いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
知取気亭主人の四方山話
 

『手洗い』

 

2020年10月21日

皆さんは、次のような歌詞の歌を聞いたことがあるだろうか。

「♪おねがい、おねがい
  カメさん、カメさん
  あの さんかくの
  お山の上で…♪」

私は昨年まで聞いたことはなかったが、今年の春ごろから時々耳にするようになった。孫たちが手洗いの時に口ずさんでいるのだ。歌詞と手洗いの動作が対応していて、まんべんなく丁寧に手洗いができる様に作られた歌で、調べてみると、花王株式会社の商品「ビオレu」のコマーシャルソングで、「あわあわ手あらいのうた」というらしい。洗い残しを防ぐのに効果的だとして、感染症の専門家も薦めているらしく、小学校に通う孫たちも学校でこの歌を口ずさみながら手洗いをしているという。

手洗いを励行させる効果は、結構あると思う。歌い終わるまでに20秒以上は掛かりそうで、歌詞も可愛らしくて、小さな子供たちが丁寧な手洗いをするにはピッタリだ。そのお陰もあってか、休みの日の孫たちの様子を見ていると、外から帰った時には必ず手洗いしていて、親に言われての感はあるものの、この歌を歌いながら洗っている。有難いことに、洗い方は身に付きつつあるようだ。このまましっかりと身に付いてくれれば良いのだが、ただ本当に身に付いたかどうかを判断するには、中学・高校ぐらいまで様子を見ないと何とも言えない。何しろ、ともすると手洗いを飛ばし、次の遊びやおやつの誘惑に負けてしまうからだ。どうしても、長期戦の覚悟が必要である。

しかし、そんな長期戦の覚悟ができるのも、何時でも手洗いができる環境にあり、それがこれから先も未来永劫続いていく、と信じて疑わないからだ。今会社でも、外から帰ってきた時は勿論だが、トイレに行った時も、食事の前も、必ず洗剤で手洗いをしている。多い日には、1日10回前後は利用していると思う。そうしたことができるのは、何時でも衛生的で奇麗な水が不自由なく使えているからだ。洗剤もそうだ。コロナ以降、会社で使うようになったペーパータオルもそうである。どちらも、今のところ不自由なく使えている。日本で生活していると、こうした衛生環境は、ごく普通のことだと思ってしまう。ところが、世界を見渡すと、決して普通ではなく、世界の中でも日本は凄く恵まれた環境であることが分かる。冒頭に示した、あの歌を歌いながら手洗いしたくても、世界の学校の47%も“石けんのある手洗い設備”が無いというのだ。

今年の3月13日、ユニセフ(unicef:国連児童基金)は、「世界には、手を洗う設備を直ぐに利用できない人が何百万人もいて、基本的な手洗い設備が自宅にあるのは、5人のうち3人に限られている」(https://www.unicef.or.jp/news/2020/0047.html)との、驚くべき内容の報告を発表した。その報告の中で、石けんを使って正しく手洗いをすれば、新型コロナウイルスとの闘いに効果的であると分かってはいるが、世界の多くの地域では、自宅は勿論、学校や医療施設でさえ、基本的な手洗い設備を利用することができないのが現状だ、と強く訴えている。そう聞くと、世界的な感染拡大が一向に収まらないのも頷ける。ユニセフの報告書に書かれている、そうした悲惨な状況を箇条書きにしてみた。

〇石けんと水で手を洗う設備が自宅に無い人口:世界の人口の40%、30億人

〇自宅に基本的な手洗い設備が無い人:開発途上国の4分の3近くの人々

〇石けんと水で手を洗う設備がない学校:世界の学校の47%、9億人の子供たちに影響

〇子どもが手を洗う場所が全くない学校:世界の3分の1超、後発開発途上国では半分

〇患者が治療を受ける場所にまともなトイレや手洗い設備が無い医療施設:医療施設の16%、あるいは6分の1

如何だろう。世界を見渡すと、劣悪な衛生環境下で暮らしていかなければいけない人々が、こんなにも多い。世界中の学校の半数近くに我々が日常何気なく使っている“石けんで手洗いができる設備”が無いなんて、日本に住んでいると、にわかには信じ難い。ましてや、トイレや手洗い設備が無い医療施設など、想像できるだろうか。医療現場がこの有様では、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底させるどころの話ではない。この状況を打破できないと、新型コロナウイルスの終息宣言は、それこそ見果てぬ夢になってしまう。

しかし、どうやったらこの悲惨な状況を打破できるだろうか。私もほんの少しだけ協力しているプラン・インターナショナルの様な地道な活動も大切だが、もう一つとっておきのアイデアを思い付いた。前話(第899話)「貧困、飢餓、不平等」の後半の方で紹介した、「世界で支払われている労働所得の半分を得ている、世界の僅か10%の大富豪たち」に、得た所得の半分を寄付してもらうことだ。これなら、継続性も期待できるし、改善までの時間も随分短縮できる。大富豪の皆さん、お願いしますよ!

さて、いつものジョンズ・ホプキンス大学集計による感染状況を記載しておく。日本時間10月21日午前3時の時点で、世界の感染者数は4,060万人を、死者数は112万人を超えた(NHK NEWS WEB)。サハラ以南のアフリカや、中央および南アジアなどの都市部のスラムに暮らす人々の多くが、手洗い設備を利用できないという。必然的に感染リスクは高い。そんなことを考えると、本当のピークはまだまだ先なのかもしれない。

【文責:知取気亭主人】


会社に常備してある、手洗い用ソープとペーパータオル
会社に常備してある、手洗い用ソープとペーパータオル

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.