いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら

トップ > 技術講習会 詳細







※いさぼうネット会員の方は、
いさぼうネットにログイン後、
お申し込み下さい。  
タイトル 地盤材料試験の精度・ばらつきに関する講習会
-技能試験の意義・実態と展望-
コース 地盤工学基礎/土質・基礎/調査・設計・施工
後援/共催 後援:公益社団法人土木学会/一般社団法人日本建築学会/公益社団法人日本材料学会/一般社団法人日本応用地質学会/ 独立行政法人産業技術総合研究所/公益財団法人日本適合性認定協会/ 一般社団法人全国地質調査業協会連合会
開催日時 平成26年3月7日(金) 13:00〜17:00
場所 地盤工学会 大会議室 (東京都文京区千石4‐38‐2)
G-CPDポイント 3.5
価格 【いさぼう会員特価】: 8,000円(税込)
【定価】: 9,000円(税込)
キーワード 地盤材料試験
ばらつき
技能試験
概要 本講習会では、地盤材料試験の精度・ばらつきに関連し、まず技能試験の意義・目的と評価方法について解説します。次に、試行的に行ってきた過去の技能試験や今年度の技能試験結果から地盤材料試験の精度・ばらつきの実態を明らかにします。また、技能試験と並行して実施したアンケート結果から、地盤材料試験の現状と課題を整理します。さらに、技能試験結果の利用方法と今後の展望を述べます。

詳細内容
試験の結果が信頼できるものであるか否かは、製品の品質保証、人の健康や安全の保全、環境対策、産業活動にとって極めて重要な問題です。このため、世界の多くの国々では、試験所が満たすべき基準ISO/IEC17025(日本ではJIS Q17025)に基づき、試験を行う機関が適切な試験結果を提供する能力を持っているかどうかを認定するしくみ、すなわち「試験所認定制度」が普及しています。この基準において求められる技術的条件は、個々の試験所の試験結果の精度(「不確かさ」と言われる)の表示と「技能試験」への参加実績です。 地盤材料試験結果の品質保証は、試験所認定制度に関わらず、試験を実施している試験機関(試験所・研究所・大学・高専等)において必要なものです。「技能試験」は自己の試験結果の妥当性を確認するもので、地盤工学会では研究委員会や準備委員会において3年前から試行し、今年度からは定例的な行事として実施しています。

本講習会では、地盤材料試験の精度・ばらつきに関連し、まず技能試験の意義・目的と評価方法について解説します。次に、試行的に行ってきた過去の技能試験や今年度の技能試験結果から地盤材料試験の精度・ばらつきの実態を明らかにします。また、技能試験と並行して実施したアンケート結果から、地盤材料試験の現状と課題を整理します。さらに、技能試験結果の利用方法と今後の展望を述べます。

テキスト:講師が使用するスライドのコピーを配布します。

▼講演内容
時間 内容 講師
所属
13:00〜14:10 技能試験の意義・目的と評価方法 澤 孝平
協同組合 関西地盤環境研究センター
14:10〜15:00 地盤材料試験の精度・ばらつきの実態 中山 義久
協同組合 関西地盤環境研究センター
15:20〜16:10 アンケート結果にみられる地盤材料試験の現状と課題 稲積 真哉
明石工業高等専門学校
16:10〜17:00 技能試験結果の利用方法と展望 日置 和昭
大阪工業大学

トップに戻る

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.