いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
ハイジュールネット(高エネルギー吸収型落石・土砂防止柵)  神鋼建材工業株式会社

概要

 

 

落石・土砂災害から人命や社会資本を守る
 「ハイジュールネット」


ハイジュールネットは、

 1 支柱間隔 5m〜10m で、所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。

 2 支柱柵高 3m〜7m で所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。

 3 ネットの部分補修が可能であり、かつその部分補修により所定の機能が回復できること。

 4 支柱間隔 5m〜8m、有効柵高 3m〜6m で所定の衝撃力を有する崩壊土砂を捕捉できること。

 

以上4点を開発目標に掲げ開発された高エネルギー吸収型落石防止柵工で、250kJ〜3000kJまでの落石エネルギーの吸収が可能であることが認められ、200kN/m2までの崩壊土砂に対する捕捉性能が確認されました。

 

積雪地域においては、積雪対応型の仕様も適用できます。

特長


【共通】

 1 1本のワイヤロープを特殊な手順でダイア形状に形成し、ワイヤロープの交点を交点クリップ金具で、
 しっかりと締結したケーブルネットを使用しています。

 2 特殊なブレーキエレメントが、大きな落石エネルギーをしっかりと吸収します。
 250kJ〜3000kJまで、  スイスのWSL(スイス連邦研究所自然災害部)の元で行われる実証試験で
 認証されています。

 3 地盤の状況に応じ、アンカー材を選択致します。ケーブルアンカー、PC鋼棒は実験データを基にして、
 計算により定着長を定めます。

 4 一度落石を受けても、現地にて簡易な修復で機能を回復いたします。不具合のネットを全面取り替え
 には及びません。

 5 日本国内の地形にあった仕様で、より良い柵高、支柱間隔を選ぶことが出来ます。

 6 支柱の固定部は、ピン構造となっており、支柱に直接落石が衝突してもピンボルトがせん断し、システム
 を維持する構造になっています。

 7 斜面上では、大がかりな基礎を必要としません。樹木の伐採も最少限にとどめ、現状を変えることなく
 設置することが出来、周辺環境と同化します。

 8 設置場所の地形も地質も制限を受けることなく設置が可能です。

 9 The Swiss Agency for Environment, Forests and Landscape(SAEFL)とThe SwissFederal Research
  Institute(WSL)のガイドラインに則った試験方法で落石実験を行い、その目標を達成し、承認を受けた
 製品です。

 10 ワイヤロープは塩害対策用として亜鉛アルミ合金めっき仕様です。景観対応製品(着色仕様)は
 ご相談ください。


【土砂防止柵】

 1 捕捉性能

  崩壊した土砂を、強靭で柔軟なケーブルネット(ハイジュールネットのシステム)で捕捉します。
  崩壊が想定される土砂の衝撃力と捕捉容量に対して、十分な安全性を有して、保全対象を守ります。

 2 すり抜け防止の金網により、土砂の流出を最小限に押えます。

 3 衝撃力を吸収するブレーキエレメントは、作動量に関して十分に余裕のある性能を有します。


製品型式

落石エネルギーに応じたタイプが選べます。

吸収エネルギー(kJ) 型式 有効棚高(H)
250 HJN-250 3.0m〜4.0m
500 HJN-500 3.0m〜5.0m
1000 HJN-1000 3.0m〜6.0m
1500 HJN-1500 3.0m〜6.0m
2000 HJN-2000 4.0m〜7.0m
3000 HJN-3000 4.0m〜7.0m

 

(例).防護柵の可能吸収エネルギー
 1000kJ、有効柵高4.0mの場合

  型式:HJN-1000-4.0
 

 

土砂衝撃力に応じたタイプが選べます。

型式 HJD-200 HJD-150 HJD-100
土砂の衝撃力(kN/m2) 200 150 100
有効柵高(m) 3〜6 3〜5.5(6) 3〜6

 

(例)土砂対応型 衝撃力
 200kN/m2、柵高4.0mの場合

  型式:HJD-200-4.0
 

 


施工例



ページの先頭へ

お問い合わせ

神鋼建材工業株式会社

〒660-0086 兵庫県尼崎市丸島町46 
TEL:06-6418-2621 FAX:06-6418-6701
 ホームページ http://www.shinkokenzai.co.jp/
 

ハイジュールネット工法研究会

〒105-0021 東京都港区東新橋二丁目3番17号
TEL:03-3432-8780 FAX:03-5777-2968
 ホームページ http://hj-net.jp
 
  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.