下水道技術検定
(最終更新日:2018/05/22)

資格内容

  下水道技術者の不足に対処するためには、上水道、工業用水道、河川、道路等の下水道類似部門から下水道部門への技術者の円滑な転換導入が必要であるが、隘路となる法定資格付与について技術検定制度により短期取得の方策を講じ、転換、導入を促進するとともに、有資格者の増加による的確な事業実施及び維持管理を図ることを目的とした制度である。
 受験資格について制限はなく、だれでも受験できる。

検定区分

3つの検定区分があり、受験者は1つを選ぶ

●第1種技術検定
下水道の計画設計を行う為に必要な技術が問われる

●第2種技術検定
下水道の実施設計および下水道の設置・改築工事の監督管理を行う為に必要な技術が問われる

●第3種技術検定
下水道の維持管理を行う為に必要な技術が問われる

申込受付期間

平成30年6月25日(月)〜7月18日(水)

試験日

平成30年11月11日(日)

試験地

札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市及び那覇市

試験手数料

●第1種技術検定   12,000 円
●第2種技術検定   9,000 円
●第3種技術検定   9,000 円

合格発表

●第1種技術検定
平成31年2月1日(金)
●第2種・第3種技術検定
平成30年12月21日(金)

問い合わせ先

地方共同法人 日本下水道事業団
研修センター 研修企画課(技術検定担当)

〒335−0037
埼玉県戸田市下笹目5141
TEL:048−421−2076
 
試験の詳細ページは、こちらをご覧ください。


 

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.