いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『暖かい靴下は如何?』

 

2009年10月21日

私の足は、日本人男性の標準サイズよりも"少しだけ"大きくて、尚且つ"本当に少しだけ"幅が広い。サイズに関してはたったそれだけのことなのだが、厄介なことに脂性でもある。この脂性が中々の曲者で、思わぬところで苦い思いをさせられることになる。実は、脂性の足には悩ましくも重大な欠点があるのだ。その欠点が災いして、中学生の頃から苦労してきた"大きな靴探し"に加え、社会人になってまた一つ新たな悩みが増えてしまった。

 

学生時代は一日中靴を履きっぱなしということが殆ど無く、また頓着が無かったこともあって気が付かなかったのだが、社会人になり一日中長靴や革靴を履くことが増えたため、靴を脱いだ時に足元から漂う一種独特な異臭に気付かされるようになった。臭いのだ。アフターファイブに靴を脱いで食事や酒を楽しむ店に入ろうものなら、羞恥心にさいなまれる事になる。"オナラ"ならば、一瞬のことでもあるし、「誰だ、ラッパを吹いたヤツは?」と誤魔化すこともできるのだが、足や靴下の臭いともなると、いつまでたっても我が身から離れてくれない。すると、当然のことながら、他人に罪をなすり付け知らん振りを決め込むのは、至難の業となる。いくら隠そうと思っても、「臭いの元」は直ぐに知られてしまうのだ。

 

ところが、そんな悩みを見事に解決してくれた"優れもの"がある。5本指の靴下だ。愛用し始めてもうかれこれ20年近く経つが、有り難いことにこの靴下を履き始めて以来、本人でも不快に感じたあの臭いを、気にしなくて良くなった。指の間に汚れた油が溜まらなくなったことが幸いしたのか、あの不快な臭いがしなくなったのだ。しかも、臭い解消に役立つばかりでなく、指が独立しているため指夫々に力を込めやすく、登山やウォーキングなどの運動にも適している。

ただ、この5本指の靴下、これまで色々なメーカーのものを買い求め使用してきたが、大きなサイズが無かったり、生地が厚くて夏用には不向きだったりして、中々気に入るものが無い。特に、私に合う27〜28センチのサイズとなると、滅多に無い上にデザインや色が至極単調になってしまう。娘が買ってくるものと比べると、男女の違いもあるのだろうが、黒か紺、あるいは白と相場が決まっている男性用は、下の写真を見ても分かるように、いかにも野暮ったい。「指毎に絵が欲しい」とまでは言わないが、せめてもう少しカラフルな5本指靴下が欲しいとずっと思っていた。

 

写真①
左が娘用、右が我輩用

 

ところが、あるところにはあるのもで、先日の日曜日(10月18日)、とあるバザーでとっておきの掘り出し物を見つけた。初めて見るカラフルな色合いの靴下が3種類、クルクルと丸められて売られている。商品を丸めてある帯には、「天然染めソックス」と書かれていて、例えば下の写真②の靴下は、「タマネギ」で染めてあるという。綺麗に染まるものだ。模様は、絞って地の白色を残すことで、独特の味わいを出している。基本の染め色は3色だけだが、一足一足オリジナリティーがあってとても面白い。

 

写真②
タマネギの外皮で染めてある

 

 

エコシルク(生糸をとった後の繭をつむいだ糸)で編み上げてある、と説明書きに記されていて、確かに肌触りが良い。しかも、嬉しいことに男性用のサイズが26〜28センチとある。滅多にお目に掛かれないサイズだ。勿論早速買い求め、嬉しくて、その日のうちに履いてみた。そして、生まれて初めて"靴下に包まれた我が足"を写したのが写真Aだ。親指と薬指、そして甲の部分の模様が、なんとも面白い。

 

この靴下、障害がある人を支援するNPO法人地域支援センターポレポレ(金沢市)の「ぽれぽれ工房 山の家」――「ポレポレ」とはスワヒリ語で「のんびり、ゆっくり」という意味だという――で作られたものだ。障害を持つ皆さんがどの工程に携わって出来たものか詳らかではないが、恐らく全工程に彼らの技が発揮されているのに違いない。だからなのだろう。模様の一つ一つ、一足一足違う染まりの濃淡を見ていると、"手作りの温かみ"が伝わってくる。履き心地も凄く良いし、第一暖かい。これからの季節にピッタシの一品だ。

 

そこで皆さんにお勧めしたい。これまで足の臭いをグッと我慢してきたそこの貴方、あるいは既存の5本指靴下に満足していないそちらの方、凡そ20年間の長きに亘り5本指靴下を愛用してきた私からのお薦め商品だ。一足一足手染めのため、男性用1200円、女性用1000円、子供用800円とやや高めだが、お値段だけのことはある。必ずや"足"も"心"も温かくなること請け合いだ。是非、是非お試しあれ!

 

なお、「ぽれぽれ工房 山の家」の連絡先は次の通り。皆さんのご注文をお待ちしています!

電話 076−287−3414

【文責:知取気亭主人】

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.