いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
既設モルタル再生工法研究会
工法概要

概要特長用途関連論文

概要


MTパイプとは

 
MTパイプは、最も基本的な地すべり防止工法である地下水排除工(水抜きポーリング工) の効果を高めるために考案されたものです。  

 従来の水抜きポーリングでは、ストレーナ加工したVP40の硬質塩化ビニール管(以下単管という) を孔壁保護のために用いていました。この単管は、ポーリング 孔を確保しておくことはできても、地すべりの誘因になる地下水を排除する上で何点かの弱点がありました。

 第一は、孔壁に湧出した地下水が単管に乗りにくく、孔壁と単管の間を流下するうちに地盤内に漏水し、地すべり抑制効果が思うように上がらないということです。第二は、すべり面の奥から集めた地下水をすべり面ある いはそれにつながる亀裂に供給してしまって、逆に地すべりを助長することです。

 この弱点を克服するために考案されたのが二重管式のMTパイプです。

排水管の進化形ここに極まる!現場からのフィードバックを元に改良を重ね、進化し続けてきた究極の排水管性能。■ソケット部にネジ込み式を採用し、施工性を向上
■高膨張型のバツカーの採用よる多種類の削孔径へ対応(削孔径90mmに加え削孔径130mmにも対応可能) ■外管の強度に配慮したスリット間隔
ミズトールパイプの排水原理

MTパイプの特長


1.孔壁に湧出する地下水を強力に捕捉します。

地下水は、上下左右のあらゆる方向から湧出します。MTパイプは、2m毎のパッカーで湧出した地下水を堰止め、スリットを通して外管内に強制的に取り込む構造になっているので地下水を強力に捕捉することができます。

2.捕捉した地下水は逃がしません。

外管のスリットから取り込んだ地下水は、異型ソケットを介して次から次に無孔の内管を流下し、逃がさず排水します。

3.目詰まりが起きにくい構造になっています。

従来のストレーナーの形状は5mm円孔であるのに対して、MTパイプの場合、3mm×「100mmのスリットであるので開口率が大きく目詰まりが起きにくい構造になっています。

4.強度は従来の単管に比べて劣ることはありません。

材料は従来と同じ硬質塩化ビニールパイプ製で、二重管になっているため、強度的には同程度かそれ以上が期待できます。

5.施工は簡単です。

MTパイプは、外管・内管・異型ソケットを1ユニットとして工場組立していますので、現場でのパイプ挿入は単管とほとんど同じです。
MTパイプと単管の排水量比較


用途

 1.地すべり防止工事の水抜きボーリングの保孔管
 2.水資源開発・利用における横穴井戸の保孔管 
ページの先頭へ

関連論文

 ■ 地すべり対策としての新多重式排水管の試作とその性能試験【平成8年第35回地すべり学会】
土木用多重管工法研究グループ

 二重管式排水管による集水効率の向上した横ボーリング工【平成11年全地連技術フォーラム】 
水資源開発公団滝沢ダム建設所  野村 孝芳
株式会社 東建ジオテック  佐々木 甫

 風化岩・崖錐層地すべりにおける二重管式排水管の集水効率【平成12年日本応用地質学会研究発表会】 
株式会社 東建ジオテック 佐々木 甫
 村 田 明

 地下水排除工の保孔管への管内カメラによる観察事例【第50回日本地すべり学会研究発表会:平成23年静岡】 
(株)エスイー  野澤 忠明
(独)土木研究所  阿部 大志,武士 俊也
(株)宇部建設コンサルタント  石本 裕己
(株)東建ジオテック  梅本 研吾
フリー工業(株)  後木 孝範
日本基礎技術  對馬 章道

 室内試験による地下水排除工の保孔管の排水効率性能評価【第50回日本地すべり学会研究発表会:平成23年静岡】 
(独)土木研究所  阿部 大志,武士 俊也
(株)宇部建設コンサルタント  北村 晴夫,石本 裕己,小西 義夫
(株)東建ジオテック  梅本 研吾
(株)エスイー  野澤 忠明
フリー工業(株)  岩津 雅也
鹿島建設(株)  岩野 圭太

 水抜きボーリング保孔管の室内比較実験と現場での適応性【平成29年度(公社)日本地すべり学会関西支部現地討論会】 
アクアコントロール梶@北村 晴夫
ページの先頭へ

お問い合わせ先

株式会社東建ジオテック

〒753-0221 山口県山口市大内矢田北6-2-39
TEL:083-927-5507  FAX:083-927-5509  ホームページ:http://www.tokengeotec.co.jp/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.