いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
 
 

『名前が変だよ』

戻る

2008年09月17日

「三笠フーズ」報道に端を発した事故米騒動が、大きな広がりを見せている。洒落ているつもりはないが、汚染された事故米の不正転売汚染がついに消費者にも及び、既に口にしている人達がいることも判明してきた。健康被害の報告は未だ無い様だから安堵しているところだが、汚染の広がりは深刻だ。

入り口が狭い洞穴の奥を照らしてみたら思いの外広く、人を化かすとされる狐や狸がゴロゴロと巣くっていた、と言ったところだろうか。これから先何が出てくるのか、非難の矢面に立たされている農水省も、内心ヒヤヒヤものだろう。管理監督する立場としては、焼酎や清酒或いは菓子類等に加工されていたのは想定内として、この悪質な詐欺行為が三笠フーズ以外の業者でも行われていた事や、既に病院や高齢者施設等で食事として出されていた事は想定外だったのではないだろうか。

"だから"というわけでは無いだろうが、流通経路の発表に及び腰だった農水省の対応や、「……あんまりジタバタ騒いでいないんです」との太田農水大臣の発言を聞いていると、この問題に対する消費者との余りに大きい危機感の違いを感じずにはいられない。「坊主憎けりゃ……」ではないけれど、そもそも「事故米」という名前の付け方も気に入らない。

 

スーパー大辞林によれば、「事故」とは「悪い出来事。思いがけず起こった災難」とある。一方、「事故米」とは、編集中のWikipediaによれば「水に濡れたり黄変米となったり、カビや基準値を超える残留農薬が検出されて食用に回せない米」と説明されている。確かに、この二つの説明が合理的に繋がれば、直感的な違和感は然程ない。つまり、食用に回せなくなった理由が"思いがけず起こった災難"によるものであれば、「事故米」の名称使用は十分でないにせよ何とか納得できる。例えば、農水省が買い入れた後に保管設備が地震や洪水等による被害を受け、水に濡れたり黄変米となったり或いはカビが生えたりした事は、「思いがけずに起こった災難」とみなす事はできるだろう。

しかしである。仮に受けた災難が「事故」だったと認定されても、「事故米」の命名や使用には疑問が残る。

 

我々一般消費者は、今回の事件で初めて「事故米」なる言葉があることを知った。しかし、「事故米」がどういう米をさしているのか、おぼろげながらその概要が見えてきただけで、詳細な定義は今もって知らない。使われている単語から素直に推測すると、「災難を受けた米」という理解になり、其処には「健康被害を生ずるかもしれない物質に汚染されている米」の意識は全くない。つまり、「事故米」は、極めて"あやふやな表現"なのだ。

もう少し穿った見方をすれば、敢えて"あやふやな表現"にしているのではないかとも見て取れる。今多くの会社で「見える化」や「見せる化」を推進し、課題の把握と解決に向けた取り組みをしているのに比べると、「事故米」は意図的にその実態を「見せない化」しているように思えてならないのだ。何故、素直に「汚染米」ではいけなかったのだろうか。「黄変米(おうへんまい)は"汚染米"と違う」というのであれば、「汚染米」と「黄変米」に分ければ済む事だ。健康を害する恐れのある物を管理しようとしたら、「分かりやすさ」が基本中の基本だと思う。極力 "あやふやな表現"は避けるべきだ。

 

そしてもうひとつ、「事故」という言葉に関して"わだかまり"を持っている事がある。それは、「運搬の途中で水に濡れたりカビが生えたり、或いは残留農薬が検出されたりした事が、米を購入した日本にとって果たして事故と呼べるのか」ということだ。輸出国や購入業務に携わった会社――例えば商社等――にとっては確かに事故だろう。しかし、日本にとっては事故でもないし、ましてや日本が責任を持つ話でもない。そもそも、購入するのに値しない米の筈だ。そんな米まで購入していたのでは、国民はたまったものではない。国民の税金で購入するのに、購入の時点で食用に適さないと分かっている米を日本国内に入れるべきではないし、どう考えても「事故米」と呼ぶのは相応しくない。そういった米は「汚染米」と呼び、水際で断固阻止されるべきだ。

そんな声を知ってか知らずか、農水省は先ごろ「今後は輸出国への返却や焼却処分をする」と発表した。しかし、この発表にも不安は残る。返却は当然の事として、焼却処分した米の代金はどこが負担するのだろうか。そこまでお人好しではないと思っているのだが……。

 

16日の時点で、不正転売が判明した業者は4社になり、仲介等これに関わった業者は「三笠フーズ」関連だけで既に370社を超えたという。この様子だと、まだ暫くは収束しそうにない。次から次へと新たな事実が明らかになるこんな状況を見ていると、私がこだわっている「事故米」の表現が「汚染米」になったからといって、すぐに今回のような不正がなくなるとは思えない。やはり、監督官庁の厳しい監視も必要だろう。

しかし、たかが表現ではあるけれど、「分かりやすい表現を使う」というのも大変重要な事だ。大仰な言い方をすれば、国家ができる国民への「見せる化」のひとつだと思っている。ひいては、国民の"監視の目"を育てることに繋がる筈だ。いつの時代でも、健全な社会では納税者の鋭い"監視の目"が一番の抑止力であるべきだ、と思っているのだが……。

【文責:知取気亭主人】

 

夾竹桃

戻る

 

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.