いさぼうネット
賛助会員一覧
こんにちはゲストさん

登録情報変更(パスワード再発行)

  • rss配信いさぼうネット更新情報はこちら
土木工法カタログ TOP いさぼうネット HOME
   
おすすめ工法一覧 2020

戻る

『グレーチングカーゴ』(株式会社ダイクレ)

ダイクレの 圧接製法のグレーチング ノウハウを活かした、グレーチング製のかご枠です。 圧接製法でつくられた『グレーチングカーゴ』は、一般的な金網タイプより形状の保持力が高く、剛性に優れます。 旧来の「じゃかご」「ふとんかご」「かごわく」より、強度・耐久性に優れるのが特長です。

『PAN WALL工法』 (PAN WALL工法協会)

地山補強土『PAN WALL(パンウォール)工法』は、のり面対策や既設構造物の補強対策、災害復旧対策などの工法選定で、防災・減災・国土強靭化対策に貢献し、高速道路や自動車専用道路の拡幅、掘込河道等の護岸の新設や補強でも威力を発揮しています。

 

『強靭防護網 (ロープタイプ・ネットタイプ)』
(株式会社シビル・シビル安全心株式会社)

強靭防護網は、共同研究報告書に記載されている「実験による性能照査手法」の条件を基に開発が進められ、2016年8月より実験施設において数十回以上の性能照査実験を経て生み出された、高エネルギー吸収型落石防護網です。
 

『D&S円形受圧板』 (D&Sアンカー工法研究会)

「D&S円形受圧板」は、形状が円形で独自の配筋方法により薄型化を実現させたプレキャストコンクリート製(SRC構造)受圧板で、設置後も威圧感を感じさせず、また円形形状であるため受圧板中央部から地山全体に均等にアンカー力が伝達されます。

『PC-ATM』(PC-ATM研究会)

「PC-ATM」は、トンネル横断方向で2分割された、円弧状のプレキャストコンクリート製品を現場で組み立て、アーチカルバートを構築する工法です。
 

『EPM』(株式会社トーエス)

「EPM」は、侵食防止マットと金網、アンカー(バネ、支圧プレート付)を組合せた、地山の侵食を防止する工法です。 表層1.0m程度までの地山の侵食を防止できます。

 

『岩接着DKボンド工法』 (第二建設株式会社)

落石の発生源となる浮石や転石を接着材を用いて基岩に定着させる工法が「岩接着DKボンド工法」です。 景観をそのまま残したい場合はもちろん、高エネルギー吸収型の落石防護工でも対応できない巨岩や高所岩の場合にも適用できます。

『ベルキャップF』 (岡部株式会社)

「ベルキャップF」は、低床型のロックボルト頭部防錆システムです。 ロックボルト頭部余長を抑えることができるため、のり面工表面をフラット に仕上げることが可能です。

『メガロックキーパー』 (日本サミコン株式会社)

「メガロックキーパー」は、従来のメガロックキーパーを改良した製品です。実験では、直径約2m(10t)の重錘を32mから落下(3,600kJ)させ、5回まで耐えることを確認しました。(国立大学法人金沢大学共同研究)

『クロノパネル』(日本基礎技術株式会社)

 「クロノパネル」は、ロックボルト工法(地山補強土工法)の独立受圧板です。斜面への運搬や取付が人力のみで容易に行うことができます。また、資源の有効活用として、再生プラスチックで作られています。

『新FFU受圧板(コンクリート複合タイプ)』
(積水化学工業株式会社)

施工性・経済性に優れ、FFUのリサイクル原料を使い、環境にも配慮した受圧板「RF受圧板」。サイズは、1500・1300・1200・1100の5種類を品揃えしています。

『GTフレーム工法』
(補強土植生のり枠工協会)

国土交通省NETISの『平成30年度 推奨技術』に選定された「GTフレーム工法」は、 災害復旧や急傾斜地対策などの現場で活用が進んでいます。

『フィットフレーム工法 スクエアタイプ(Sタイプ)』
(フィットフレーム協会)

「フィットフレーム工法」は、鋼製有孔型枠に構造鉄筋等を組み込み、フィットシートにより地山の凹凸に対応したグラウンドアンカー用の現場打コンクリート受圧板です。 従来タイプの『クロスタイプ(Nタイプ)』と『セミスクエアタイプ(WEBタイプ)』に加えて、『スクエアタイプ(Sタイプ)』を規格化しました。

『斜面対策研究協会』

落石発生源/表層崩壊対策の工法を保有する斜面対策研究協会が、いさぼうネットにて情報を公開しました。 ■「ワイヤーネット被覆工法」(旧NETIS:CG-110030-A,工法特許第4615203号)、 ■「クラッシュネット工法」(工法特許第4615203号)、 ■「圧入マット式根固工法」(工法特許第5800765号)、 ■「アンカーネット工法」(工法特許第5283014号)について、各工法それぞれの考え方や、解説付きの施工例にてわかりやすく紹介しています。

『IXIフェンス(イクシーフェンス)』
(ハイパワーフェンス協会)

「IXIフェンス(イクシーフェンス)」は、高耐力・高靭性のモルタル充填鋼管柱と高強度金網を組み合わせた新しい落石防護柵です。

『PCフレーム工法』 (PCフレーム協会)

「PCフレーム工法」は、高品質のプレキャスト・プレストレストコンクリート板(PCフレーム)を受圧板として使用し、アンカー力を確実に地山に伝える、極めて安全性の高い「のり面受圧板工法」です。

『フラットキャップ用反射シート』
『安全喚起リストテープ』 (株式会社ケイエフ)

『フラットキャップ用反射シート』: 住宅街の狭い路地で、頭部に『フラットキャップ』を採用し、安全性が向上しています。さらに景観や安全性をさらに高めています。
『安全喚起リストテープ』:作業服の両袖口に毎日貼り付けて下さい。
過去の「おすすめ工法一覧」
20202019201820172016201520142013201220112010200920082007
土木工法・技術のメルマガ「いさぼうニュース」好評配信中(無料)!
  「おすすめ工法」の情報は、「いさぼうニュース」でお届けしています。
  お申し込み・バックナンバーはこちら
   
情報掲載のお問い合わせは
「おすすめ工法」に 情報を掲載されたい方はこちらまでご連絡ください
お問い合わせメールはこちら sales@isabou.net

いさぼうネットTOP

このページの先頭へ

Copyright(C) 2002- ISABOU.NET All rights reserved.