いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
フリー工業株式会社

TOP特徴施工手順仕様(規格)・設計施工実績大型田(DEN)パネル

〜切土補強土(ロックボルト)用鋼製受圧板〜
 

NETIS掲載終了(KT-070060-V)

田パネル

DENパネルとは
DENパネルロックボルト受圧板は、切土補強土工法(ロックボルト等)と併用されるのり面工として適用される緑化型鋼製受圧板です。
かんじき(足が雪にもぐらないように靴の下につけて履く木の枝等で作った輪)の効果により、一般的に低荷重であるボルトの受圧板(のり面)です。
 
 『DENパネル』は、信頼性の高い「鋼材」を使用しています。  近年、リサイクルプラスチック製や繊維強化プラスチック製の受圧板が使用されていますが、マテリアルリサイクルや有機資材(バイオマス樹脂)と『鉄』には大きな違いがあります。 「鋼製」は、紫外線に強く、化学的劣化を引き起こすことがなく、日本の優れた製造技術(金属加工技術、鈑金技術)により「強度低下」することがありません。

 

DENパネルの特徴
1. 植生(緑化)に優れています  



 
  井桁構造であることから、植生基材吹付工等との適用性に優れています。植物の生育、特に根系の成長を阻害することがありません。
 
2. 鋼製であるため、品質に優れています
  材料は、SS400材(JIS G 3101)を使用して防錆に優れた樹脂製防錆(ポリエチレン加工した防錆)を使用しています。

リサイクルプラスチックは、
 多種のプラスチックが混合した廃棄物の場合、 相溶性の悪い混合廃プラスチックから得られる再生樹脂は強度などに問題があります。

金属との違い(リサイクルプラスチック)

  1. 熱、紫外線により劣化する。
  2. 修復できない。
  3. 異種材質のプラスチックは完全には解け合わない。 → 強度等が著しく劣る。
  4. 異種材質混合プラスチックは、分離あるいは異物の完全除去は現実的に不可能。 同じ材質でも物理的性質に幅があり、混じると性質は劣化する。

繊維強化プラスチック(FRP)の使用環境中で劣化する原因としては、

  1. 機械的損傷 過大な応力や繰り返し応力が負荷された場合、亀裂や破壊が生ずる。
  2. 化学的劣化 内部環境から液やガスが浸透し、樹脂や繊維の劣化および溶解してFRPの強度低下を引き起こす。 溶解は、有機溶媒等でFRPの樹脂自体が表面から溶解し減肉する現象で、強化繊維の露出や樹脂からの剥離に至ることがあり、結果として強度低下する。
  3. 外部環境からの劣化 紫外線により樹脂が劣化し、雨水等の作用もあり外面から減肉につながる。強化繊維が露出に至る。
  4. 製造時の欠陥 層間や表面の不溶着や割れ等により、機械的な損傷の原因になり、腐食環境で局部的な腐食の起点となり顕在化する。

 鋼製の受圧板である『田(DEN)パネル』は、耐久性や信頼性が高く、「強度低下」することはありません。
 

3. 強度が高く、追従性に富んでいます
  M型の鋼製十字枠(DP−R1000)により、荷重を支持します。井桁構造部は、鋼製であるため追従性がよく、従来工法で発生した割れ等の現象は起こりません。
 
4. 軽量で施工性に優れています
  1基当たり、25kgで人により運搬設置が可能です。
 
5. 薄型構造であるため、枠材が目立ちません
  高さが従来の受圧板に比較して低い(薄型である)ため、植生基材吹付工等との併用により、枠材がほとんど露出しません。
客土吹付工や種子吹付工を併用した場合も、植物の生育により枠材がほとんど隠れてしまいます。
 
6. 環境に優しい
  鋼材を使用しているため、リサイクルも可能です。
※何らかの事情による撤去時のリサイクル
 
施工手順
DENパネル 施工手順

ロックボルト打設
ロックボルト打設

田パネル設置
田パネル設置

ロックボルト定着
ロックボルト緊張

ロックボルト打設
田パネル施工完了

田パネル設置
工事完了

ロックボルト定着
施工後3ヶ月状況

仕様(規格)・設計
仕様(規格)

(1)寸法

寸法

(2)重量:25kg

(3)強度:130kN( 許容荷重)

設計

(1)載荷試験結果
変位量から断面性能を推定すると等分布荷重が作用する。

(2)考察
最大試験荷重より、設計荷重(許容荷重)は理論的(プレロードを引くと概ね同様な値となることから)にも検証されます。
 設計荷重:Td=Tmax/1.5=130kN
 受圧面積(土砂部):A=1.00u/枚

※ミドルタイプ、クォータータイプもあります。

施工実績


田パネル設置

田パネル+客土吹きつけ工


田パネル完成 (ロックボルト+田パネル+客土吹きつけ工)


植生工施工後2ヶ月

緑化をしない事例もあります。 

 【既設ブロック積補強例】


発注者 : 静岡市役所
工事名 : 大平山霊園保全工事
施工年月 : H23年10月
型式数量 : DP-650×90枚
施工場所 : 静岡市清水区横砂東町


発注者 : 浄土宗 隆崇院
工事名 : 隆崇院擁壁補強工事
施工年月 : H22年 3月
型式数量 : DP-650×220枚
施工場所 : 品川区上大崎1-9-24

 【主な実績】

工事名 発注者 施工場所
立野ダム左岸工事用道路工事 国土交通省 九州地方整備局
立野ダム工事事務所
熊本県
菊池郡大津町
H21年度23号蒲郡BP柏原道路建設工事 国土交通省 中部地方整備局 愛知県
蒲郡市柏原
室蘭港崎守地区臨港道路法面改良工事 北海道開発局 室蘭開発建設部 北海道
室蘭市崎守町
第二東名高速道路 鳳来工事 中日本高速道路 愛知県
新城市乗本
県単急傾斜地崩壊対策事業
鷹尾1丁目地区工事
都城市役所 宮崎県
都城市鷹尾
元村恵山線特改1種工事(地域関連)外 函館市役所 建設管理部 北海道
函館市
網野岩滝線 地域自立・活性化交付金(道路分)工事 丹後土木事務所 京都府
京丹後市弥栄町
笙の川橋工事A-2 中日本高速道路 福井県
敦賀市堂
平成23年度 国補ダム建設(治水ダム)工事 長野県飯田建設事務所 長野県
飯田市上飯田
平見急傾斜地崩壊対策工事(明許) 山梨県 峡南建設事務所 山梨県
南巨摩郡南部町
広島西部山系戸坂1号砂防堰堤工事 国土交通省 中国地方整備局
太田川河川事務所
広島県
広島市東区
平成23年度鰒取沢砂防付替道路工事 宮城県東部土木事務所 宮城県
石巻市

 

フリー工業 潟gップページ

ページの先頭へ

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.