いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
亜細亜防災協会

落石・崩壊土砂防護大型土のう擁壁

パワーモンスター(POWER MONSTER)

国土交通省NETIS登録No.CB-190020-VR

パワーモンスター

パワーモンスターとは

パワーモンスターは、大型土のうを多段に積み上げ、繊維ネット・繊維ロープを用いて一体化した工法です。 実規模実証実験にて、落石・崩壊土砂への防護性能を確認しており、施工も容易であるため、応急対策等の 災害対策工に最適です。

パワーモンスター 特長

  • ●最大2400kJの落石エネルギーに対応

    大型土のう間に緩衝効果に優れる発泡スチロールブロックを配置することで、最大2400kJまでの落石エネルギーに対応
    できます。

  • ●崩壊土砂にも対応可能

    実斜面から土砂を流下させた「土砂流下式実験」により、崩壊土砂に対する防護性能を確認しました。

  • ●エネルギーの分散、吸収効果の向上

    構造体の一体化を図るため、柔軟性に優れる繊維ネット・繊維ロープで全体を包括し、構造全体でエネルギーを分散させて吸収します。

  • ●簡単施工による、スピーディーな施工

    災害応急復旧対策等で実績の多い大型土のうを主要部材としており、多段に積み上げる簡単な構造であるため、施工性に優れます。

  • ●長期仮設に対応

    主要部材は耐侯性能を確認している繊維ネットと耐候性の大型土のうを用いています。また、新たに開発した大型土のうを用いることで、最大20年程度まで対応可能です。

  • ●メンテナンスが容易

    落石衝突後のメンテナンスは、繊維ネットの切断が容易であり、部分的な大型土のうの交換や補修が可能です。

パワーモンスター 斜面転落式実験状況 斜面転落式実験状況

パワーモンスター 土砂流下式実験状況 土砂流下式実験状況

動画集

パワーモンスター 実規模実証実験国立大学法人金沢大学名誉教授 前川幸次先生 監修

TYPE-M,L(落石)

TYPE-M,L (土砂)

構造

パワーモンスターは、大型土のうと繊維ロープ、繊維ネットを組み合わせたシンプルかつ一体的な構造です。
TYPE-Lは発泡スチロールブロックを使用することで最大2400kJまでの落石エネルギーに対応可能です。

パワーモンスター TYPE-M、TTPE-Lの構造図

施工事例

TYPE-M パワーモンスターTYPE-Mの施工事例

北海道石狩市浜益区床丹地内

TYPE-M パワーモンスターTYPE-Mの施工事例

秋田県能代市二ツ井町切石

TYPE-M(捕捉事例) パワーモンスターTYPE-M(捕捉事例)の施工事例

長野県北安曇郡白馬村神城地内


ページの先頭へ

お問合せ先

亜細亜防災協会

【日本事務局】株式会社 ライテク 内
〒939-2701 富山県富山市婦中町西本郷436番32
TEL(076)495-7674 FAX(076)495-7675
ホームページ https://asia-dpa.com/

  

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.