いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
亜細亜防災協会

高エネルギー吸収型ポケット式落石防護網

ビーズリンガーネット工法(BRN工法)

国土交通省 NETIS登録 No.QS-090008-VE

令和2年3月NETIS掲載終了

ビーズリンガーネット工法

ビーズリンガーネット工法とは

ビーズリンガーネット工法は、実規模実証実験にて性能が確認された、優れた緩衝性能を有する高エネルギー 吸収型のポケット式落石防護網であり、急斜面の待受け式落石対策に最適です。

ビーズリンガーネット工法 特長

  • ●2100kJの落石エネルギーに対応

    滑車構造で連続した吊ロープ、ビーズリング、KT装置のトリプル緩衝機構により、2100kJの落石エネルギーに対応できます。

  • ●アンカーへの負担が軽減

    吊ロープの滑車構造による荷重の分散と緩衝機構により、アンカーや地盤、ワイヤロープへの負担が軽減できます。

  • ●落石対策便覧の実験による性能検証法に準拠

    国立大学法人金沢大学との共同研究により開発された工法であり、『落石対策便覧』の「実験による性能検証法」に準拠した実規模実証実験にて、性能確認を行っています。

  • ●コスト縮減と迅速なメンテナンス

    従来工法に比べ、落石対策工のコスト縮減に貢献できます。また、主要部材は一般汎用品を使用しており、迅速なメンテナンスが可能となります。

  • ●積雪地域にも対応可能

    積雪条件に合った構造・部材を選定することができます。実構造物において冬期間の積雪に対する安全性を確認しています。

実規模実証実験状況(BRN-2100) 実規模実証実験状況(BRN-2100)

実規模実証実験状況(BRN-2100)

動画集

ビーズリンガーネット工法 実規模実証実験国立大学法人金沢大学名誉教授 前川幸次先生 監修

BRN-250,400,700,1000,1300,2100(落石)

構造

ビーズリンガーネット工法は緩衝装置を備えた高エネルギー吸収型ポケット式落石防護網です。
滑車構造により落石エネルギーを広範囲に分散させ、効率的に落石を受け止めます。

ビーズリンガーネット工法の構造
この構造図は、BRN-1300を示しています。
【緩衝装置】
ビーズリングの説明とKT装置の説明

施工事例

BRN-400 施工事例 BRN-400

大分県国東市安岐町山浦

BRN-700 施工事例 BRN-700

長野県飯田市南信濃和田

BRN-1000(積雪対応型) 施工事例 BRN-1000(積雪対応型)

北海道石狩市幌

BRN-1300(着色仕様) 施工事例 BRN-1300(着色仕様)

東京都西多摩郡奥多摩氷川


ページの先頭へ

お問合せ先

亜細亜防災協会

【日本事務局】株式会社 ライテク 内
〒939-2701 富山県富山市婦中町西本郷436番32
TEL(076)495-7674 FAX(076)495-7675
ホームページ https://asia-dpa.com/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.