いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
VSL永久アンカー工法(ランクA) VSL協会

TOP特徴標準図施工順序SP型グラウト注入構成構成部材一覧表

施工順序
(1).削孔
 ケーシングを使用しながら所定角度でアンカー体設置地盤まで削孔します。

 
(2).テンドン挿入
 あらかじめ組み立てておいたテンドンをケーシング内に挿入します。

 
(3).グラウト注入
 1本の注入パイプにより、コルゲートシースの内部、外部にグラウトを注入します。

 
(4).グラウトのコントロール
 グラウトアダプタ-により、内部グラウトから外部グラウトへの切り替えを行います。

 
(5).ケーシング加圧・引抜き
 グラウトを加圧注入し、ケーシングを引き抜きます。 

 
(6).緊張・頭部処理
 グラウトが固まった後PC鋼より線を緊張し、定着させます。さらに防錆油を充填し、ヘッドキャップを取り付けます。

 
緊張機器 <SP型グラウト注入>
・グラウトアダプター ・スリーブバルブ
(1)内部グラウト
 弁を開放しておき、内部グラウトを確認する。
(2)外部グラウト
 弁を閉塞し、注入圧を上げる。
 
(1)内部グラウト
開放された内部注入口より、内部グラウトを行う。
(2)外部グラウト
昇圧された注入圧により、バルブ(ゴム)が開き、
外部注入口からグラウトされる。
VSL協会トップページ  

UP

[お問い合わせ]

VSL協会 http://www.vsl-assoc.org/
事務局:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目2番26号 立花新宿ビル5階  VSL JAPAN(株)内
TEL:03‐3346‐8913(代表) FAX:03‐3345‐9153

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.