いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『身に覚え有りませんか?』

 

2012年10月10日

先々週の週末、面白いラジオ番組を聞いた。NHKの「すっぴん」という番組だ。NHKアナウンサーと曜日毎に異なるパーソナリティーの二人が、色々な情報や話題を紹介する番組だ。その中に視聴者参加のコーナーがあって、あるテーマについて視聴者から便りを募集してそれを紹介している。先々週の金曜日は、「言い間違い」がテーマだった。

運転しながら、眠気覚ましにとその番組を聞いていた。ところが、「言い間違い」のコーナーが始まると、眠気覚ましの効果どころではなく、余りの面白さに思わず声を上げて笑ってしまった。中でも、電波状態が悪いところで聞いたのが一番気に入っている。雑音が激しくて「一言一句聞き漏らすことなく」という訳にはいかなかったが、耳に残っている最初と落ちの所だけで十分で、すこぶる面白い言い間違いだった。

途切れ途切れにしか聞けなかったので想像や勝手な脚色があるであろう事と、投稿された方に許可も得ないで紹介する図々しさをお許し願いたいが、「たまにはこの四方山話で大笑いするのも良いだろう」という事で、今回は、私が腹を抱えた“言い間違い”の幾つかを紹介したい。まずは、くだんのNHKラジオからだ。

会社での会議の席上だったという。視聴者からの便りには、「社長が、『会社をやめた!』と言ってしまった」と書いてあるらしい。スワッ倒産か、と思ったのだがどうやら違うらしい。ある大事なプロジェクトの会議で、プロジェクトが中々進まないのに業を煮やした社長が、「もう“サジ”は投げられたのだ!」と大きな声を上げた。勿論、一同ギョッとしたらしい。でも、どうやら「もう“サイ”は投げられた」と言いたかったらしい。同じ投げるにしても、“サジ”を投げてしまってはね〜ぇ!

もう一遍も、「すっぴん」から紹介しよう。あるバーでの事。カウンターに座った素敵な紳士が、いかにも慣れた仕草でバーテンにお酒を注文した。「“マタニティー”下さい」と。聞いていた私達は笑いを堪えるのに必死だったが、お店の人は何事も無かったように、“マティーニ”を作って出していた。さすがプロ!

如何だろう。少しは頬の筋肉が緩んだだろうか。それでは、いよいよ私の身の回りで見聞きした言い間違いを紹介しよう。まずは、私の言い間違いから。

我が家の住人は、私を筆頭に、結構ダジャレが好きだ。家内も良く言う。何時だったか、家内が言ったダジャレに大笑いした後、私が一言。寒いギャグだと冷やかすつもりで、「それって親父“ギャル”?」。それを聞いた、家内と娘が再び大笑い。頭の中は「親父“ギャグ”」だったのに…。

友人のお母さんの話。友人の話だと、このお母さん、結構な天然だという。電話でホテルに予約を入れていた時のこと。横で聞いていると、どうやら到着時間を聞かれたらしい。ところが、突然、それまでのホテル予約には相応しくない言葉が飛び出した。「“ベッドイン”の時間は…」と。「“チェックイン”の時間は…」と言うべきところを言い間違えた、と直ぐに気が付いたが、お父さんと友人は、顔を見合わせて、「勝手に寝たら!」と呆れ顔だったという。

再び私の失敗談。義弟の所で料理の話をしていた時のこと。義妹が料理手順を説明していて、「○○した後、電子レンジで“チン”すれば良いのよ」と聞いた私、料理もロクにできないのに興味だけは強く、彼女の言い方をそのままなぞったつもりで「電子で“レンジ”すればいいの?」と大きな声で聞き返した。高尚な料理講習会は、訳の分からぬ爆笑寄席になってしまった。恥ずかし〜ぃ!

最後は、妻の言い間違い。本人からの申告のためその場に居合わせていないのだが、聞けばよく犯しそうな間違いである。友達と話をしているとき、忙しい身の回りの状況を説明するのに、「これから夕方までね、○○や△△をしなくちゃいけなくて、結構“あわだたしい”の!」。ん?どこかオカシイ。

そう、忙しい時は「泡を立てる」のではなく、「あわただしい=慌ただしい」が正解だ。でも、良く考えないとどちらも正解のように思えて来る。こういった紛らわしい言い回しは、手紙を書くときもそうだが、ハタと一瞬迷ってしまうと、もういけない。どちらが正しいのか分からなくなってしまう。実にハタ迷惑な言葉である。

さて、如何だっただろう。最後は高尚に締めたつもりだが、仕事で溜まった疲れが少しは取れただろうか。取れなかった方は、是非ご自分の失敗を思い出して頂きたい。きっと、一つや二つ、皆さんも身に覚えがある筈だ。それを、家族や友人に披露してみてほしい。あなたは、その場のヒロウになる筈だ。ウン?何かおかしい?

【文責:知取気亭主人】

  
マンジュシャゲ(言い間違いではない、彼岸花の別名)
 

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.