で発生する中〜大規模地震(マグニチュード6以上)の約20%は日本で発生しています。

そのため近年、日本全国の土砂災害発生件数は、年間約1,000件発生し、またその発生件数は年々増加の一途を辿っています。昭和58年〜平成元年は平均で736件/年でしたが、平成15年〜平成24年は平均で約1,180件/年発生しており、約160%を超える件数増となっています。



土砂災害とは何か?


土砂災害とは主にがけ崩れ、土石流、地すべりの3現象により発生する災害を総称する呼び名であり、その土砂災害危険箇所数は日本全国で約52万箇所(がけ崩れ33万箇所、土石流18万渓流、地すべり1万箇所)あるといわれています。


工法選定フロー


工法選定(待受け式擁壁工が既設の場合)


土砂災害防止法の施行により、急傾斜地の崩壊による建築物又はその地上部に作用すると想定される力の大きさが定められたことを受け、急傾斜地崩落防止施設における衝撃力と崩壊土砂量を考慮した設計手法が示されました。以下の@〜Bに対して不十分と判断された場合、別途対策の検討が必要となります。



特徴


斜面災害から「生命」と「暮らし」を守るカタチ。
「不動強靭柵 〜土砂防護タイプ〜」


 

■安心と安全を提供するための特徴

 斜面中腹に設置される土砂防護柵において、ワイヤロープ・金網を用いた構造物は、施工性に優れる一方で土砂がネット部分に堆積すると斜面下方へ大きく膨らむ形になり、見た目の不安を感じる事があります。 不動強靭柵は優れた性能・施工性・景観性を追求しつつ、土砂堆積時に極力変形を抑える構造にすることで、機能的な安全はもとより安心感を与えるように開発されました。

構造


実証実験

 

■衝撃実験

[衝撃力] 172.5kN/m2

[柵延長] L=15m(支柱間隔5.0m)

[斜面勾配] 約50°

[流下土量] 約100m3



 

■堆積実験

[単位堆積土量] 17.22m3/m

[柵延長] L=15m(支柱間隔5.0m)

[斜面勾配] 約40°

[堆積土量] 約258m3


 

株式会社シビル トップページ株式会社シビル ホームページ

ページの先頭

お問い合わせ先

製品・技術に関するお問い合わせ

株式会社シビル
http://www.rcnet.co.jp/

〒950-0954 新潟県新潟市中央区美咲町1-8-1 TEL:025-284-2428(代) FAX:025-284-2641

調査・設計・販売等に関するお問い合わせ

シビル安全心株式会社
http://anzenshin.com/

〒950-0954 新潟県新潟市中央区美咲町1-8-1 TEL:025-282-7747(代) FAX:025-284-2641

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.