いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『テレワークあれやこれや』

 

2020年6月3日

前話から1週間経った日本時間6月3日午前4時半の時点で、世界の新型コロナウイルス感染者数は632万人を超え、死者数は38万人に迫る勢いだ(ジョンズ・ホプキンス大学による集計、NHK NEWS WEB)。1週間でそれぞれ、約78万人と約3万人増えたことになる。いつになったらこの話題が下火になるのだろう。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が横浜港に到着したのが2月4日。日本におけるコロナ騒動はその日以来と言えるから、やがて4ヶ月にもなる。ところが、なかなか終わりが見えない。終わりの見えない戦いは辛い。もういい加減にしてほしいものである。

ただ、深刻なダメージを受けている業種の方には申し訳ないが、私にとっては、貴重な体験ができた4ヶ月間とも言える。生まれて初めて、テレワークをやってみたからだ。テレワークと言っても、会社のパソコンを自宅から操作する、という単純なことしかできていないが、一応外向けには詳しい説明はせずに、「私もテレワークしていますよ!」と虚勢を張っている。そのテレワークも、5月半ばに石川県の緊急事態宣言が解除されたことを受け、5月一杯で一旦終了となった。そこで、ひと月余りの期間中に私が体験し、気付いた、“テレワーク中のあれやこれや”を紹介したい。くだらない事ばかりで、あまり参考にはならないと思うが、息抜き程度に読んでもらえれば幸いである。

あれやこれやの第一は、何といっても“運動不足になりがちになる”ということだ。普段は車通勤であるため、元々都会の通勤族に比べて歩数が少ないのに、家にいると尚更歩かない。以前からスマートホンの機能を使って一日の歩数をチェックしているのだが、下手をすると千歩に満たない日さえある。テレワークする前は、一日6千歩以上を目標としていて、少し頑張ればほぼ達成できていたのに。積極的に歩くようにしていたせいもあるが、会社では意外と歩いていることに気づいた次第である。結局、運動不足の対策として、朝と昼休みに20分ずつ自宅の周辺を散歩することと、水やお茶を飲みにわざわざ1階まで下りるということを実践した。その結果、何とか5千歩は歩くようになり、体重の増加も許容値内で済んでくれた。ヤレヤレである。

第二は、散歩することで、我家周辺の住環境に詳しくなったことだ。自分が住む団地の造成前の凡その地形や、近くの側溝を流れる豊かな水の水源、坂道が多く、雪の多い金沢では敬遠されがちな筈なのに意外と新しい家が多い事など、初めて気付いたことばかりだ。また、歩きながら鶯の声が聞えてくるなど、散歩にはもってこいの所に住んでいることも再確認できた。ただ、白髪の老人が一人で町内をウロウロしていると、徘徊老人と間違われる心配があった為、できるだけ自宅待機中の孫娘と一緒に散歩するようにしていた。この間、孫娘と色々な話をすることが何よりの楽しみであった。とにかく気持ちが若返る!

第三は、70過ぎのおっちゃんでも若い時と同じように髪は伸びる、を改めて気づかされたことである。2月の初めに散髪に行って以来、3密を避け続けた結果、約4ヶ月もの間伸びるに任せてしまった頭髪。特に4月に入ってからは、長髪だった学生時代に戻ったようで、気が気ではない。「このまま伸ばし続けて後ろで縛ろうか?」とか、「家にバリカンがある筈だから坊主になろうかな?」とか、「昔一度だけ散髪してもらったことがある家内にまたやってもらおうかな?」とか、あれやこれやの話は出るのだがどれも賛同は得られない。“すだれ”の様に垂れ下がってくる髪も気になるようになってきた。それを見る度に、家内は「何とかしたら」と言う。しかし、言うだけで自ら鋏を持つことは躊躇している。恐らく責任回避である。などのたわいもない話を続けていて、結局30日の土曜日、近くの理容店に行ってきた。ご主人曰く、みんな同じ様なものですよと言う。素直に納得した次第である。

第四は、家事を手伝う時間が増え、我が家における私の点数が少しだけ向上していることだ(確認はしていないが、“そうだ”と思いたい!)。朝のゴミ出し、食器洗いなど、僅かばかりの時間だが以前よりは確実に増えた。見方によっては、以前が少な過ぎた、また息子に比べれば少な過ぎる、という意見もあるかもしれないが、そこはあまり触れないでおこう。いずれにしても、通勤しなくて済む分、当然ながら朝晩の時間に余裕がある。加えて、ハンドルを持たなくて済む分、気分的にも楽だ。そうした余裕が、多分、点数稼ぎに繋がっているのだろう。ここはもう少し点数稼ぎをして、来たる父の日を…、ムフフ。

その他にも、坐骨神経痛が時々悪さをするようになった事や家内との会話が増えた事など、“あれやこれや”はまだまだある。総じて、これまで気が付かなかった事に気付かされたテレワークだったと言って良い。いずれこうした働き方も定着してくるものだとは思うが、5月31日の北陸中日新聞のサンデー版に気になるデータが載っていた。「主要国の在宅勤務率(%)」として、EU加盟28カ国(英国含む)の平均値+36ヶ国が掲載されていたのだが、オランダの35.7%を筆頭に高位には北欧が続き、日本は6.8%で27番目の低位に甘んじている。テレワークに向かない業種も少なくはないが、今回のコロナ禍で明らかになった日本のIT化の遅れはこんなところにも表れている。このままでは世界からどんどん置いてきぼりになってしまう、そんな思いも持った、テレワークあれやこれやであった。

そう言えば、忘れていたことが一つ。家の椅子に座り続けるとお尻が痛い!椅子は大事だ!


【文責:知取気亭主人】


散歩の途中で見つけたバラの花
散歩の途中で見つけたバラの花

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.