いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『イノシシにも都市伝説?』

 

2018年12月12日

「都市伝説」という、本当に伝説がありそうな、まことしやかな言葉がある。ネットの「goo辞書」で調べると、その意味は、「都市化の進んだ現代において口承されている話。出所が明確でなく、多くの人に広まっている噂話。」と説明されている。現代というのがどれくらい前からを言うのか定かではないが、感覚では、使われるようになってここ20年ぐらいしか経っていなのではないかと思う。その感覚は凡そ合っているのだろう、手元にある26年前の『広辞苑 第四版』(第二刷、1992)には記載されていない。

ではどんな話が都市伝説の類かと言えば、例えば、「クッキーのナンバープレートを1日に3回見ると、その日は幸運に恵まれる」などというやつだ。2年生になる孫娘の学校仲間の間で流行っている噂話らしい。軽自動車のナンバープレートに関するものだ。良く見る軽自動車のナンバープレートは黄色地に黒の文字でナンバーが書かれている。ところが、郵便物を運んだり宅配便などを運んだりする、事業用に使われる軽自動車は逆で、黒地に黄色の文字でナンバーが書かれているのだ。「クッキー…」の“ク”は黒、“キー”は黄色を示しているらしい。

確かに、事業用車両として使われている軽自動車を見かけるのは、以外に少ない。金沢の様な地方都市では、軽自動車自体は多いのだが、圧倒的に自家用利用が多いからだ。日中校舎の敷地外に出ることの殆どない児童に比べ遥かに市街地に出る機会の多い私でさえ、クッキーナンバーはそんなに見かけない。もっとも、注目していないから目に入ってこないのが本当の理由なのだろうが、少ないのも事実だ。「そんな珍しいものを三度も見るのだから幸運が舞い込んでくるに違いない」という、孫には言えないが、他愛もない話なのだ。「goo辞書」の説明に照らし合わせれば、典型的な都市伝説と言って良い。

このように、「都市」という単語が付いている以上、“ヒト”と“ヒトが住む都市”にまつわる噂話だけが「都市伝説」だと思っていた。ところが、どうやらそうではないらしい。ヒト以外の動物に対して使っても良いらしい。とある新聞の一面に、私の思い込みが間違っている事が分かる、面白い記事が載っていた。使用する語句の意味や言い回しなど、表現に対しては細心の注意を払っている新聞記事が使っていることを考えると、どうやらヒト以外に使うことも決して間違いではないらしい。では、どんな動物に使っているかと言えば、来年の干支であるイノシシに、である。

12月3日の朝、郵便受けに新聞を取り行き、手に持った瞬間に、一面に書かれた「イノシシ通説誤り」の大きな文字が目に飛び込んできた。北陸中日新聞の朝刊だ。「積雪30a70日 越冬できない」との大きな文字も書かれていて、これが“イノシシに関する通説”という訳である。しょっちゅうイノシシ出没のニュースが流れてくる今と違って、私が若い頃には、北陸でイノシシを見たという話はほとんど聞いたことがなかった。そこから、北陸にイノシシがいないのは雪のせいだ、との都市伝説が出来上がったのだろう。

とは言うものの、「積雪30aが70日間続くと越冬できない」などと、具体的な閾値を聞いたことはなかった。ただ「イノシシは足が短いので、積雪が深くなると腹がつかえて動けなくなる」という笑い話のような話は聞いたことがあった。イノシシの体形を考えると妙に説得力があって、「だから雪深い北陸の野山にはイノシシがいないのだ」と信じ、誰彼となく吹聴したものだった。が、これが間違い、都市伝説だったと言うのだ。

新聞記事に依れば、事都市伝説の発端は、1978年(昭和53年)度に行われた環境庁(当時)によるイノシシの分布調査だった、としている。この調査の結果、西日本を中心に多くの地域で生息が確認される中、先の閾値を超える地域での生息率は僅か3.3%だったというのだ。これを受けて報告書には、積雪地域で生息が認められないのは主に積雪が原因している、と書かれたらしい。どうやら、これが都市伝説の根拠になっているらしい。

ところが、生息率が低かったのは、全く違う原因だったとみられている。調査前の明治・大正期に多数捕獲されたことや、昭和初期まで豚コレラが頻発して北陸や東北地方で絶滅したことにより、調査時にたまたまイノシシがいなかっただけだったらしい。タイミングが悪かったということだ。最近頻発する石川県内の目撃情報を知ると、そうなのかも知れないなと思えてくる。しかし、「イノシシは足が短いので…」を面白おかしく信じていた自分としては、何となく味気なくなってしまう。

いっそのこと、新たな都市伝説を生み出して、イノシシなどの獣害を減らすというのはどうだろう。例えば、ひと月の間にイノシシ肉とシカ肉を2回ずつ食べると体が丈夫になって足が速くなる、などはどうだろう。これに、もう1回増やして月に3回ずつ食べると、体脂肪率が減って若返る、というのはダメだろうか。「お肌にも良い!」を加えたら、女性の間で流行る都市伝説になること間違いないと思うのだが…。

【文責:知取気亭主人】

こんな時季なってきました
こんな時季なってきました

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.