いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『今時のプレゼント』

 

2011年6月8日

クリスマス、バレンタインに誕生日、そして入学や卒業などの記念にと、小売業界の販売戦略に踊らされている事もあってか、昔に比べると何かに付けプレゼントをやり取りする事が増えてきた。プレゼントなどに気を配る余裕など無かった我々世代の子供の頃に比べれば、「不況だ、何だかんだ…」と言われながらも、「それだけ豊かになってきた」と言うことなのだろう。また、「プレゼントをしようとする気持ちになる」という事は、その人にとってはそれだけ今が平和だという事でもある。華美になりすぎたり、虚勢を張って分不相応に高価なものをあげたりするのはいかがなものかとは思うが、相手に感謝の念や思いを伝えるのは、素晴らしいことだ。そんな純な気持ちは、何時までも失いたくないものである。

 

ところで、プレゼントをする記念日と言えば母の日や父の日などが代表的な例で、この二つの記念日は、もはや国民的行事となってきた感がある。親子の絆や情愛の深さの現れでもある。小さな子供時代から自分に孫が出来るような年齢まで齢を重ねても、いつまで経っても“親は親”である。そして、親にとっては、幾つになっても“子は子”なのである。一年に一度、そんな父や母に感謝の念を表すのは、大切なことだ。物でなくても、遠く離れている場合には“声”や“手紙”といったプレゼントなども、親にとっては嬉しいものだ。長い間会っていない場合には、手土産と共に帰省して顔を見せてやることなどは、最高のプレゼント、親孝行だと思う。そういった、どちらかというと精神的なプレゼントが、親にとっては嬉しいものである。だから、と言って“物では駄目”というわけでは勿論無い。子供が描いてくれた絵や工作、そして思いがけず貰った全てのプレゼントが、親にとっては何物にも代え難い、嬉しいプレゼントなのである。

 

ところで、子供は何を贈るか一生懸命考えて選ぶのだが、プレゼントの内容は、子供が成長するに従い変わってくる。特に、就職して自分でお金を稼ぐようになってからは、お小遣いの範囲でしか買えなかった子供時代と比べると、より高額な物になってくる。ただ、母の日は、「いつまでも美しく」という思いを込めてなのか、定番のカーネーションを中心に花が多いように思う。我が家の子供たちから家内へのプレゼントも、その昔は「その日限りのお母さん代行」と称して台所に立つこともあったりしたのだが、就職してからは花が中心になってきたように感じている。

そんな母の日に比べると、父の日は色鮮やかなシンボルフラワーが無い分、今ひとつ店頭での盛り上がりに欠ける。それではと、“父の日のシンボルフラワー”を考えてみたが、6月と言えば梅雨、梅雨と言えばアジサイ、と連想ゲームで浮かんで来たのは、心変わりを表すと言われるアジサイだ。根拠はなくても「浮気性な貴方にピッタリ」との言葉が添えられそうで、シンボルフラワーとしては、ご遠慮願いたいところである。

話は横にそれたが、母の日に比べて盛り上がりに欠ける分、そしてシンボルフラワーが無い分、プレゼントの許容範囲はかなり広い。ネクタイにハンカチ、靴下、酒、そしてゴルフグッズなど、仕事から遊びまで結構なんでもプレゼントになる。以前二女からもらった“ハート形のサボテン”など変わり種プレゼントもある。“変わり種”と言えば、父の日だったか誕生日だったか忘れたが、娘二人から“褌”をプレゼントされたことがある。所謂、クラッシクパンツと呼ばれるやつだ。その時は、こんな面白いものがプレゼントになるんだ、と驚いたものだが、今巷では「ステテコ」が“父の日プレゼントの主流”に躍り出ようとしているらしい。以前、この四方山話(第360話「出口が見えない」)で私が「中着」と定義したやつだ。

 

そのステテコ、私はズボンの下に穿くものと思い込んでいたのだが、最近は、半ズボンの代わりなのか部屋着としても使われたりしているらしい。その上、白やねずみ色など“下着色然としたモノ”しか持っていない私からすると、「エッ、これでもステテコ?」とビックリするような色合いのモノも出始め、外出着としても着用できるというのだ。外出着として使えるとなると、夏になると私も愛用する“甚平”とはどこが違うのだろうか。違いが分からない。頭の固い私からすると、「下着は下着だろう!」となるのだが……。

ともあれ、ステテコそのものをプレゼントすることは、全く問題ない。しかし、下着と上着の境界を曖昧にしてしまうのは如何なものだろうか? 女性のファッションでも下着と見紛うモノが増えてきているが、その手のファッションは、ある意味男性への挑戦である。余り過激になり過ぎると、性犯罪を助長しかねない。男性とて同じような犯罪に遭わないとも限らないのだから、下着は下着としていてもらいたいものである。

【文責:知取気亭主人】
  


ハナガサシャクナゲ(花笠石楠花)

 父の日のシンボルフラワー、これでどうかな?  

 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.