登録グラウト基幹技能者
(最終更新日:2018/09/25)

内容

グラウトエ事における技能者は、地盤改良作業に必要な注入の一連の作業である事前準備、削孔機械の据付、削孔作業、注入作業、注入パイプの引き抜き、注入箇所の移動、孔埋め作業などの直接作業に従事しております。
しかし、技術者である施工監理者(施工業者)や現場管理者(元請)との意思疎通を通じて、施工にあたって求められる地盤の特性、注入材料・機器の性能、安全・品質・工程・原価等の管理、第三者事故防止などを正しく認識したうえで、現場の状況に応じた施工方法の提案・調整ができ、施工管理を円滑に遂行できる十分な経験と熟達した作業能力、施行技術の進展等に適応した知識、また、現場をまとめ体系だった効率的な作業が遂行できる作業管理能力を有し、現場の中核としての役割を担うレベルの高い上級職長が登録グラウト基幹技能者です。

受験資格

・当該基幹技能者の職種において、10年以上の 実務経験
・実務経験のうち3年以上の職長経験
・実施機関において定めている資格等の保有
  (1級技能士、施工管理技士等)
・従来の「基幹技能者」としての実務経験が1年以上
 (受講要件に含めず、登録基幹技能者 講習修了証の交付要件とする事も可)
※実施機関は、受講者要件を厳格に審査。

申込受付期間

平成30年6月18日(月) 〜 7月20日(金)

試験日

○東京会場:平成30年9月1日(土)・2日(日)
○大阪会場:平成30年9月1日(土)・2日(日)

合格発表

平成30年10月初旬予定(協会ホームページに公表、所属会社に郵送)

問い合わせ先

一般社団法人 日本グラウト協会
〒112−0004 東京都文京区後楽1-1-2 春日ビル9F
TEL:03−3816−2681
FAX:03−3816−3588

試験の詳細ページは、こちらをご覧ください。

 


Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.