いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

 『いさぼう工法ニュース』 http://isabou.net/ 平成22年1月5日号

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

明けましておめでとうございます。
2010年も「いさぼうネット」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------
   ★ 樹木を残しながら斜面を安全に!「ノンフレーム工法」 ★   
----------------------------------------------------------------------

平成19年に国土交通省から発行された「砂防関係事業における景観形成ガイ
ドライン」に代表されるように、環境や景観に与える負荷を軽減させる提案が、
技術者に求められるようになってきました。

例えば斜面防災の場合、十年程前までは斜面の樹木を伐採し、コンクリート
構造物で覆うのが“常識”。環境・景観を保全するという意識はほとんど
なかったかと記憶しています。
しかし近年、環境・景観に対する意識の高まりとともに、斜面防災でも
“周辺環境と調和させる工夫”が求められつつあります。

このような環境・景観保全のニーズを先取りして開発されたのが、
「ノンフレーム工法」。樹木を伐採しないで施工するという、当時としては
型破りな発想から誕生したこの工法は、自然斜面防災のパイオニアとして、
今も進化を続けています。その信頼性は、80万m2を超える豊富な施工実績が
裏付けていると言えるでしょう。

施工は、地中に長さ3〜5m程度のロックボルトを打設し、その頭部に支圧板を
取付けるというシンプルなものですが、支圧板どうしをワイヤロープで連結
するのが、「ノンフレーム工法」の大きな特徴。この連結構造が、斜面の
安定性を一層高めてくれるのです。

「ノンフレーム工法」の主な特長として
■施工後も元々の環境・景観を維持できる。産業廃棄物や建設副産物の発生も少ない
■コスト削減が可能
■施工上の制約が少なく、重機搬入路や施工ヤードの確保が困難な現場でも施工できる
■二次製品を用いるため、工期を大幅に短縮できる
■CO2吸収源である樹木を伐採しないので、地球温暖化防止に貢献できる

といったものが挙げられます。
こういった特長から、「ノンフレーム工法」は次のような場所で多く採用
されています。
■国立・国定公園などの自然公園や、景観保全が求められる場所
■崩壊地の周縁部(拡大崩壊の防止)
■民家密集地や道路防災等、重機が搬入できない現場、施工ヤードの確保が困難な現場

今後、建設分野においても、環境や景観に対する配慮は一層重視されていく
ことでしょう。そんな中、環境負荷が極めて少ない「ノンフレーム工法」は、
技術者としてぜひ知っておきたい工法の一つです。
もちろんNETISにも登録されています(No.CB-020050-A)。

技術資料に加えて積算資料、施工事例集等、関連情報も充実しています。
是非、ページをご覧いただき、資料請求してみてはいかがでしょうか。

▽資料請求、工法詳細はこちら 「ノンフレーム工法」(ノンフレーム工法研究会)
http://isabou.net/sponsor/non-frame/index.asp

--------------------------------------------------------------------
☆ こうほう新着 ☆
--------------------------------------------------------------------

■フロテックアンカー技術研究会

「斜面防災とグラウンドアンカーに関する技術講習会」のご案内。
[開催日]:平成22年1月28日(木)
[開催地]:札幌
[参加費]:無料
[主 催]:フロテックアンカー技術研究会

詳細・お申込みはこちらから
http://isabou.net/sponsor/ftec/index.asp


----------------------------------------------------------------☆☆
    ★ 「いさぼうネット」に工法を掲載しませんか?★
☆☆----------------------------------------------------------------

「いさぼうネット」では、「工法カタログ」に掲載する製品・工法を募集
しています。会員23,603名(平成22年2月末時点)を対象に、広告主様のニ
ーズに合わせた訴求ができます。特にいさぼうネットでは、
 ・地方から全国に広告したい!
 ・製品に対する技術者の反応を知りたい!
 ・商品のリリースや製品の価格改定情報など、一斉に情報伝達をしたい!
 ・自社ページを作成したが、アクセス数が伸びない!
などを解決するお手伝いができます。


 お問い合わせ・ご相談、なんでも受け付けます。お気軽にご連絡ください。
メールをいただければ、こちらからお電話させていただきます。
    
五大開発株式会社 いさぼうネット事務局(担当:高橋)
メールアドレス :
TEL : 050-3385-3063
FAX : 076-240-9585



◆◇◆ 「いさぼうネット」についてのお問合せは ______________________________________________

土木情報サービス『いさぼうネット』
http://isabou.net/
〒921-8051 石川県金沢市黒田1-35
五大開発株式会社 いさぼうネット事務局
TEL.050-3385-3063 FAX.076-240-9585
________________________________________________________________________________________◆◇◆
Copyright(C) ISABOU. All Rights Reserved.