いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『何でも準備が大事』

 

2020年2月26日

23日の日曜日、埼玉県に住んでいた次男夫婦が、我が家の近くに引っ越して来た。年度替わりではない今どきの時期の引っ越しは珍しいが、次男の転勤に伴うものだ。結婚式の時から来賓の上司に言われていた転勤が、やっと実現したらしい。次男にとっては、就職以来三度目となる引っ越しである。私自身も同じ市内間での引っ越しではあるが二度経験しているから、引っ越しの要領というか、引っ越しの際にはどんなところに注意をしなければいけないのか、ある程度分かっているつもりだった。ところが、彼らの引っ越しを手伝いながら、こんなところにも注意を働かせないといけないのか、と驚いている。私のこれまでの経験が余り通用しないのだ。

昔に比べると何かと気ぜわしない現代のこと、引っ越し先の新居を探すのにも、そんなに時間的な余裕があるわけではない。1泊2日位で来て、そそくさと決めなければならないのが通例らしい。次男の場合も似たり寄ったりだ。しかも、共稼ぎだと、両方の職場への通勤や子供を預ける保育園のことも考慮しなければいけないから、一人で来て勝手に決めるという訳にもいかないらしい。また、小さな子供を抱えていると、たとえ爺婆のところに預けたとしても、それこそ気ぜわしくて、物件をゆっくりと吟味する余裕はないのだろう。必然的に、引っ越してみて気付く盲点が幾つも出てくることになる。

その上、昔に比べるといろいろな生活用品が電化されたことや、昭和の時代から既にあった電化製品でも高機能化しコンセントを差し込めばすぐに使える時代ではないことも、盲点が増える原因となっている。それに加えて、洗濯機に冷蔵庫、そしてテレビ、どれもこれも我々の新婚の頃と比べると全てが大きくなっている。特に、洗濯機と冷蔵庫の大型化は、建物が古いと厄介だ。下手をすると収まり切れない場合も出てくるからだ。今回の場合、洗濯機がそうだった。

私の新婚当時の洗濯機は、洗濯槽と脱水槽からなる2槽式だった。それがやがて、同じ槽で洗濯も脱水も行える1槽式の全自動洗濯機が出てきた。今から20年ほど前だっただろうか。そして今では、洗濯から乾燥までを1台でこなしてしまう洗濯乾燥機まで出てきた。こうした高機能化や一度に洗える量が増えてきた事により、以前に比べるとかなり大型化してきている。そうなると、設置する場合の制約条件として出てくるのが、“洗濯パン(受け皿)の大きさ”と洗濯機に繋ぐ給水ホースを取り付ける“蛇口の高さ”である。

果せるかな、次男が持ってきた洗濯機は背が高く、蛇口が邪魔になって洗濯パンの真上に設置することができない。手前にずらすしかないのだ。アパートの定礎が平成10年(1998年)とあったから、凡そ20年前の建物である。リニューアルされていたのか内装は奇麗だったが、20年前となると、凡そ30年前に建てた我が家の蛇口も低かった様に、当時の洗濯機は軒並み背が低いタイプの物しか出回っていなかったのかもしれない。結局、対策として高さ調節も兼ねた厚手の免振ゴムを用意して、洗濯パンをはみ出して設置することにし、何とか事なきを得た。やれやれである。ただ、横の隙間も殆ど無いほどキチキチだ。

次に盲点が発覚したのは、テレビである。初めて手にした4Kの録画チューナーに感心しながら、頼まれた配線をした。壁から出ているテレビアンテナのジャックに録画チューナーを繋ぎ、次にチューナーとテレビとも繋ぎ準備万端整った、と判断してリモコンスイッチを入れた。ところが映らない。次男があれやこれやと操作して、そのうちやっと映ったと思ったら、録画されていた昔の番組表しか出てこない。原因を考えていてふと浮かんだのが、映像データの配信方法の違いである。

アパート特有の共同アンテナによる地デジやBSテレビの受信方法ではなく、我家と同じケーブルテレビではないか、と思ったのだ。我が家の付近一帯は、25年余り前に建てられた金沢駅前の高層ビルによって電波障害が発生する恐れがあったことから、無条件でケーブルテレビになった経緯がある。我が家とは2kmほど離れているが、次男夫婦が借りたアパートもひょっとしたら、と思ったのだ。スマホで契約書を確認すると、思った通りケーブルテレビと書いてあるという。こうなると、ケーブルテレビ専用の録画チューナーを買わなければいけない。厄介である。子供番組で録画したいのがあったらしいが、諦めるしかない。結局、落ち着いてから契約することにしたらしい。

冷蔵庫も大型化による難題が発覚した。キッチンの造りから、冷蔵庫の設置場所はおのずから決まってしまうのだが、するとどうしても冷蔵庫のドアがガラス戸に当たってしまうのだ。運び込んで初めて気が付いたという。今現在あれやこれやと思案中だが、なかなか妙案が浮かばない。いずれ何とかなるとは思っているが、改めて準備がいかに大事か、思い知らされた次第である。新型コロナウィルスも、ねぇ…。


【文責:知取気亭主人】


目隠し用に取り敢えず着けただけだが、寸法を確認しないと…
目隠し用に取り敢えず着けただけだが、寸法を確認しないと…

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.