いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
新刊案内「歴史的大規模土砂災害地点を歩くU」著者:井上公夫(砂防フロンティア整備推進機構 専門研究員)

 
「歴史的大規模土砂災害地点を歩く(そのU)」

 発行所:丸源書店  

 2019年8月20日発売

 (B5判,オールカラー,306p.)

 定価:6,000円(+税) 

 著者割引:4,800円(+税)

 − 自然災害列島の砂防関係者、
  理学・工学、全国市町村の防災関係者におすすめ −

 

推薦の辞

 本書(そのU)は,昨年6月に刊行された前書(T)に引き続き,井上公夫氏が36年間の日本工営株式会社,13年間の一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構に在職中の期間を通して,調査・研究されてきたことをもとに書かれた「歴史的大規模土砂災害地点を歩く」というシリーズコラムの31〜50回分をまとめたもので,発生年月日と発生場所を特定できた事例が紹介されている.
 本書の目的は,「過去の災害に学び・生かす」ことにある。このシリーズコラムは,関心のあるところから読み始めればよい.推薦者は広島に在住しているので、「コラム46,47」を読んでみた.「コラム46」の図1(上図)に示されているように,広島湾岸地域は明治・大正・昭和・平成の150年間に繰り返し土砂災害が発生したことがわかる.
 平成26年(2014)8月20日未明,広島市安佐南区から安佐北区にかけて局地的な豪雨により発生した数多くの土石流が多数の人家をおそい,甚大な被害が生じた.この地域には,天文元年(1532)春に,勇者香川勝雄が大蛇退治をしたという話が「コラム46」でつぎのように紹介されている。大蛇とはもちろん土石流のことであろう。 「香川勝雄がはねた大蛇の首は七八町(700〜800m)南東に飛んで田の上におち,また西へ一町(100m)飛んで田の上におちた.勝雄が大蛇の首を刎ねた太刀は近くの光廣神社に奉納された(現在行方不明).」現地に行くと土石流扇状地が連なった地域で,八木地区にある「蛇王池の碑」(右上写真,420年遠忌の昭和27年(1952)に建立)や「光廣神社」が現存する.この地区はかつて「蛇落地」と呼ばれていたが,現在は「上楽地」という地名に書きあらためられたという.戦後の広島市域の拡大にともない,この地域はベッドタウンとして宅地開発が進み,多くの住宅が建設された.そして再び土石流に見舞われた。
 平成26年(2014)の土砂災害の現地を歩くと,この伝承を行政当局や地元民が知っていたら,豪雨時に異なる対応がとれたのではなかろうかと思われる.
 防災・砂防関係の調査・研究者だけでなく,市町村の防災関係者や一般の方々にも,本書を片手に歴史的大規模土砂災害地を訪ねてみることをおすすめしたい.

2019年7月 
 広島大学大学院総合科学研究科環境自然学講座
 海堀 正博

「歴史的大規模土砂災害地点を歩く(そのU)」

 目次

目次 拡大表示

目次:拡大表示 

  
ご注文について  

ご注文(予約販売,9月30日まで・著者割引)


 

『歴史的大規模土砂災害地点を歩く(そのU)』
井上公夫著
2019年8月刊
発行所:丸源書店
定価:6,000円(+税)

著者割引(いさぼうネットの読者を含む)20%OFFにて,5,280円(税込)
 ※送料は無料です。
 ※2019年10月1日以降より、著者割引は、5,280円(税込)になります。

書籍ご注文ページへ

『歴史的大規模土砂災害地点を歩く』
井上公夫著
2018年6月刊
発行所:丸源書店
定価:6,000円(+税)
 
著者割引(いさぼうネットの読者を含む)20%OFFにて,5,280円(税込)
 ※送料は無料です。
 ※2019年10月1日以降より、著者割引は、5,280円(税込)になります。

書籍ご注文ページへ

  

■ご注文に関するお問い合わせ先

 株式会社創造社(創造書房)
 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館B1
 TEL:03-3261-7000 FAX:03-3264-8401  E-mail:shobou@sohzoh.co.jp

 
 

お問い合わせに関して

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.