いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
亜細亜防災協会

落石衝撃力緩衝システム

パワーブロック(POWER BLOCK)

パワーブロック

パワーブロックとは

パワーブロックは、従来の緩衝材に比べ軽量な緩衝材を使用しており、スノーシェッドへの負担が少なく、現場での作業も容易です。実規模の鋼製スノーシェッド頂版を用いた実規模実証実験にて、 250kJの落石エネルギーに対する性能を確認しており、鋼製スノーシェッドの落石対策に最適です。

パワーブロック 特長

  • ●総重量がサンドクッション5p以下と非常に軽量

    総重量は80kg/m²以下。サンドクッションなど従来の緩衝材に比べ軽量であるため、スノーシェッド本体への負担はありません。

  • ●最大250kJの落石エネルギーに対応

    緩衝性能の高い発泡スチロールと剛性の高い鋼部材をバランスよく組み合わせることにより最大250kJの落石エネルギーに対応します。

  • ●実規模構造物を用いた実験により性能を確認

    実規模の鋼製スノーシェッド頂版を用いて落錘衝撃載荷実験を行い、鋼製スノーシェッドへの影響がないことを確認しました。

  • ●プレハブ部材により現場作業を省力化

    大型建設機械が不要。軽量なプレハブ部材で構成され、現場での作業が容易です。

実規模実証実験 TYPE-LL重錘捕捉状況

構造

梁部材と波型鋼板で構成された合成版と、発泡スチロールを繊維ネットで囲んだ発泡スチロールユニットで構成された軽量な緩衝材です。

パワーブロック工法の構造

性能照査

落錘衝撃載荷実験
国立大学法人金沢大学名誉教授 前川幸次先生 監修

実構造の鋼製スノーシェッド頂版上にパワーブロックを設置し、自由落下により重錘を衝突させる鉛直落下式実験により
衝撃力緩衝性能・分散性能を検証しました。
150kJ、250kJの落石エネルギーについて、鋼製スノーシェッドへの影響がないことを確認しました。

パワーブロック工法の性能照査

ページの先頭へ

お問合せ先

亜細亜防災協会

【日本事務局】株式会社 ライテク 内
〒939-2701 富山県富山市婦中町西本郷436番32
TEL(076)495-7674 FAX(076)495-7675
ホームページ https://asia-dpa.com/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.